北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 17日

アカハラの鳴き声が好きだ・名前の由来解説に疑問

アカハラの鳴き声が野山に響くとなぜか心が鎮まる。
北海道の美幌には「「イタカチャ(おしゃべり小父さん)という鳥がいて、これが「パ・ピルカ(今年よい)と啼くと豊漁であり、「パ・ピー」と啼いたら不漁年、「ニショリ・ピルカ」と啼いたら天気が良くなるという」」とコタン生物記Ⅲに書いてある。著者の更科源蔵はいかにもクロツグミであるようだが釧路にも美幌にもいないのではないだろうか。アカハラではないかと思うが、体色は違うか、断定しないでおこうとしている。北海道野鳥図鑑(2004年)には、クロツグミは道東と道北には少なく、根室地方や阿寒地方では繁殖しないとされる。と書いてある。
私は北海道にいて、クロツグミは見たことない。「おしゃべり小父さん」は私の経験ではどうしてもアカハラではないかと思ってしまう鳥だ。
「「野鳥の名前、名前の由来と語源 山渓名前図鑑-安部直哉」には腹が赤いから赤腹。誰でも思いつきそうな、ごく単純な命名。」」とあった。
この解釈にはすこし不満がのこる。
「オニヤンマの名前の由来はホントか」の記事でも書いたが、これと同様に、ごく単純な命名なのでしょうかね。
アカハラ自身はそうではないと思うのが私だ。アカハラが鳴いているときに彼はなにをしているか。
ただただ鳴いているのではないのですね。腰の羽毛を逆立て、頭頂の羽毛も逆立て、尾羽を広げ、そして赤い腹を膨らませるディスプレイをやっているのですよね。
ほら、赤い腹だぞとアピールしているのではないかと思えるのですね。
アカハラは言っている。俺はアカハラだぞと。
(ただ単に)腹が赤いから赤腹。誰でも思いつきそうな、ごく単純な命名。というのが名前の由来ということは、アカハラの生態とアピールをくみ取ってやらない命名だと私は思うけどね。死んだ鳥を並べて、これはアカハラ、これはシロハラとでも言っているように感じるのが不満だね。
e0039759_23361456.jpg

e0039759_23353807.jpg

e0039759_23345432.jpg

e0039759_23352254.jpg



by snowmelt | 2019-02-17 23:41 | 鳥類 | Comments(0)


<< キクガシラコウモリの群れの中を...      イシノミ  bristleta... >>