北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 24日

ハシボソガラスとくるみ割り

ハシボソガラスのクルミ割りは下北では何処でもみられるようになった。 下北自然学巣 大八木 昭
むつ市内では、45年前は限られた場所、今、サンデーのあるところが最初で(津久井先生に教えてもらった)、次にむつ病院駐車場でしか見られなかったと思う。
それが、落とすだけでなく、車に轢かせる技が広がったと思う。

2014年10月には走っている私の車にめがけて、ハシボソガラスはクルミを落としてくれた。
クルミの尖った方が下をむいてたのだろう。へこんでしまった。
e0039759_22543463.jpg
実際すこしのようだが
e0039759_22542805.jpg
見方を変えると大きくも見える。

この動画のハシボソガラスは今日の東通村のもの。すでにクルミは割れていたので、誰がやったかは知らない。
少しでも、中身をちゃんと食べて飛び去った。


e0039759_09261594.jpg

e0039759_09262065.jpg

e0039759_09262807.jpg

e0039759_09263359.jpg



by snowmelt | 2019-02-24 23:06 | 鳥類 | Comments(0)


<< ツグミの採餌行動は勢いがある      休息するキツネ >>