北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 13日

ヤマコウラナメクジ

下北半島には沢山いる。
e0039759_20374967.jpg

落ち葉の下でこのまま冬ごもりだろう。
e0039759_2038467.jpg

これは外来種というのは本当だろうか。
人がこれほど広範囲に、こんな山の中まで分布を広げるような移入をしただろうか。
かなり疑問だ。

# by snowmelt | 2005-11-13 20:40 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 11月 13日

マムシグサ 熟す

マムシグサはこんな色になる。
e0039759_20313270.jpg

以前のもの(2005.9.19)がこんなになります。
途中の色の変化もいいものですよ。

# by snowmelt | 2005-11-13 20:35 | 植物 | Comments(0)
2005年 11月 12日

ホオノキの実

林床に木の実が落ちている。
e0039759_2319336.jpg

これはホオ(朴の木)の実だ。
シナノキの実が飛ぶのを見たいものだ。グライダーかジェット機のように飛ぶはずという。
ホオノキの実は、ただ ぼたっと落ちている。
誰が食べるのだろうか。

# by snowmelt | 2005-11-12 23:27 | 植物 | Comments(0)
2005年 11月 12日

トワダカワゲラ Scopura longa 繁殖 恐山

トワダカワゲラは下北半島では初雪が降ってからが繁殖だ。
e0039759_2305083.jpg

以前にアップしたのと違い、ここのオスたちは
近いところにいても追い払い行動をしていないのが結構いた。
沢の規模はかなり小さい。
e0039759_2355994.jpg

e0039759_2353137.jpg

やっとメスが登場してきた。
e0039759_2364681.jpg

つがいとなっていたのは一組だけだった。
e0039759_2391260.jpg

このあとどのように卵を産むのか気にはなったが、
成虫になるまでの4年ぐらい何を食うものか、
飼育するのは大変なのでそのままにしておいた。

# by snowmelt | 2005-11-12 23:14 | トワダカワゲラ | Comments(0)
2005年 11月 09日

ニホンケシガイ 陸産貝類

とうとう霙が降った。青森県、下北半島の釜臥山(かまふせやま)もあっというまに白くなった。
雪が降ったって山には行くが、やや出足がにぶりがちにはなる。
でも、トワダカワゲラの繁殖はこれからだし、ニッポンユキガガンボが歩き出すのもこれからだし、いろいろ見たいもの、撮りたいものはやまほどある。

今年は暖冬、降雪量は平年並みという長期予報だ。
昨冬は雪が多くて、
おかげさまで見たことがない大きな雪解けプールができたところがあって、
何と何とタマカイエビとヤマトウスヒメカイエビと思われるカイエビたちの大発生だった。
嬉しかったねー。
来春はどーか。
生活には雪が少ない方がいいと大抵の人はいうが、
私は雪があったほうがいー、冬に雪がないと北国じゃないーと思って密かに雪乞いをしている。私のブログの名前は「北のフィールドノート snowmelt 」は雪解けプールに出現する生き物たち、キタホウネンエビとか、ヤマトウスヒメカイエビとかタマカイエビをいたく気に入っているからつけた名前なのです。
追記
comentをいただいたのでここから訂正いたします。題名を変えました。
次の写真はニホンケシガイです。
e0039759_0304363.jpg

e0039759_031559.jpg

e0039759_0313696.jpg

e0039759_0315973.jpg

e0039759_0323227.jpg

e0039759_0331562.jpg


# by snowmelt | 2005-11-09 21:59 | 陸産淡水産貝類 | Comments(3)
2005年 11月 08日

モジゴケ科の一種 地衣類

ブナの幹にいろいろな地衣類がついている。
これは、モジゴケの仲間だろう。
e0039759_2321798.jpg

ボンジゴケ(梵字ゴケ)とも思えそうだが。
e0039759_23213659.jpg

もちろん、梵字は解りもしないし読めないし、雰囲気だけのこと。
e0039759_23255592.jpg

一文字くらい、コレッてのがないか。

# by snowmelt | 2005-11-08 23:26 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 07日

パツラマイマイ と コウガイビルの一種

青森県ではごく普通種である。
町なかでもコンクリートのあるところなどにも結構見られる。
e0039759_1946538.jpg

しかし、山の中の、腐りかけた、湿った枯れ木についているのが自然だ。
e0039759_19464654.jpg

私の居家は山の中ではない。
都会じゃないが、どちらかといえば町なかだろうとは思っているが、
雨の日など、ナメクジは出るし、玄関のところにはウスカワマイマイは出るし、
このパツラマイマイも結構出現してくれる。
e0039759_195759.jpg

この前、これらをエサにしていると考えられる
コウガイビルの手頃な大きさのものをゲットーー。
e0039759_20313255.jpg

名前だけ、見た目だけで  ヒルー気持ち悪いー
と単に誤解する人が多いので困ってしまうが、
彼らは陸のプラナリアとよばれる渦虫目の仲間です。
e0039759_20315153.jpg

こうがいとは江戸時代に髪を結った後にさしたり、巻き付けたりした装飾品で、この頭の形をしっぽの方にも対称につけて伸ばしたものがこうがいと思えばいいでしょう。
頭としっぽと書いたけれど本当はこの生き物は全体が顔かな。
裏の真ん中あたりから細長いチューブ状の口が出てきて、それを陸産貝類の殻口につっこんで食しています。だから、全体は顔???

追伸
アップしたばかりなのに、訂正です。
私の住んでいるところは、町なかですが山です。
つい、さっき(夜9時半)家の脇をカモシカがのっそり歩いていました。
アスファルト道路を歩くカモシカはなんとも不似合いですが、本市では普通のことてした。
失礼失礼、山の中です。

# by snowmelt | 2005-11-07 20:37 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 11月 06日

ナメコ

ナメコが目に入った。これくらいは採っていこう。
いい照り具合だ。
e0039759_21581041.jpg

e0039759_21584454.jpg

別なところでは、高い位置にあったので写真だけ。
e0039759_21595575.jpg

e0039759_2201769.jpg

明後日あたり初雪がふるかも。

# by snowmelt | 2005-11-06 22:01 | 菌類 | Comments(0)
2005年 11月 06日

エゾコギセル

エゾコギセル 下北半島産(2005.11.06) 陸産貝類
e0039759_2152532.jpg
 
エゾコギセルは青森県では八甲田山、白神山地の近くまでは確認している。
e0039759_21542971.jpg

そろそろ冬ごもりだ。

# by snowmelt | 2005-11-06 21:54 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 11月 06日

フユシャクのなかま ヒメクロオビフユナミシャクでした。

冬が近いと外敵が少なくなるという理由?で晩秋や冬に出現する虫たちがいる。
e0039759_16465268.jpg

羽が短く飛ぶことはないのだろう。
e0039759_16475512.jpg

そういえば昨日(2005.11.05)むつ市内でコウモリが飛んでいた。
いろんな生き物がまだまだ活動中。
腹が大きいのでメスだろう。オスはどんな姿か。
e0039759_16482358.jpg


ブナ林では、
幹に近付くと保護色的な蛾達がひらひらと舞い上がっては
またピタッとへばりつくのがいる。今日はそれほどではなかったが、
少し誇張すると紙吹雪のようなときもあるんよ。
e0039759_1656559.jpg

e0039759_16562741.jpg

なかなか写真には撮れないけど。

# by snowmelt | 2005-11-06 16:59 | 昆虫 | Comments(0)
2005年 11月 05日

山道

こんな道を歩くのはいいのだが、
ほとんどは道から離れたところばかりほっつき回っている。
e0039759_22522020.jpg

あまり動き回らなくても良い
はいつくばったり、のたばったり、
落ち葉を一枚一枚とりあげて見たり。
これも、かなりおもしろい世界ですよ。

# by snowmelt | 2005-11-05 23:06 | 風景 | Comments(0)
2005年 11月 04日

チズゴケの一種 地衣類 縫道石山

地衣類もうひとつ。チズゴケ(地図の境界線のような模様)の一種でしょう。
e0039759_2256350.jpg

e0039759_22563961.jpg

よくこんなところで生きていけるものだと感心するよ。
e0039759_22595724.jpg


# by snowmelt | 2005-11-04 22:59 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 03日

オオウラヒダイワタケ 地衣類 縫道石山

e0039759_22503860.jpg

11月だというのに周りは紅葉です。下北ではなんと遅れた紅葉だこと。
以前には、11月3日に雪が降ったこともあったのに。
e0039759_22441315.jpg

頂上です。
e0039759_22464938.jpg

e0039759_22474210.jpg

岩にへばりついている、地衣類たち。
そのうちの、オオウラヒダイワタケです。
e0039759_2249386.jpg

地衣類はいろいろあって、撮したが今日はこれくらいで。

# by snowmelt | 2005-11-03 22:54 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 01日

ピルスブリムシオイ・ピルスブリムシオイガイ

下北半島ではなかなか見つけられない。
e0039759_2392634.jpg

殻をよく見ると虫様管というのを背負っているのでムシオイガイという。
e0039759_23105824.jpg

追記、2012.11.9 今までハリマムシオイにしていましたが標本を矢野先生にみていただき
ピルスブリムシオイガイと同定していただきましたので改題しました。

# by snowmelt | 2005-11-01 23:12 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
2005年 11月 01日

イクビゴケ 胞子をとばす

山道の崖にイクビゴケ(猪首苔)があった。ちょっと触ったら胞子を噴出した。
e0039759_2343935.jpg


# by snowmelt | 2005-11-01 23:05 | コケ類 | Comments(0)
2005年 10月 30日

トワダカワゲラ Scopura longa

成虫でも翅がない。オスは岸に上がってメスが水から上がってくるのを待つらしい。
なわばり的な空間をおちつきなく動きまわる。
別なオスがくると追い払い、あるいは追い払われ行動がみられる。
e0039759_15345325.jpg

e0039759_15351621.jpg

オスは岸に点々と待っている。
e0039759_15353430.jpg

e0039759_15354972.jpg

まだ、メスは来ないようだ。

# by snowmelt | 2005-10-30 15:37 | トワダカワゲラ | Comments(0)
2005年 10月 29日

2005年8月から10月までの索引

 北のフィールドノート 索引①  2005年8月9月10月分   

プロフィール 
挨拶 青森県下北半島にある山です [2005-08-01 ]

ほ乳類・鳥類・魚類・両生類
羽のはえたネズミ 下北半島東通村にて [2005-10-13 ]
渡りの途中の事故 [2005-10-13 ]
ウグイ(産卵のための遡上) [2005-08-15 ]
タゴガエル  [2005-08-09 ]
寒立馬(かんだちめ) [2005-08-05 ]
ホント人間って、かってなんだから(カルガモ) [2005-08-05 ]
ハッシーあらわる [2005-08-04 ]
モリアオガエル 瞳は語るか [2005-08-07 ]

陸淡水産貝類
シモキタシブキツボ [2005-10-29 ]
ミジンヤマタニシ [2005-10-29 ]
ケシガイ [2005-10-29 ]
ビロウドマイマイの一種 [2005-10-27 ]
コハクモドキ [2005-10-18]
ナンブヒダリマキマイマイ ナンブマイマイ [2005-10-01 ]
エゾマイマイ [2005-09-14 ]
カワシンジュガイ [2005-09-12 ]
ヒダリマキゴマガイ [2005-09-07 ]
クリイロベッコウ クリイロベッコウガイ [2005-09-05 ]
ヤマトキバサナギガイ [2005-09-02 ]
ナガナタネ  ナガナタネガイ [2005-09-02 ]
オカモノアラガイ [2005-08-28 ]
ナガオカモノアラガイ [2005-08-28 ]
ミチノクマイマイ サッポロマイマイ [2005-08-27 ]
マメシジミ [2005-08-26 ]
コシダカヒメモノアラガイ [2005-08-26 ]
ミズシタダミ [2005-08-23 ]
エゾマメタニシ [2005-08-22 ]
ニホンミズシタダミ [2005-08-22 ]
カワネジガイ [2005-08-17 ]
コモチカワツボ [2005-08-14 ]
ミズコハクガイ   [2005-08-13 ]
ヒダリマキモノアラガイ [2005-08-06 ]

蘚苔(コケ)、地衣、粘菌類、菌(キノコ)類、植物
チャツボミゴケ [2005-10-27]
ハナハチノスケホコリのような一種 [2005-10-22 ]
クダホクリの一種 [2005-10-22 ]
イオウゴケ [2005-10-17 ]
ダイモンジソウ [2005-10-07 ]
マムシグサ [2005-09-19 ]
ウマスギゴケ [2005-09-03 ]
変形菌 [2005-09-01 ]
イヌセンボンタケ [2005-10-23 ]
ナラタケ [2005-10-07 ]
ブナ [2005-08-31 ]
オオハンゴンソウ [2005-08-20 ]
スイレン [2005-08-16 ]
ウカミカマゴケ 宇曽利湖の中 [2005-08-12 ]
コウホネ [2005-08-07 ]
ヒツジグサ 四角い花? [2005-08-04 ]
ニリンソウ 春先に咲く花です [2005-08-01 ]

節足動物
トワダカワゲラ [2005-10-30 ]
イシノミの一種 [2005-10-25 ]
マルトビ、アリ、弱肉強食 [2005-10-23 ]
イソコモリグモ [2005-10-22 ]
カニムシの一種 [2005-10-22 ]
トビムシ 再 [2005-10-20]
トビムシの一種 [2005-10-19 ]
マルトビムシの一種 [2005-10-16]
ミジンコのこと [2005-10-15 ]
空を飛ぶクモ [2005-10-14 ]
コケオニグモ [2005-10-07 ]
オオコンボウヤセバチ [2005-10-06 ]
ダイズコンリュウバエ [2005-10-06 ]
トワダオオカ 吸蜜現場 [2005-10-04]
ヒメフンバエ [2005-10-01 ]
ニホンザリガニ [2005-09-06 ]
ホソヒラタアブ [2005-09-25 ]
ニトベハラボソツリアブⅢ [2005-09-24 ]
ハネナガウンカの一種 [2005-09-24 ]
マメヒラタアブ [2005-09-24 ]
ニトベハラボソツリアブⅡ [2005-09-21 ]
ニトベハラボソツリアブ [2005-09-21 ]
シリアゲムシ [2005-09-15 ]
これは オナガアゲハ か [2005-09-13 ]
トワダオオカ [2005-09-11 ]
ルリイトトンボの羽化 [2005-09-08 ]
ジガバチ [2005-09-05 ]
コキマダラセセリ 花と蝶 [2005-08-30 ]
コチャバネセセリ 糞と蝶 [2005-08-30 ]
ベッコウバチ 子供の食料は [2005-08-24 ]
ヒメベッコウ [2005-08-22 ]
ベッコウバチ? [2005-08-21 ]
キタガミトビケラの羽化 [2005-08-19 ]
キタガミトビケラ [2005-08-19 ]
ルリイトトンボ 眠りにつく [2005-08-10 ]
マエジロアシナガヤセバエのケンカ [2005-08-04 ]
オニヤンマ,名前の由来はホントか [2005-08-03 ]
ハグロトンボ [2005-08-03 ]

風景
縫道石山(ぬいどういしやま) 再 [2005-10-25 ]
ナナカマド [2005-10-16 ]
秋の空になるか [2005-10-10 ]
明日は晴れの兆 [2005-10-08 ]
ソバ畑 [2005-08-30 ]
風紋 [2005-08-30 ]
北海道大沼 [2005-08-03 ]
風 [2005-08-19 ]
月光の宇曽利湖 [2005-08-12 ]
左京沼です。 [2005-08-01 ]
青森県下北半島にある山です [2005-08-01 ]

# by snowmelt | 2005-10-29 16:49 | Comments(0)
2005年 10月 29日

シモキタシブキツボ

富山県あたりから秋田県まで、日本海側にニクイロシブキツボがいる。淡水生の貝です。半陸半水生です。
シブキツボとしては北の端にいて、
どちらかというと太平洋側の下北半島にいるシブキツボがシモキタシブキツボだ。
e0039759_10553863.jpg

しぶきのかかる石、岩、植物、落葉などの上や、水の中にいる。
e0039759_10572438.jpg

卵はドーム型卵嚢つきのものを石に産みつける。
ドーム1個には一匹の子供がはいっている。
e0039759_1102968.jpg

3枚とも水中での写真で、水中では触角を伸ばすが、陸上では伸ばせない。

# by snowmelt | 2005-10-29 11:12 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 10月 29日

ミジンヤマタニシ

ミジンはこっぱみじん(木っ端微塵)のミジン。山(陸)にいる田螺(タニシ)だ。
ミジンヤマタニシの殻頂は巻き軸がずれたようになっていて変化がある。
e0039759_104864.jpg

e0039759_1046486.jpg

e0039759_1046255.jpg

真珠のような光沢で、繊細でへこんだフタまでついている。

# by snowmelt | 2005-10-29 10:50 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2005年 10月 29日

スジケシガイ

スジケシガイのケシは芥子粒のケシ。芥子の種子ほど小さいという意味。
e0039759_22595230.jpg

実物の芥子の種子は子供の頃、北海道で見た。実物のあの芥子の花も、花が終わってふくらんだやつも。40数年以上前は芥子の花の栽培はOKだったのだろうな。


追記 コメントを戴き、題名を訂正しました。
標本ですが写真を載せます。
e0039759_0465834.jpg

e0039759_0473885.jpg

e0039759_048471.jpg

e0039759_0483438.jpg


# by snowmelt | 2005-10-29 10:42 | 陸産淡水産貝類 | Comments(3)