北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 162 )


2019年 04月 26日

すおう 自衛隊多用途支援艦4032 大湊入港

海上自衛隊の多用途支援艦 大湊海自カレーフェスの初代チャンピョンに選ばれたそうだ
「すおう」は周防灘に由来すると書いてある。
e0039759_12114265.jpg



by snowmelt | 2019-04-26 12:13 | Comments(0)
2019年 04月 24日

しらぬい 入港 対潜水艦能力向上潜望鏡を探知可

しらぬい新造護衛艦大湊基地には35年ぶりらしい。
e0039759_23413158.jpg



by snowmelt | 2019-04-24 23:42 | Comments(0)
2019年 04月 17日

誰が喜ぶのか!! 中国産トキ誕生

日本のトキはキンを最後に絶滅した。トキは 学名 ニッポニア ニッポン Nipponia nipponで、ブラキストンが函館で撃ち採集した個体が北大にあるという。
日本で絶えたものを、種として同じと見なされていようが、なんで他国から取り入れ増やそうとしているのか。
まして、敵国中国から、中国名のトキを増やそうとするのか。
尖閣では中国海軍の海警局船が日本の保安庁の船を追い払い実効支配しようとしている。
沖縄は中国のものと言って憚らない。
沖縄を独立させ中国にすることをまずは目的としている。
北海道は買い占める。
中国名のトキを日本に広めようとしている
二階俊博幹事長のようにJR東日本に圧力をかけ、中国に新幹線技術を盗ませてやる親中派はどれくらい居るのかしらないが、上野のパンダと新潟のトキも日本の中国化をすすめる意図に加担していることに他ならない。
だから、言う。誰が中国産トキの誕生を喜ぶのかと。あほタレが。
なにもわからん子供たちに、トキが誕生だって、良いことだね--ということは中国化政策だと言うことを知らせなければならない。

しかし、かわいいとはいえない塊だね。
e0039759_14352672.jpg



by snowmelt | 2019-04-17 14:36 | Comments(0)
2019年 04月 01日

アカミズダニが泳ぐ動画

アカミズダニが泳いでいます。
e0039759_21152204.jpg



by snowmelt | 2019-04-01 21:16 | Comments(0)
2019年 03月 20日

音の風景・下北の風

むつ湾にこんなのが立ったら、防衛省の基地不全になるだろか。
むつ市釜伏山のレーダーと三沢基地と大湊基地と車力ミサイル基地は北の防衛の要と思っていたが、青森県には、それよりも風力発電をと考える者が強いのか。
日本という国より金が大事な世の中。


by snowmelt | 2019-03-20 21:41 | Comments(0)
2019年 03月 16日

東奥日報はなぜ「日立、風力発電機の生産撤退」のニュースを書かないのか

今日のむつ市関係のニュースだ。                  下北自然学巣   大八木 昭
e0039759_22141412.jpg

むつ市は2017年度からNIEに本格的に取り組んでいるとある。
NIE一辺倒は非常に危険な情勢で、朝日は捏造、毎日はチャイナから金をもらって発刊していることを否定せずにいること、NHKもジャパンデビューなど捏造をするし
本当のことが書いてあるか伝えているかどうか、旧メディアは多くを並べても真偽のほどが分からないようにしてある。

『新聞情報で最良の判断を』とあるが、偏った新聞情報では判断のしようがないことをなぜ子どもに教えないのか。
たまたま、むつ市長は『洋上風力発電事業にを巡る最近の県内の動きや、陸奥湾での事業実施に反対する意向を表明した自身の発言の記事などを提示。』とあるが、

東奥日報は『洋上風力発電の適地は青森県の陸奥湾と日本海』と今年の元旦新聞に第一面トップで書いているが、その後

『日立、風力発電機の生産撤退』これにより日本の風力発電機の生産を継続するところはすべてなくなった、と言うことを一行たりとも県民に知らせることはないのは
なぜか。なぜ撤退なのか。なぜそれでも誘致しようとしているのか。どの国の資本を導入しようとしているのかしていないのか。そういうことを考えさせるのが、県民のため記事の作りではないでしょうか。つまり、NIEには偏りがあるように仕向けていると言うことです。そういう偏りがある新聞情報では最良の判断など出来るわけがないでしょう。


by snowmelt | 2019-03-16 22:22 | Comments(0)
2019年 03月 12日

ミジンコの休眠卵と心臓はへなかに

ミジンコの心臓は背中に、津軽弁ならヘナカにだろう
休眠卵が一対ある。何とも分からない。今は春で、休眠卵で冬を越して発生する時期かと思ったら、
これはすでに親となって休眠卵を作ったのだろう。
脱皮するときに2個を脱ぎ捨てるのだろう。
蚤の心臓よりも、微塵子の心臓とは、凄いたとえだろうが、背中にトクトクと動いている。
e0039759_23363098.jpg





by snowmelt | 2019-03-12 23:37 | Comments(0)
2019年 03月 11日

セッケイカワゲラ二態

セッケイカワゲラは雪の上を歩く、ユスリカや落枝などの表面を食べるというのが普通に見られる。
また、ざらめ雪なら潜るというのと、木に登り地衣類の表面、あるいは胞子かなにかを食べると見える。


e0039759_13445975.jpg

雪に潜るのは東通村小田野沢産で
地衣類を食べているのは大畑町薬研産で次に雄の交接器の写真を載せておきます。
e0039759_22452754.jpg

e0039759_23592071.jpg

e0039759_23592094.jpg

e0039759_23592178.jpg

e0039759_11524577.jpg

どうなっているのか、構造がわからない。

by snowmelt | 2019-03-11 13:45 | Comments(0)
2019年 03月 08日

明日のむつ湾の風景は パート4

明日のむつ湾の風景は  パート4             下北自然学巣  大八木 昭
下北はすでに、こんなにも風力発電事業に協力しているのに
e0039759_23071723.jpg

e0039759_23071333.jpg

さらにむつ湾まで、このようにしようというのか。
e0039759_22343122.jpg


e0039759_22344245.jpg

上が3月8日、今日のニュースだ。
昨日のニュースだったことがが、とうとう県から国へと出されるわけだ。「促進区域」に名乗りをあげるということだ。
e0039759_20042999.jpg

上のように、日本企業が全て撤退を承知の上ででやるということは外資の誘致だ。
事業者がいう『なにが地産地消』なのだ。
どの国の風力会社を入れるのか。すでにドイツ企業と結託していたのだろうか。

農地の中に風力発電を建てることにある程度の規制はある。だが、むつ湾という漁場の中に風力発電を建てることに規制はないのが現状だ。
養殖漁業は漁場で働かなければ食べていけない。
しかし多くは高齢者で、後継者もいないのだから先行きはないと青森県内経済団体などは考えた上で『洋上風力発電適地』といっているのだろう。


by snowmelt | 2019-03-08 23:33 | Comments(0)
2019年 03月 07日

明日のむつ湾の風景は  パート3

明日のむつ湾の風景は  パート3                                  下北自然学巣  大八木 昭 
東奥日報元旦号トップの記事がコレである。
e0039759_19563924.jpg

(金儲けに)膨らむ夢である。
しかし、教授たちは、次のことを知らないわけがない。
e0039759_20042999.jpg

e0039759_20050041.jpg

e0039759_20052855.jpg

それでもつづく。
風力は好条件「ぼーっとしていたら駄目」と
e0039759_20111929.jpg

そしてついに元旦記事の意見の「組み立てや輸送、メンテナンスで雇用機会が生まれる。ケーブルなどの付帯工事も出てくる」のままか「青森経済界は期待、靑森港は風力発電施設の組み立てなどを行う拠点港として整備すべき」との意見である。日本の風力発電事業が日立を最後にみんな生産を撤退したというのにである。
青森経済界は外資企業の誘致を考えているのだろう。
e0039759_20113705.jpg

陸奥湾で発電むつ市長反対とむつ市議会で答弁したところではたしてそうはなるのだろうか。
「景観・漁業への影響懸念」とあるが、許可をする経済産業省は、漁業についての影響は、事業者と地権者漁業者同士の話し合いで折り合いが付けばそれでよく、水産加工業者や商業漁業に影響が出ようが出まいがそれは関係ないという立場である。もしもホタテやナマコが獲れなくなっても風力発電には関係ないというのが経産省と青森県である。むつ市が陸奥湾風力発電事業に対しものが言えるのは、景観だけである。こんな理不尽なことが今の法律でしかない。
青森経済界は外資企業の誘致を考えているのだろうと書いたが、むつ湾の風車に外資企業にだまされてでもセンサーを仕込めば、芦崎へ出入りする潜水艦の動きまで探知され得ない。ファーウェイのような不埒な企業に日本の軍事防衛能力監視の目的に利用されることもあり得る。
津軽海峡に近接の大湊基地にどのような軍事能力があるのか筒抜けになってしまう可能性がないとは言えない。
日本企業が全部撤退というのになぜ、弘前大学教授や青森経済界にいわれるままに青森県は促進区域へ名乗りをあげるのだろうか。


by snowmelt | 2019-03-07 20:47 | Comments(0)