北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 24日

アウトのフェイクタイトル・国立環境研究所と弘前大学合同記事、『白神山地でも、温暖化によって』

詐欺そのものフェイクそのもの、国立環境研究所と弘前大学大学院理工学研究所の合同フェイク・タイトル  下北自然学巣 大八木 昭
次のWEBでのタイトル見てみよう。
国立環境研究所のページだよ。まさか君たちは国立の研究所や大学院助教が合同でウソなどおおっぴらに載せるなどとは思わないだろう。
偏見なく、鵜呑みにして次のタイトルを読んで見てみよう
e0039759_22385438.jpg


白神山地は知っているね。青森県と秋田県に跨がる山地だね。コア域には伐採を免れたブナの原生的な自然林が残されたところで、その部分は世界遺産白神山地などと言われているね。
それを分かりながら読まないとダメなのですよ。
地図を付けましょう。
e0039759_22535982.jpg

分かるでしょう濃緑のところが白神山地ですよ。
さあ、君がタイトルを見て知ったことはどういうことですか。
実際にどういうことを彼らはやったのかすこしくどいかもしれませんがこういうことなのです。

【西目屋村川原平の自然観察園の側のミズナラ林で、赤外線ヒーターで、地温を2.5℃上昇させたところ、その場所の土壌から出たCO2は、ヒーターで暖めなかったところより1℃あたり10.9%多かった】

と言うことを、タイトルで示して、みんなを欺しているのです。分かりますね。アホでないなら。
タイトルを並べましょうか

【白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加】ですよ

君が中学生以上なら、大人達はこういうウソをつき続けているのだよ。お父さんお母さんはなにも感じないだろう。おじいちゃんおばあちゃんもまして、インターネットなど見ないだろうから、分かりもしない。かわりに、東奥日報を見ている人は、フェイクでなくて、印象操作で欺されそうになります。

前の記事で出しましたが、東奥日報では、【白神山地】できっています。だから、フェイクとまでは行かなかった。
WEB東奥では、【白神山地の土壌CO2、温暖化で増加】だからまだ印象操作の段階でしょう。
も一つ、【温暖化で土壌排出CO2増加/白神山地ミズナラ林で弘前大助教検証/  】も印象操作の範囲でしょう。
ところが環境研と弘大が合同で言えばこれは詐欺・フェイク・噓となってしまったのです。【白神山地でも】が完全詐欺。【温暖化によって】が印象操作というものです。

弘前大学大学院理工学研究科には、お世話になっている尊敬すべき教授もいるのに、今回、弘前大学理工学研究科助教 石田裕宣はとんでもないことをしたと知れてしまった。
君たちの先生は普通の大人でしょうかね。フェイクには気をつけようといってくれているかね。新聞には印象操作満載ですよ。

by snowmelt | 2018-04-24 23:24 | Comments(0)
2018年 04月 18日

印象操作か東奥日報記事(2018.04.17朝刊)

こういう記事にも印象操作のタイトルを付けるようになってしまった新聞          下北自然学巣 大八木 昭

e0039759_12273973.jpg

忙しい人はタイトルをさらっと見る程度として、このタイトルで考えられることはどういう事柄ですか?
国語の問題です。
問1、次の(  )内に文字を入れて意味の分かる文にしなさい。
白神山地(  ア  )。
( イ )温暖化で土壌(ウ)CO2(エ)増加( オ )。
回答例アは(①からの記事、②でわかったこと、③で調べたこと)ぐらいでしょうか。ひとつふたつ選びなさい。

回答例イは(①地球、②イには当てはまる言葉はみあたらない③石炭ストーブで暖めるという④赤外線ヒーターで暖めるという⑤白神山地では)さて選ぶのが難しいでしょうか。ここからひとつ選べとなれば何番でしょう。

回答例ウは(①ウにあてはまる言葉はいらない、②の、③で、④に、⑤へ、 ⑥からの )ぐらいからひとつかふたつ選びなさい。
回答例エは(①が、②の)のふたつから選ぶしかないでしょう。
回答例オは(①する、②が見られた、③しなかった)ひとつかふたつ選んでも良いとなれば、さすがに否定はないだろう③は削除でしょう。

あなたが中学生以上なら、タイトルだけからならイとウに付ける回答番号は、きっと東奥日報の企み、つまり印象操作にひっかかってしまうと思います。
回答例イでは①地球 を選びませんでしたか。これが印象操作というものです。正解は④赤外線ヒーター です。
記事をみせますか。
e0039759_22431485.jpg

回答例ウでは①~⑤まで選んだ人は×なのです。正解は  ⑥からの、 なのです。 

これから分かること。新聞記事には事実と違うことをタイトルで並べることが多くあると言うことを知って下さい。
東奥日報も太田佳希記者も弘前大学大学院理工学研究科の石田裕宣助教にも気をつけなければなりません。気を付けましょう。

おまけのタイトルいくつか付けましょう。最後のマルをつけたものには、土壌排出CO2とついています。あとは新聞とは語順を変えていますが土壌CO2ですね。
でも記事を読まない限り、④赤外線ヒーターによる温暖化とは思いませんでしょうね。
e0039759_23155500.jpg

このおまけのwebタイトルはどんなフェイクとなっているでしょうか。
分かりますね。アホでないかぎり。
白神山地の土壌CO2が 増加となっていますね。こうなれば、白神山地(全体)の土壌CO2が 増加と受け取るのが普通でしょう。こういうのをフェイクと言うのです。
白神山地の西目屋村の自然観察園の隣接林(ミズナラ林)の一部で赤外線ヒーターで地温を暖めるという温暖化で土壌CO2が増加したのなど記事を読まない限り分かりません。
WEBでは記事まで読めないのが普通でしょうからフェイクのタイトルだけが伝わるのでしょう。
一番下のYahoo!ニュースの中で気になることがあります。それは『土壌排出CO2』と書いたり、『白神山地のミズナラ林で・・・検証』と書いているところです。
これだけ真面目にしているのに、何故『温暖化で』のままなのでしょうか。これは、基本的には印象操作(地球温暖化をあおりたい)を狙ったのだろうなと考えざるを得ませんね。WEBの上五つはフェイクタイトルで、最後は印象操作タイトルというところでしょう。

by snowmelt | 2018-04-18 12:15 | Comments(0)
2018年 04月 09日

スギ花粉ならたいへん、しかし霧とは思えない色あいだ

e0039759_00205644.jpg

霧にしては色が違う、たしかにスギ林だ。はたしてスギ花粉だろうか。くしゃみはこない。



by snowmelt | 2018-04-09 00:25 | Comments(0)