北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 12日

ヤリノホゴケ Cladonia coniocraea  地衣類

ハナゴケ科 Cladoniaceae ハナゴケ属 ヤリノホゴケ Cladonia coniocraea  でしょう。
e0039759_16434682.jpg

e0039759_16441956.jpg

e0039759_16432561.jpg

e0039759_16433857.jpg

e0039759_16430063.jpg

2018.12.02 東通村

by snowmelt | 2018-12-12 16:45 | 地衣類 | Comments(0)
2018年 12月 12日

センシゴケ Menegazzia terebrata 地衣類です

ウメノキゴケ科 Parmeliaceae  「センシゴケ属は日本では2種」(原色日本地衣植物図鑑・吉村)でセンシゴケとフクレセンシゴケM.asahinae であり、
これはセンシゴケ Menegazzia terebrata です。
e0039759_16252341.jpg

e0039759_16251528.jpg

e0039759_16255900.jpg

e0039759_16254905.jpg

e0039759_16261684.jpg

e0039759_16260878.jpg

e0039759_16262244.jpg

e0039759_16263152.jpg

2018.12.02 東通村

by snowmelt | 2018-12-12 16:28 | 地衣類 | Comments(0)
2018年 12月 11日

ナメラカラクサゴケでしょうか

ゴケとは付くけれど、地衣類のウメノキゴケ科カラクサゴケ属でしょう
ただのカラクサゴケは偽根は叉状分枝とありますのでコレではないと思います。
① ナメラカラクサゴケの偽根は黒色、単一~ささくれ分枝とあります。
② トゲナシカラクサゴケは偽根は単一~叉状分枝とあります。
③ オオナメラカラクサゴケは大型、偽根は単一~ささくれ状。 擬盃点が幅広い棒状となり、背面から盛り上がる。
形態からではトゲナシではなさそうですが
①~③のどれかでしょう。判りません

e0039759_21084233.jpg

e0039759_21085092.jpg

e0039759_21083432.jpg

偽根は単一か叉状にみえるのですが。「偽根の分枝型の判定には、偽根をメスで剃り落としてルーペか実体顕微鏡で見るのが良い・原色日本地衣植物図鑑・吉村・保育社」とあります。これをやっていません。写真拡大のみです。写真を一回クリックして、右下に◯プラスマークを押すといくらか拡大します。
e0039759_21085955.jpg

2018.11.25 横浜町

by snowmelt | 2018-12-11 21:10 | 地衣類 | Comments(0)
2018年 12月 11日

わからないコケ類 

ハサナダゴケだろうか。
e0039759_20274672.jpg

e0039759_20275668.jpg

2018.11.08恐山

by snowmelt | 2018-12-11 20:29 | コケ類 | Comments(0)
2018年 12月 11日

わからないコケ類

次はサワラゴケというものだろうか
ハネムクムクゴケというものだろうか。平凡社にでていない5種ぐらい、ムクムクゴケの種があるそうだし。
e0039759_20113135.jpg

e0039759_20114495.jpg

e0039759_20295735.jpg

さらに次はスギバゴケというものだろうか
どちらも樹木に似てはいるが
e0039759_20133840.jpg

e0039759_20132713.jpg

2018.11.08 恐山

by snowmelt | 2018-12-11 20:14 | コケ類 | Comments(0)
2018年 12月 10日

トサカゴケまたはエゾトサカゴケでしょうか

普通に見られてもどちらか判らない。
トサカゴケでしょうか。
エゾトサカゴケでしょうか
e0039759_16011498.jpg

e0039759_16011559.jpg

e0039759_16011583.jpg

e0039759_17041205.jpg

2018.11.21 むつ市

by snowmelt | 2018-12-10 16:02 | コケ類 | Comments(0)
2018年 12月 10日

エゾヒラゴケだろうか

エゾヒラゴケは奥入瀬渓流コケハンドブックでは「樹幹に着生する蘚類の代表種のひとつ」とあるので、それらしいなとは思うのですが判りません。
蒴がどこにあるのかも判りませんでした。また行って見ます。
e0039759_15143852.jpg

e0039759_15241128.jpg

e0039759_14551733.jpg

e0039759_14552635.jpg

e0039759_14551013.jpg

2018.12.02 東通村

by snowmelt | 2018-12-10 14:56 | コケ類 | Comments(0)
2018年 12月 07日

コツボゴケ Plagiomnium acutum

コツボゴケ Plagiomnium acutum でしょう。
雌雄異株であるということからコツボゴケとしました。(ツボゴケ P. cuspidatum の葉は見た目は同じだが 雌雄同株)
e0039759_00463347.jpg

e0039759_00462703.jpg

e0039759_00461790.jpg

e0039759_00460885.jpg

e0039759_00460093.jpg

e0039759_00464205.jpg

e0039759_23112400.jpg

2018年11月14日 恐山 

by snowmelt | 2018-12-07 00:48 | コケ類 | Comments(0)
2018年 12月 04日

マイクロプラスチックのフェイク

東奥日報の明鏡欄に木造高校の3年生が「マイクロプラスチックは大変だ」との投書があった。     
まさか東奥日報のヤラセではないだろうと思うが、以前、「国の借金を子や孫の代にまわすな」という財務官僚のフェイクを信じたふりをした読者も投書していたのでこれもヤラセかと考えたくなるが、
高校3年生だから、次の You Tube を見てからでも、もう一度投稿したらどうだろうか。
考えが変わったらそのように投書してみてはいかがか。でもその時は東奥日報は掲載しないだろうと思うけどな。

考えが変わらなかったらそれはそれでいいでしょう。

e0039759_22475226.jpg

e0039759_22475711.jpg

e0039759_22480217.jpg


参考にしては如何でしょう。
木造高校の3年生をお知り合いの方がこの記事をみていたら、ぜひ フェイクかどうか You Tubeなどで確かめたらと教えてやって下さい。

by snowmelt | 2018-12-04 22:53 | Comments(0)
2018年 12月 04日

ヒラハイゴケ Hypnum erectiusculum その2

ヒラハイゴケ Hypnum erectiusculum (学名は 日本の植物 コケ 岩月善之助 編者 平凡社による)とアオモリサナダゴケ Taxiphyllum aomoriense は似ているがどうだろう
e0039759_11223072.jpg

e0039759_11223673.jpg

蒴はどうなっているか
e0039759_11233682.jpg

e0039759_11354902.jpg

e0039759_11234639.jpg

e0039759_11235312.jpg

e0039759_11252010.jpg

e0039759_11254922.jpg

とれそうな帽がついているもの
e0039759_11272070.jpg

e0039759_11274033.jpg

e0039759_11274905.jpg

2018年12月3日 大間町

by snowmelt | 2018-12-04 11:29 | コケ類 | Comments(0)