北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 25日

百田尚樹が書く期待の歴史本(後に「日本国紀」とわかった)

百田尚樹が歴史本を執筆中だそうだ。
虎の門ニュースで 監修者が金谷俊一郎氏とある。
e0039759_23420776.jpg

これは期待の歴史本だと思う。
e0039759_23432087.jpg

むつ市ゆかりの人を一人挙げて語っていた。
聴いてみよう。

むつ市運動公園のテニスコートよこに細道があり60㍍ほどのところに、柴五郎が住んでいた場所小屋跡がある。
会津斗南となみ藩士たちは下北に流刑同然で追いやられたという、母、姉、祖母らは足手まといになってはいけないと会津で自害し、父と兄と五郎が、食うものもなし、犬の肉も戻して父に叱られ暮らしたという場所があそことは。後に陸軍に入り、シナでの義和団の乱のときのことを百田氏はここで語っている。
柴五郎をみて、英国は日本を見直し、日英同盟につながり、その日英同盟があったからこそ、日露戦争に日本が勝つことが出来た。日本がロシアの植民地にならずにすんだと考えてもいいだろうという論理だ。柴五郎の存在がロシアの植民地支配の手から逃れることが出来た要因になっているとの論理だ。

追記 2018.07.25 今朝、近いので、柴五郎住居跡がどうなっているか見てきた。
むつ市運動公園テニスコート東の横道からはいる。
e0039759_10334837.jpg

今でも林の中だ
e0039759_10340787.jpg

そこに立ててある説明
e0039759_10360664.jpg

e0039759_10385713.jpg

しかし、この説明だけには、斗南となみ藩の怨念だけが頭にのこり、私自身、柴五郎陸軍大将といっても無知であったが、
虎の門ニュースの百田尚樹氏おはなしではじめて分かったことでした。それにしても居島一平おりしまいっぺいさんの博識すごいですね。
柴五郎というひとの歴史の中でどういう働きで日英同盟に結びつき、日本海海戦でバルチック艦隊の情報が英国からもたらされた事などから、ロシアの植民地にならず今日があるという意味などを考えることが出来、これこそ歴史に意味のある人物であったこと、
そのゆかりの地が、すぐそこのむつ市落野沢おとしのざわがあるとはと考えるとなかなかいいねと思うのです。

10月あたりの出版らしい。読んでみよう。

by snowmelt | 2018-07-25 00:07 | Comments(0)
2018年 07月 18日

ヒガシシマドジョウ 下北半島津軽海峡側

下北半島のヒガシシマドジョウの写真が「日本のドジョウ」山と渓谷社に出ていますが、「変わった模様の個体」としてあつかわれています。
この写真のような模様です。変わったやつなのでしょう。
e0039759_16460151.jpg

e0039759_16460878.jpg


by snowmelt | 2018-07-18 16:46 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 18日

イワナ 下北半島基部

イワナがいました。湿地からの水路の上流部にいました。湿地の水は細流となり林地の中をしばらく流れ、途中で地下に吸い込まれ、その後湧きだして川となり流れて海にそそぎます。海とのいききはできません。
e0039759_16274825.jpg

e0039759_16275304.jpg


by snowmelt | 2018-07-18 16:28 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 11日

エゾマイマイかウスカワマイマイかどれがどれ

北海道の山の中にいたもの2つ、下北の山の中にいたもの3つ、むつ市の町内にいたものこれはウスカワマイマイ3つ  下北自然学巣 大八木 昭

山の中にウスカワマイマイはいないというのが通常知識。まして、北海道の興部の山の中、津別峠の山の中にいたものはエゾマイマイであろうというのが通常知識。

下北の山の中にいたものはなんだろう。写真を一緒に並べて見れば違いはよく分からなくなる。触ればはっきり違うけど。

e0039759_21434656.jpg


by snowmelt | 2018-07-11 21:44 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 07月 09日

キタドジョウらしきもの

たぶん・キタドジョウでしょうがまだ不明    下北自然学巣 大八木 昭

青森県むつ市大畑町恐山にはクレードAのキタドジョウであったと中島先生があきらかにしましたが、ここは十数kmはなれた大畑町のドジョウです。
これは多分、キタドジョウでしょう。
e0039759_17334718.jpg

e0039759_14081735.jpg

e0039759_14083787.jpg

e0039759_14085170.jpg


by snowmelt | 2018-07-09 14:09 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 08日

キタドジョウまたまた見参

キタドジョウと(ホン)・(マ)ドジョウとの形態区別を知りたくて      下北自然学巣  大八木 昭
むつ市芦崎と大畑町恐山での個体で中島先生に遺伝子的にクレードAとされた場所で採れるのはキタドジョウだけが生息と考えています。
その形態を規準にして下北半島のキタドジョウとドジョウの分布を調べようとしています。
むつ市大曲2018年の個体はマ・ドジョウでした。それをまず載せます。
ヒレの形態に注目して見て下さい。
e0039759_11193346.jpg

むつ市芦崎のキタドジョウを載せます。
e0039759_11211724.jpg

2017年のキタドジョウの胸びれも載せます。
e0039759_18110333.jpg

つぎはむつ市大畑町のキタドジョウとおもわれるものを載せます。
大畑町恐山の個体はクレードAでしたが、この写真のものは同じ大畑町でも恐山のものではありません。
ですので、まだキタドジョウと確定してはいません。
e0039759_21185050.jpg

つぎの4まいは2018年むつ市芦崎のキタドジョウです。
e0039759_11221258.jpg

e0039759_11222488.jpg

e0039759_11224350.jpg

e0039759_11230068.jpg

まだまだですが大きい個体の胸ビレの違いだけははっきりわかりますね。

by snowmelt | 2018-07-08 11:24 | 淡水魚類 | Comments(0)