北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 30日

妖精こえび fairyshrimp キタホウネンエビのこども・ クリオネみたい

キタホウネンエビの子どもは背泳ぎができない。  下北自然学巣 大八木 昭
単純なことだった。そして親はなぜ背泳ぎをするかのきっとこうだからという答えも見つかった。
しかし、孫が『なんで背泳ぎするの』と聞いてくれなかったら、こんなには考えなかったろうに、話をすることはいいことだね。
e0039759_21343628.jpg

e0039759_21345608.jpg



by snowmelt | 2019-03-30 21:36 | キタホウネンエビ | Comments(0)
2019年 03月 26日

本州北限のドジョウ

本州最北のドジョウ  下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_23384628.jpg

メス
e0039759_23384639.jpg

e0039759_23384681.jpg

オス
2019.03.25 大間町産
e0039759_23474160.jpg

オス
参考比較 2018.07.04 むつ市大曲産

by snowmelt | 2019-03-26 23:48 | 淡水魚類 | Comments(0)
2019年 03月 25日

北限のヒガシシマドジョウ

北限のヒガシシマドジョウです。  下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_22394465.jpg

e0039759_22394018.jpg

e0039759_22393618.jpg

e0039759_22393287.jpg

2019.03.25 大間町産


by snowmelt | 2019-03-25 22:40 | 淡水魚類 | Comments(0)
2019年 03月 23日

カンキョウカジカの顔の動画

カンキョウカジカの腹が膨れている。卵をもつ時期だ。
頭の真っ黒なオスがいないか探したがまだいない。


by snowmelt | 2019-03-23 10:00 | 淡水魚類 | Comments(0)
2019年 03月 20日

音の風景・下北の風

むつ湾にこんなのが立ったら、防衛省の基地不全になるだろか。
むつ市釜伏山のレーダーと三沢基地と大湊基地と車力ミサイル基地は北の防衛の要と思っていたが、青森県には、それよりも風力発電をと考える者が強いのか。
日本という国より金が大事な世の中。


by snowmelt | 2019-03-20 21:41 | Comments(0)
2019年 03月 16日

東奥日報はなぜ「日立、風力発電機の生産撤退」のニュースを書かないのか

今日のむつ市関係のニュースだ。                  下北自然学巣   大八木 昭
e0039759_22141412.jpg

むつ市は2017年度からNIEに本格的に取り組んでいるとある。
NIE一辺倒は非常に危険な情勢で、朝日は捏造、毎日はチャイナから金をもらって発刊していることを否定せずにいること、NHKもジャパンデビューなど捏造をするし
本当のことが書いてあるか伝えているかどうか、旧メディアは多くを並べても真偽のほどが分からないようにしてある。

『新聞情報で最良の判断を』とあるが、偏った新聞情報では判断のしようがないことをなぜ子どもに教えないのか。
たまたま、むつ市長は『洋上風力発電事業にを巡る最近の県内の動きや、陸奥湾での事業実施に反対する意向を表明した自身の発言の記事などを提示。』とあるが、

東奥日報は『洋上風力発電の適地は青森県の陸奥湾と日本海』と今年の元旦新聞に第一面トップで書いているが、その後

『日立、風力発電機の生産撤退』これにより日本の風力発電機の生産を継続するところはすべてなくなった、と言うことを一行たりとも県民に知らせることはないのは
なぜか。なぜ撤退なのか。なぜそれでも誘致しようとしているのか。どの国の資本を導入しようとしているのかしていないのか。そういうことを考えさせるのが、県民のため記事の作りではないでしょうか。つまり、NIEには偏りがあるように仕向けていると言うことです。そういう偏りがある新聞情報では最良の判断など出来るわけがないでしょう。


by snowmelt | 2019-03-16 22:22 | Comments(0)
2019年 03月 15日

赤いミズダニ

赤いミズダニが動く
e0039759_23482900.jpg



by snowmelt | 2019-03-15 23:49 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)
2019年 03月 12日

ミジンコの休眠卵と心臓はへなかに

ミジンコの心臓は背中に、津軽弁ならヘナカにだろう
休眠卵が一対ある。何とも分からない。今は春で、休眠卵で冬を越して発生する時期かと思ったら、
これはすでに親となって休眠卵を作ったのだろう。
脱皮するときに2個を脱ぎ捨てるのだろう。
蚤の心臓よりも、微塵子の心臓とは、凄いたとえだろうが、背中にトクトクと動いている。
e0039759_23363098.jpg





by snowmelt | 2019-03-12 23:37 | Comments(0)
2019年 03月 11日

セッケイカワゲラ二態

セッケイカワゲラは雪の上を歩く、ユスリカや落枝などの表面を食べるというのが普通に見られる。
また、ざらめ雪なら潜るというのと、木に登り地衣類の表面、あるいは胞子かなにかを食べると見える。


e0039759_13445975.jpg

雪に潜るのは東通村小田野沢産で
地衣類を食べているのは大畑町薬研産で次に雄の交接器の写真を載せておきます。
e0039759_22452754.jpg

e0039759_23592071.jpg

e0039759_23592094.jpg

e0039759_23592178.jpg

e0039759_11524577.jpg

どうなっているのか、構造がわからない。

by snowmelt | 2019-03-11 13:45 | Comments(0)
2019年 03月 10日

水面のトビムシたち、無数に

トビムシたちがいる。水面にうんとこさ。しかし小さいのでわかりにくい。
e0039759_22130746.jpg

e0039759_22131370.jpg

e0039759_22131788.jpg

e0039759_22132022.jpg

e0039759_22132309.jpg



by snowmelt | 2019-03-10 22:14 | 土壌動物 | Comments(0)