北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:風景( 84 )


2012年 10月 19日

風 動画

風が吹きます


つぎは音楽つきの風が吹きます。


by snowmelt | 2012-10-19 23:06 | 風景 | Comments(1)
2012年 01月 07日

冬-恐山への道

12月から4月下旬まで、恐山への道は閉鎖される

恐山から流れる正津川方面から行ってみる
キツネ、ウサギ、リス、カモシカ、オコジョかそれくらいの大きさの獣、
ネズミなどの足跡が見える。

カモシカが逃げていく。
e0039759_2218517.jpg


次のはネズミの足跡だ
e0039759_22191389.jpg




e0039759_2226296.jpg

お地蔵さんは埋もれている。

by snowmelt | 2012-01-07 22:43 | 風景 | Comments(3)
2011年 11月 06日

沈む太陽と湿原の鳥たちの声 動画

太陽にレンズを向けるのはこわい。
20年ぐらい前、マクロレンズをつけたカメラをいじっていた時
それまで順調のカメラが、ぴたっと死んでしまった。
考えられるのは、どうも太陽の直射が入ったことしかない(自分だけの考えだが)。
それで修理に出したことがある。

直接太陽を覗かないで下さいとか、
太陽の黒点は覗くのではなく、ボードに映るのをみるだとか、
直接視は避けてはいるが、

こんなに眩しくない太陽ならレンズを向けても絶対大丈夫だ。
液晶に焼き付けをおこすだろか?

これは6月でした。
仏沼のオオセッカやコジュリンたちの声の中、カエルが鳴き出したり、サンカノゴイが鳴いたりしています。



by snowmelt | 2011-11-06 09:41 | 風景 | Comments(0)
2011年 11月 04日

月の表面 動画

月がだんだん大きくなりました。

クレーターは斜光があたるところが影をつくり、それらしく見えます。

満月はその意味ではよくないと思います。

スコープで見える天体は月だけでしょう。

あんなものがうかんでいるというのがおもしろい。


宇宙ステーションといっても、たかだか400kmであって、そこは宇宙なのかと疑問に感じます。


今日も月面を上から下へと1羽の小さい鳥が飛んでいきました。何なのかは全然わかりません。

とりめ(夜盲症)はニワトリぐらいのものだよと言われたのを実感します。


by snowmelt | 2011-11-04 22:27 | 風景 | Comments(0)
2011年 10月 31日

月と渡り鳥一瞬 またビデスコのテスト 

コーワの旧スコープ820M+旧Nikon35-105mmズーム+×1.5テレコン+Sony NEX-VG10でのビデスコのテストです。

前の記事ヒヨドリは1.5倍テレコンを入れていなかったので、
入れたらどうなるかと試行してみました。

偶然、渡り鳥のシルエットが入りました。


by snowmelt | 2011-10-31 21:03 | 風景 | Comments(1)
2011年 08月 31日

岩木山神社

雨の岩木山(いわきやま)神社
e0039759_22212099.jpg

e0039759_2226131.jpg
e0039759_22263040.jpg





















e0039759_22283754.jpg


by snowmelt | 2011-08-31 22:27 | 風景 | Comments(0)
2011年 08月 29日

北海道弟子屈町屈斜路湖

屈斜路湖(くっしゃろこ)に行ってきました。

屈斜路と阿寒を活動起点にしている「アイヌ詞曲舞踏団 モシリ」というのがあります。

私は十数年以来のファンです。

屈斜路湖畔でそのモシリの経営するプチホテル[丸木舟」を探しました。

屈斜路湖から流れ出る川は釧路川です。

湖から流れ出る流出川口を「のどもと、アイヌ語でクッシャロ」と言うのが屈斜路湖のいわれとなっていますが、その咽元のすぐ近くにありました。

プチですが、気に入りました。

e0039759_11183548.jpg
e0039759_11185926.jpg
e0039759_11192968.jpg


二階の風呂がいい。
BGM 神のつぶやき などが静かに流れる中、ずっと湖水を眺めていれるのです。

e0039759_11195429.jpg
e0039759_11201136.jpg


夜には特別のサービスステージがありました。さらに貴重なお土産も。
e0039759_11203438.jpg


ここでまた弟子屈に売り地ありますのわたしのCM
この土地からは車で15分ぐらいでプチホテル丸木舟に着きます。

by snowmelt | 2011-08-29 11:34 | 風景 | Comments(0)
2011年 08月 23日

アサヒカメラからの返答あり8.22

大×××様

アサヒカメラをご愛読いただき、ありがとうございます。

連載「シーナの写真日記」に関するご質問にお答えいたします。

この連載は、椎名誠さんがこれまで撮りためた写真を組み合わせ、

自在にストーリーをまとめておりますので、

必ずしも事実のみにて構成されているわけではありません。

大××さんが不愉快な印象を受けられましたことにつきましては、

大変申し訳ありませんでしたが、

こうした連載の趣旨をご理解いただければ幸いに存じます。

椎名さんとの連絡に少々時間を要しましたため、

ご回答が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

アサヒカメラ編集長 早×××

[2011.08.22受信]

by snowmelt | 2011-08-23 23:15 | 風景 | Comments(6)
2011年 08月 03日

摩周湖の滝霧 NHKをみて

NHKの摩周湖の滝霧なんて、はじめて聞きました。

帰りたいなとの郷愁に駆られましたね。

少年の頃、あの断崖を降りることができました。ロープもあったのです。

湖の岸は、とうてい抱えられないほど大きなごつごつした岩々がひたひたと水に浸かっている。

歴史は浅いのかもしれないが、太古のままの自然の姿。

降りるときは当然天気の良い時です。

そうしていたら、中島が見えなくなって何十メーターという霧というより雲が近づいて来る。

と思ったら音をたてての雨でした。

霧の中は雨なのです。それも一時でした。

で、記憶ちがいかと思うのですが、再び晴れた湖面をヤマセミが鳴いて飛んで行ったのです。

記憶違いかと言うのは、果たしてあんな絶壁に囲まれた摩周湖に本当にヤマセミがいたっけかなと。双眼鏡などもっていない時代でしたので。



ここでまた売り地の案内です。

私の土地150坪にログハウスでも建てて、

年に数回しか発生しないという滝霧を見にいきませんか。

摩周岳が目の前に見えて、車で15から20分で第一展望台に着くところですよ。

by snowmelt | 2011-08-03 23:37 | 風景 | Comments(0)
2011年 06月 29日

白神山地はなかなか行けません

青森県に居ながら、白神山地には行けません。

暗門の滝とか赤石川源流より下手とか、向白神を望むとか、笹内川とか

白神山地の青森県側を、ちょっとかすりもしないような処ばかりをあるくだけです。

やっと岩崎村から西目屋村の白神ラインを初めて走りました。

白神ラインの前身の弘西林道がまだ途中までしかなかった40年も前から、

その辺をかすっていただけですが、今回、白神ラインを通ったって

全然で、白神山地からはほど遠いところ。

一生、白神山地には足を踏み入れることはないでしょうね。

ほかの人たちだってまず行けないでしょう。

世界遺産かもしれませんがほんの一握りのひとしか行けないところですね。

生物相はたいして変化には富んではいないとは思いますが。

次の景色のずっと左の奥が白神山地です。



by snowmelt | 2011-06-29 22:56 | 風景 | Comments(0)