北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 133 )


2018年 09月 14日

ニクイロシブキツボ 秋田県に行って来ました。

ニクイロシブキツボFukuia kurodai kurodai を探して、やっと見つけました。            下北自然学巣 大八木 昭

昔の同窓生秋田と宮城二人のそれぞれの案内で、ずっと見たかったニクイロシブキツボを二ヶ所で、とうとう見ることが出来ました。
一ヶ所は本荘市の山の中でした。
ここにいました。
e0039759_13153410.jpg

これです
e0039759_13154489.jpg


e0039759_13164236.jpg

e0039759_13170807.jpg

もう一ヶ所は鳥海町の山の中でした。
e0039759_13183474.jpg

e0039759_13184370.jpg


シモキタシブキツボ Fukuia ooyagii と言うのがいます。
e0039759_13401196.jpg
下北半島産シモキタシブキツボ
e0039759_13403342.jpg
下北半島産シモキタシブキツボ
最初は亜種 Fukuia krodai ooyagii として発表されたのですがいつのまにか、種にFukuia ooyagii されました。さらに、福田先生は属もちがう、新属をと数年前にポスター発表されましたが、まだFukuia のままです。いま2018年のところ下北半島にのみ生息します。
ニクイロシブキツボの生息環境とシモキタシブキツボの生息環境は実際に見てみると 環境は似てはいるけど、居る場所は極めて違うと感じましたね。
それをこれからまとめていかなければと思います。
オカマメタニシBlanfordia japonica bensoni というのも似た仲間ではあります。
e0039759_13415027.jpg
 オカマメタニシ これは北海道木古内産でした。下北半島にもいます。 

by snowmelt | 2018-09-14 13:42 | Comments(0)
2018年 09月 04日

青森自然誌研究会 ホームページ が開設した。

青森自然誌研究会のHPが開設しました。
青森自然誌研究会などといくら打ってもホームページの居所は全く出てこない。
URLの連絡があったから探せました。
e0039759_10560532.jpg

青森自然誌研究会のURLをここに載せます。

http://aomorishizen.html.xdomain.jp/  です。
ただし、開いても連絡先は電話番号とファクシミリだけでなかなか連絡をつけるにはおっくうになります。
青森自然誌研究会通信 第94号というのが会員に送られてきました。
第16回野外懇談会~青森市「眺望山」から日帰り開催、参加者大募集
と言うのが、ホームページには全く過去の記録しか見られないのでこういう連絡も出来たらと思います。
平成30年9月30日(日)10:00~14:00などとなっていますが申し込み期限9月25日ですが、申し込みなしの当日参加も歓迎ですとあります。はじめて知った方は、この際会員になったらと思います。「会員の同伴者(会員外)の参加も可能です。お友達もお誘いください」ともあります。

追記、2018年10月16日、「青森自然誌研究会」で検索すると、すぐに見つけることが出来るようになりました。よかったですね。


by snowmelt | 2018-09-04 11:10 | Comments(0)
2018年 08月 01日

40年後・百年後のむつ湾ホタテの生産を占う

2058年あたりの陸奥湾ホタテ生産はどうなるか     下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_17225491.jpg

2008年--2018年の生産高だ。
少ない年で3-5万トン、多い年で8-11万トンだろうか。

2007年青森県水産総合研究センター増養殖研究所だより第108号に「陸奥湾ホタテガイ養殖産業を憂う」という水産局長の寄稿がある。
e0039759_10261829.jpg

陸奥湾ホタテガイは植物プランクトンを食べる。陸奥湾に流れ込む栄養塩類によって育つ植物プランクトンの量は限りがあり、当然ホタテの増養殖は植物プランクトン量(第1次生産量)に依存するため限度がある。
「この飼料となる植物プランクトンが潮流とともに陸奥湾の中を流動的に動き回るので、潮上の各地先で天然資源であるプランクトンを先取りしながら消費することとなることから、陸奥湾全体の問題である。」
「陸奥湾全体での適正許容量は、13億6千万個体と考えられているが、(2007年)現状の養殖数量は19~20億個に達しているものと推定されており、許容量の1.4倍から1.5倍のホタテガイが海の中に存在し、誰もそれを公然と非難することが出来ないでいる。」
e0039759_18464948.jpg


もしも陸奥湾内に風力発電風車が2000基ぐらいできたことを想定しよう。
水深30メートルの海底から水上120-140㍍くらいの風力発電風車タワーを考えよう。
タワーの水中径を半径5㍍として2×5×3.14×30=942㎡の水中表面積のものを300㍍ぐらい距離を置いて2000基とすれば、総タワーの水中総面積は1884000㎡である。これはむつ市の克雪ドームの105.9個分にあたる。
克雪ドーム100個分の固着生物の生息場所が並ぶことである。ムラサキイガイは真っ先に繁殖することだろう。ムール貝の類いが増えることは良いことでないかと云う人がでてこようが、いま考えるのはホタテガイの増養殖である。(ちなみにムール貝のドーモイ酸という貝毒で食中毒・下痢のほかに1/4が記憶喪失?というカナダの報告がある。記憶喪失?へぇー)
つまり植物プランクトンを食う固着貝類などが増殖する。潮流は変わる。風のエネルギーを獲られた風車の下手は、速くなることはない。当然、潮流の下手のホタテガイには飼料が届かないことになる。影響は陸奥湾全体におよぶ。エサの不足による許容限度は下がりこそすれ、上がることはない。
2007年でさえ許容限度を1.4-1.5倍超えているうえに、陸奥湾内の限られた植物プランクトンをホタテ以外の固着生物がさらに先取りしてしまえば陸奥湾ホタテガイの増養殖量は減ることはあっても増えることはあり得ない。
2058年孫の時代に、青森県陸奥湾ホタテガイ養殖産業はどうなっているのだろう。漁業者は生き残れるか。陸奥湾内の漁業はどうなっているのか。百年後にはホタテ養殖は残っていないと予言しよう。

ちなみに、2018年現在、青森県は風力発電事業者の設置許可要請に関して、環境影響評価を行っているが、漁業に与える影響は考えてはいけない、対象外の項目である。
陸奥湾内にタワーを建てる場合、いくらの容積のもの、体積のものを突き立てようが、驚くことに、環境改変部とは、タワーの底面積だけを考慮すればいいとある。表面積克雪ドーム100個分という計算は全く除外され、タワーの底面積のみを考えればいいとおし通している。
さらに漁業に与える影響は青森県庁のどの部署でも影響評価することはない。
つまり、漁業権のおよぶ地域内外に風力発電タワーを何千本建てても、希少生物や特別天然記念物や騒音や景観などに特段の影響がなければ、青森県はタワー設置を許可容認すると経産省に報告することになる。経産省はそれをもとに、漁業の事など考えることはなく、経産大臣が設置許可することになる。

であるから、百年後には、ホタテ養殖はなくなり、別種の養殖が縮小されて行われているか、植物プランクトン生産者を飼料としない、エサを別の業者から買ってきて育てる高次消費生物種の養殖になっているか。2017年現在、100億円の青森県のホタテ産業は消滅して、別な産業が興っていると予言しよう。ホタテは北海道産を食べればいいか。


by snowmelt | 2018-08-01 18:53 | Comments(1)
2018年 07月 25日

百田尚樹が書く期待の歴史本

百田尚樹が歴史本を執筆中だそうだ。
虎の門ニュースで 監修者が金谷俊一郎氏とある。
e0039759_23420776.jpg

これは期待の歴史本だと思う。
e0039759_23432087.jpg

むつ市ゆかりの人を一人挙げて語っていた。
聴いてみよう。

むつ市運動公園のテニスコートよこに細道があり60㍍ほどのところに、柴五郎が住んでいた場所小屋跡がある。
会津斗南となみ藩士たちは下北に流刑同然で追いやられたという、母、姉、祖母らは足手まといになってはいけないと会津で自害し、父と兄と五郎が、食うものもなし、犬の肉も戻して父に叱られ暮らしたという場所があそことは。後に陸軍に入り、シナでの義和団の乱のときのことを百田氏はここで語っている。
柴五郎をみて、英国は日本を見直し、日英同盟につながり、その日英同盟があったからこそ、日露戦争に日本が勝つことが出来た。日本がロシアの植民地にならずにすんだと考えてもいいだろうという論理だ。柴五郎の存在がロシアの植民地支配の手から逃れることが出来た要因になっているとの論理だ。

追記 2018.07.25 今朝、近いので、柴五郎住居跡がどうなっているか見てきた。
むつ市運動公園テニスコート東の横道からはいる。
e0039759_10334837.jpg

今でも林の中だ
e0039759_10340787.jpg

そこに立ててある説明
e0039759_10360664.jpg

e0039759_10385713.jpg

しかし、この説明だけには、斗南となみ藩の怨念だけが頭にのこり、私自身、柴五郎陸軍大将といっても無知であったが、
虎の門ニュースの百田尚樹氏おはなしではじめて分かったことでした。それにしても居島一平おりしまいっぺいさんの博識すごいですね。
柴五郎というひとの歴史の中でどういう働きで日英同盟に結びつき、日本海海戦でバルチック艦隊の情報が英国からもたらされた事などから、ロシアの植民地にならず今日があるという意味などを考えることが出来、これこそ歴史に意味のある人物であったこと、
そのゆかりの地が、すぐそこのむつ市落野沢おとしのざわがあるとはと考えるとなかなかいいねと思うのです。

10月あたりの出版らしい。読んでみよう。

by snowmelt | 2018-07-25 00:07 | Comments(0)
2018年 05月 04日

弘大卒業生よ 母校がこんなフェイクを発信しているのを正さないか

弘前大学理学部卒の皆さんよ、母校はこんな疑似科学を出すようになったのを困ったことだと思わないか    下北自然学巣 大八木 昭

川原平のミズナラ林で、赤外線ヒーターで地温を2.5℃上げたところ土壌排出CO2が暖めなかったところより10%ほど増加した
という実験がつぎのタイトルになっているのだ。
e0039759_10400800.jpg

白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加(白神自然環境研究所)だぞ


学生の時何らかの自然の真理を追究した心があったはずの理学部卒業生よ、今は何も感じないか。歳とってただ生きてるか。俺はまだ腹がたつ。
こんなフェイクは腹がたつ、ひとを愚弄している、見た人を欺している、つきつめると許されない詐欺行為だ
なんという大学になってしまったのか。


by snowmelt | 2018-05-04 10:50 | Comments(0)
2018年 05月 02日

白神自然環境研究所までフェイク・リリース 信じられない弘前大学

白神山地でも温暖化により土壌からのCO2が増加---詐欺そのものタイトル        下北自然学巣  大八木 昭

国立環境研究所はco2による地球温暖化を噓でもホントでも説明し続けなければならない立場にあるのだろうが、
青森県の地方国立大学研究所までが、予算が付かないからなのか、科学の魂の微塵もないフェイクタイトルで県民、国民を欺すとは、弘前大学はどうにもならないのか。
これで、そのとなりに「入試情報」など掲げ、これからの学生を本当に欺し続けるのか、フェイクタイトルしかつけられない研究を白神環境研究所は行っているんだとの認識はあるのだろうか。
e0039759_17140813.jpg


「白神山地のブナ林ではなく、川原平のミズナラ林で、地温を赤外線ヒーターで暖めて2.5℃高くしたら、土壌からのco2が、暖めなかったところより10%ほど増加した」
ということを、「白神山地でも温暖化により土壌からのco2が増加」などとよくもよくもいえたものだ。

by snowmelt | 2018-05-02 17:22 | Comments(0)
2018年 04月 24日

アウトのフェイクタイトル・国立環境研究所と弘前大学合同記事、『白神山地でも、温暖化によって』

詐欺そのものフェイクそのもの、国立環境研究所と弘前大学大学院理工学研究所の合同フェイク・タイトル  下北自然学巣 大八木 昭
次のWEBでのタイトル見てみよう。
国立環境研究所のページだよ。まさか君たちは国立の研究所や大学院助教が合同でウソなどおおっぴらに載せるなどとは思わないだろう。
偏見なく、鵜呑みにして次のタイトルを読んで見てみよう
e0039759_22385438.jpg


白神山地は知っているね。青森県と秋田県に跨がる山地だね。コア域には伐採を免れたブナの原生的な自然林が残されたところで、その部分は世界遺産白神山地などと言われているね。
それを分かりながら読まないとダメなのですよ。
地図を付けましょう。
e0039759_22535982.jpg

分かるでしょう濃緑のところが白神山地ですよ。
さあ、君がタイトルを見て知ったことはどういうことですか。
実際にどういうことを彼らはやったのかすこしくどいかもしれませんがこういうことなのです。

【西目屋村川原平の自然観察園の側のミズナラ林で、赤外線ヒーターで、地温を2.5℃上昇させたところ、その場所の土壌から出たCO2は、ヒーターで暖めなかったところより1℃あたり10.9%多かった】

と言うことを、タイトルで示して、みんなを欺しているのです。分かりますね。アホでないなら。
タイトルを並べましょうか

【白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加】ですよ

君が中学生以上なら、大人達はこういうウソをつき続けているのだよ。お父さんお母さんはなにも感じないだろう。おじいちゃんおばあちゃんもまして、インターネットなど見ないだろうから、分かりもしない。かわりに、東奥日報を見ている人は、フェイクでなくて、印象操作で欺されそうになります。

前の記事で出しましたが、東奥日報では、【白神山地】できっています。だから、フェイクとまでは行かなかった。
WEB東奥では、【白神山地の土壌CO2、温暖化で増加】だからまだ印象操作の段階でしょう。
も一つ、【温暖化で土壌排出CO2増加/白神山地ミズナラ林で弘前大助教検証/  】も印象操作の範囲でしょう。
ところが環境研と弘大が合同で言えばこれは詐欺・フェイク・噓となってしまったのです。【白神山地でも】が完全詐欺。【温暖化によって】が印象操作というものです。

弘前大学大学院理工学研究科には、お世話になっている尊敬すべき教授もいるのに、今回、弘前大学理工学研究科助教 石田裕宣はとんでもないことをしたと知れてしまった。
君たちの先生は普通の大人でしょうかね。フェイクには気をつけようといってくれているかね。新聞には印象操作満載ですよ。

by snowmelt | 2018-04-24 23:24 | Comments(0)
2018年 04月 18日

印象操作か東奥日報記事(2018.04.17朝刊)

こういう記事にも印象操作のタイトルを付けるようになってしまった新聞          下北自然学巣 大八木 昭

e0039759_12273973.jpg

忙しい人はタイトルをさらっと見る程度として、このタイトルで考えられることはどういう事柄ですか?
国語の問題です。
問1、次の(  )内に文字を入れて意味の分かる文にしなさい。
白神山地(  ア  )。
( イ )温暖化で土壌(ウ)CO2(エ)増加( オ )。
回答例アは(①からの記事、②でわかったこと、③で調べたこと)ぐらいでしょうか。ひとつふたつ選びなさい。

回答例イは(①地球、②イには当てはまる言葉はみあたらない③石炭ストーブで暖めるという④赤外線ヒーターで暖めるという⑤白神山地では)さて選ぶのが難しいでしょうか。ここからひとつ選べとなれば何番でしょう。

回答例ウは(①ウにあてはまる言葉はいらない、②の、③で、④に、⑤へ、 ⑥からの )ぐらいからひとつかふたつ選びなさい。
回答例エは(①が、②の)のふたつから選ぶしかないでしょう。
回答例オは(①する、②が見られた、③しなかった)ひとつかふたつ選んでも良いとなれば、さすがに否定はないだろう③は削除でしょう。

あなたが中学生以上なら、タイトルだけからならイとウに付ける回答番号は、きっと東奥日報の企み、つまり印象操作にひっかかってしまうと思います。
回答例イでは①地球 を選びませんでしたか。これが印象操作というものです。正解は④赤外線ヒーター です。
記事をみせますか。
e0039759_22431485.jpg

回答例ウでは①~⑤まで選んだ人は×なのです。正解は  ⑥からの、 なのです。 

これから分かること。新聞記事には事実と違うことをタイトルで並べることが多くあると言うことを知って下さい。
東奥日報も太田佳希記者も弘前大学大学院理工学研究科の石田裕宣助教にも気をつけなければなりません。気を付けましょう。

おまけのタイトルいくつか付けましょう。最後のマルをつけたものには、土壌排出CO2とついています。あとは新聞とは語順を変えていますが土壌CO2ですね。
でも記事を読まない限り、④赤外線ヒーターによる温暖化とは思いませんでしょうね。
e0039759_23155500.jpg

このおまけのwebタイトルはどんなフェイクとなっているでしょうか。
分かりますね。アホでないかぎり。
白神山地の土壌CO2が 増加となっていますね。こうなれば、白神山地(全体)の土壌CO2が 増加と受け取るのが普通でしょう。こういうのをフェイクと言うのです。
白神山地の西目屋村の自然観察園の隣接林(ミズナラ林)の一部で赤外線ヒーターで地温を暖めるという温暖化で土壌CO2が増加したのなど記事を読まない限り分かりません。
WEBでは記事まで読めないのが普通でしょうからフェイクのタイトルだけが伝わるのでしょう。
一番下のYahoo!ニュースの中で気になることがあります。それは『土壌排出CO2』と書いたり、『白神山地のミズナラ林で・・・検証』と書いているところです。
これだけ真面目にしているのに、何故『温暖化で』のままなのでしょうか。これは、基本的には印象操作(地球温暖化をあおりたい)を狙ったのだろうなと考えざるを得ませんね。WEBの上五つはフェイクタイトルで、最後は印象操作タイトルというところでしょう。

by snowmelt | 2018-04-18 12:15 | Comments(0)
2018年 04月 09日

スギ花粉ならたいへん、しかし霧とは思えない色あいだ

e0039759_00205644.jpg

霧にしては色が違う、たしかにスギ林だ。はたしてスギ花粉だろうか。くしゃみはこない。



by snowmelt | 2018-04-09 00:25 | Comments(0)
2017年 10月 11日

サハリン Sakhalin でドジョウすくい7

ユジノサハリンスクの街並など 

下北自然学巣 大八木 昭

Belkaホテル((Belka,Berka とはロシア語(スラブ語)でリスのこと、ロシアのリスは高級毛皮源として有名とある。))の中など
e0039759_15135281.jpg

e0039759_15132155.jpg

e0039759_15142588.jpg
e0039759_15144781.jpg
e0039759_1514599.jpg
e0039759_15152554.jpg


街は歩道は整備されていないところがある
e0039759_1516276.jpg

e0039759_15165287.jpg
e0039759_1517982.jpg
e0039759_15173149.jpg
e0039759_15174971.jpg
e0039759_1518141.jpg
e0039759_15182443.jpg

公園遊園地は広い広い
e0039759_15192257.jpg

e0039759_1520125.jpg

王子製紙があったからか池の名前が王子が池
e0039759_1524045.jpg

e0039759_15242436.jpg

e0039759_15244677.jpg

これはホテルで、最上階に大統領が宿泊とか
e0039759_15254271.jpg

公園の中シジュウカラがいたり
e0039759_1526148.jpg

スズメがいたり
e0039759_15265568.jpg

ハトがいたり
e0039759_15272226.jpg

販売機は
e0039759_15275139.jpg

クマがいたり、こういうクマが公園の中に8頭いるとか
e0039759_1529108.jpg

日本人の名前があったり
e0039759_15294574.jpg

ガガーリンの銅像がなんであるのか
e0039759_15302317.jpg

博士の背中の方がいい
e0039759_15313181.jpg

中心街なのか街中は
e0039759_15322455.jpg
e0039759_15324812.jpg
e0039759_1533851.jpg

e0039759_1534283.jpg
e0039759_15342238.jpg

車は日本車が8-9割、で、右側通行で右ハンドルそのままのものも多い
e0039759_15344211.jpg

e0039759_15381292.jpg

e0039759_15385310.jpg
e0039759_15391683.jpg
e0039759_15404346.jpg

これだけが見えたなかの唯一の派手な広告だろう
e0039759_15411549.jpg

e0039759_15424810.jpg

結構高いレストラン
e0039759_1543531.jpg

e0039759_15433168.jpg

e0039759_15435011.jpg

e0039759_15443515.jpg

e0039759_15474354.jpg
e0039759_1548255.jpg

レーニン像
e0039759_1548384.jpg

ホテルで記念撮影
e0039759_15491718.jpg

機上からサハリン、またくるぜ、また来たいぜ、こんどは北サハリンへ
e0039759_15505021.jpg

千歳は夜
e0039759_15512615.jpg

e0039759_15514639.jpg

ここで祝勝会をやり、また、函館を出て、下北の人になる
e0039759_15524748.jpg


by snowmelt | 2017-10-11 15:52 | Comments(0)