北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 09月 12日

エゾコギセル 再

エゾコギセルは北方系の種だといわれている。だが北海道でまだ私はおめにかかっていない。

本州では
下北半島の西部に見られる。
だが東部にはわずかしか見られない。
津軽半島では北部にすこし。
南に下れば、
八甲田山中でほんのわずか。
白神山地の中は見ていないが、白神山地のやや北でほんのすこし。
秋田県の山地ですこしぐらいしかしられていない。
とまあ、北方系の分布だ。
この写真は、エゾコギセルの年月をあまり経ていないもの。でも1.5年以上は経っているだろう。
e0039759_22493483.jpg

年を経ると次のようにきれいな色調になる。
e0039759_2250473.jpg

レッドデータブックにいれてあるが、いつのまにか消えるかも知れない。
大きな木が倒されれば致命的だ。
地球規模の温暖化の影響だって受けてしまう。
逃げるところはないのだから。ホッキョクグマと立場は同じか。
e0039759_2257365.jpg

青森県下北半島産2007.09.09撮影

by snowmelt | 2007-09-12 22:57 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< タマゴタケ      ヤマキサゴ 再 >>