北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:地衣類( 20 )


2014年 11月 02日

シラウオタケのようなもの

シラウオタケは全身が白だったと思う。

ところがこれはてっぺんがとがって色が違う。

シラウオタケはきのこ図鑑に出ているが、緑藻と共生するので地衣類とみなす事もある(日本のきのこ)という。

地衣類としての名前はキリタケという(東北きのこ図鑑)と書いてある。


地衣類研究会ではシラウオタケ(キリタケ)というようにして地衣類に入っている。



この写真はシラウオタケなのかシラウオタケの一種なのかはわからないが地衣類にいれておこうと思います。

しかし、全くわかりません。

e0039759_2321774.jpg


補記

地衣類について

地衣類は分類学上は菌類(共生体)なんだ。キノコであるが藻類と共生しているものを地衣類というんだ。

地衣類は菌類に含まれるということか。

ふえかたは 地衣類は胞子、粉芽、列芽でふえ、菌類は胞子、粉子などでふえる。
        ついでに、コケ類は分類学上は緑色植物で、主として胞子でふえる。茎と葉の区別がある。など

by snowmelt | 2014-11-02 23:22 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 10月 15日

ジョウゴゴケのなかま・地衣類

地衣類もみれば気になる。

ジョウゴゴケがありました。

とは書きましたが、

『ヒメジョウゴゴケ、ジョウゴゴケなど、ヒメジョウゴゴケ群の形態はよく似ていて見分けは困難。

分類は試薬を用いる必要があります。』と書いてあります。

ジョウゴゴケのなかまがありましたと訂正します。


e0039759_1430105.jpg
e0039759_14302017.jpg

e0039759_16533814.jpg


by snowmelt | 2014-10-15 14:29 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 10月 01日

イワカラタチゴケ・地衣類

岩に付く普通種イワカラタチゴケでしょう
e0039759_21413138.jpg


by snowmelt | 2014-10-01 21:41 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 09月 25日

ハナゴケ・地衣類

ハナゴケといっても苔ではありません。

これも、ヤグラゴケの傍にあります、砂丘地帯です。

e0039759_1514653.jpg
e0039759_15141716.jpg


by snowmelt | 2014-09-25 15:15 | 地衣類 | Comments(0)
2014年 09月 25日

ヤグラゴケ・地衣類

ヤグラゴケといっても苔ではない。

ここはクロマツ優占の砂丘地域で、カシワ、アカマツがあり、ツタウルシやヤマウルシがわんさかあり、かぶれそう。

ドクウツギもあり、なんか危険地帯みたい。

e0039759_1524820.jpg


by snowmelt | 2014-09-25 15:02 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 14日

センシゴケの仲間あるいはそのもの 地衣類

地衣類も気をつけてみるとなかなかだ。
幹にセンシゴケだと思われるのがあった。
e0039759_2339237.jpg

ネットに地衣類の会があるのであとで聞いてみようと思っている。

ついでに樹皮の皮目(ひもく)に目がいった。
e0039759_2340464.jpg

口だけ、唇だけ表面に残されたようだ。
これを見てると
何とつぶやいているか読み取れないが、(あたりまえ)
口つきで人の感情、性格までを判断しているところがかなりあるなと感じた。
ここから、空気を出入りさせてるってー。

by snowmelt | 2005-11-14 23:51 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 08日

モジゴケ科の一種 地衣類

ブナの幹にいろいろな地衣類がついている。
これは、モジゴケの仲間だろう。
e0039759_2321798.jpg

ボンジゴケ(梵字ゴケ)とも思えそうだが。
e0039759_23213659.jpg

もちろん、梵字は解りもしないし読めないし、雰囲気だけのこと。
e0039759_23255592.jpg

一文字くらい、コレッてのがないか。

by snowmelt | 2005-11-08 23:26 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 04日

チズゴケの一種 地衣類 縫道石山

地衣類もうひとつ。チズゴケ(地図の境界線のような模様)の一種でしょう。
e0039759_2256350.jpg

e0039759_22563961.jpg

よくこんなところで生きていけるものだと感心するよ。
e0039759_22595724.jpg


by snowmelt | 2005-11-04 22:59 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 11月 03日

オオウラヒダイワタケ 地衣類 縫道石山

e0039759_22503860.jpg

11月だというのに周りは紅葉です。下北ではなんと遅れた紅葉だこと。
以前には、11月3日に雪が降ったこともあったのに。
e0039759_22441315.jpg

頂上です。
e0039759_22464938.jpg

e0039759_22474210.jpg

岩にへばりついている、地衣類たち。
そのうちの、オオウラヒダイワタケです。
e0039759_2249386.jpg

地衣類はいろいろあって、撮したが今日はこれくらいで。

by snowmelt | 2005-11-03 22:54 | 地衣類 | Comments(0)
2005年 10月 17日

イオウゴケ

イオウゴケといっても地衣類だ。
硫化水素の臭いがする恐山の中やまわりによく見える。
風下になる方向には形のよいのが見られる。
e0039759_2324430.jpg

赤いのは子器とよばれる。コアカミゴケというのも赤い子器のものであるが、柄が不規則に枝分かれするのはイオウゴケだとある。ただ、イオウゴケは柄の表面に粉芽という粉状のものがないと書いてあるが、これはなにかしらあるような気もするのでやや不安ではある。
e0039759_23161374.jpg

でも一応、環境的にイオウゴケだろうと思っている。

by snowmelt | 2005-10-17 23:17 | 地衣類 | Comments(0)