北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 11日

これから、なにをやるか、なにをやりたいか、

2019年・新年になって10日も経ってから、やっと更新だ。
死んでいたわけではなく、この1月24日(木)にむつ市民大学講座が予定されていて、そのためのパワーポイントpptがやっと昼すぎに出来上がったのだ。
題名は「下北の自然を探る」だ。
対象者は、誰でも聴くことができるが、登録している人はほぼ60才-80才であるとのことで、生物のことは知らないひとが大半だろうから困るのだ。
関心事は「それは食えるのか」ぐらいだろうから困るのだ。
ボケないように、頭を使って聞いてほしいね。一時間経ったらトイレ休憩だとのこと。
pptで話すのは結構難しいものだね。
この前、山形で話をするのにpptに動画を入れてUSBで持って行ったら、そのパソコンでは動画が動かなかったが、実際の姿や鳴き声などはソナグラムなどの図でも表しておいたのでそれほどの支障なくできた。
聞いてくれた人の理解力でカバーして下さった。面白かったと言ってくれたので良かったのだろう。

今度のために、去年の11月に公民館のパソコンで動画が動くかどうか試しに行って来た。動きがぎこちなく、こりゃダメだと感じた。
中央公民館のパソコンはppt内の動画はまずい。
e0039759_16480145.jpg


一応、24日の準備ができたので、さて今年はなにに力を入れようか、が始動しはじめる。いっぱいあるからね。
また、秋田にも山形にも行くよ。北海道にも。時期季節の配分が難しいね。

追記1/11)pptの大幅手直し、ゴールはまだだ。
追記1/14)pptを何十回も手直しした。ほぼいいかな。
追記1/17) pptをさらに何十回も手直しした。公民館のパソコンはpptに最適化できるとの返事でしたので動画もスムーズに動くようになったかもしれない。
動画を極力入れないで作ってしまったのだけれどもね。試験しに行ってきます。
追記1/18)ppt2010の情報・最適化をしたらスムーズに動画が動きました。これでOKです。

by snowmelt | 2019-01-11 16:58 | Comments(0)


<< 百年で北海道は変わってしまった      虎の門サイエンスから >>