北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 07日

明日のむつ湾の風景は    パート2

起きてみたら、いつの間にかふたつの風車が立っていた。これは夢か。---2018年10月に書いた記事のパートⅡとして。下北自然学巣 大八木 昭
いやいや、これは夢ではなさそうだ。
e0039759_11355325.jpg

これが手始めで、誰からも文句が出ないなら、陸奥湾をすこし、これらで埋めてみようか。
e0039759_23040082.jpg

e0039759_21333640.jpg

こうなるのは近いうちだろう。さらに埋め尽くそうか。
陸はもうこんな具合だ。
貧乏県の象徴みたいだ。
たとえばむつ市の平均所得(H23)は221.8万円です。
隣の東通村の平均所得は285.2万円。
横浜町は197.5万円
野辺地町は208.6万円
平内町は182.6万円
風間浦村は182.6万円
六ヶ所村の平均所得はこの辺ではダントツ高い。1170.8万円。日本原燃があるからだろう。
NHK職員の平均所得は1600万円を超えると云われていますね。
見もしなくても、つまらん芸人を多用したり、印象操作をしまくり、フェイクを流しても、300万円に満たない所得家庭から受信料をふんだくり、それで年収1600万円超えとは。
NHKは受信料の値下げをうん百円考えてみますとか、アホくさ。
{ 追記2018.11.27 NHKの受信料値下げ発表、月額35円の値下げだと・ハッハッハッ}

沢山立ち並ぶ風力発電の電気料は、ふえるごとに東北電力の電気料金で徴収されて、陸奥湾住民が電気を使わない分まで勝手に負担徴収されているのですよ。
貧乏県民から、金を巻き上げてなにが、「より、そう」とか意味のわからないCMを流しているのか。
東北電力は競争相手がいないのになぜCMをテレビで流すのかギモン。
日本の電気料金はアメリカの2倍以上だ。
e0039759_13480038.jpg

送電線の長さは2分の一にも満たないのに何故高いかというと、独占だから高い料金にしてもいいのだ。どこか別のところからもらうことができないので諦めて為すがままにされている。
電力会社がたんまり儲けているのは独占だからだ。
さらに再生可能エネルギーを東北電力が買わなければならないにしても電気料金を上げればいいだけのこと。電気料金は上がるだけ。
もう一度書こう。
貧乏県民から、金を巻き上げてなにが、「より、そう」とか意味のわからないCMを流しているのか。
金が余っているから、無意味でも、広告料にでも使おうと言うのだろう。
「より、そう」とは、決して地域や住民に「寄り添う」という意味ではないよ、ちゃんと「 、」で分けているのだから。「より、そう」否イコール「よりそう」です。
e0039759_00031496.jpg

e0039759_00030876.jpg

e0039759_21270420.jpg

この山を貸すだけで数千万の金が地元土地所有者に支払われるそうだ。しかし、一軒あたり十万円/年ぐらいだそうだ。
風車の影響などでているのかどうか知るよしもない。
この数年、南の魚が獲れるようになったのは、海流の勢いを弱めているせいだとは言い切れないだろう。風のエネルギーを風車が獲るのは紛れもないのだから、風車の下手の風が強まることはありえない。風車の下手の止水なら温度が①上がるか②下がるかどっちかといえば②はあり得ないだろ。
今まで獲れていた魚が獲れなくなって、獲れなかった魚が獲れだしたのでトントンなのか。

むつ湾に風車を建てた場合潮流は①速くなる②遅くなる。どっちはありえないか。
むつ湾に風車を建てた場合海水温は①上がる②下がる。どっちはあり得ないか。
むつ湾に風車を建てた場合ホタテ養殖は収量が①上がる②下がる。どっちはあり得ないか。
これらむつ湾の環境と漁業のことは、青森県庁ではどの部署でも、議論してはいけない仕組みになっているのが、いまの青森県なのです。

貧乏県は狙われる。

by snowmelt | 2019-03-07 18:43 | Comments(0)


<< 明日のむつ湾の風景は  パート3      春を告げるゴジュウカラの鳴き声 >>