北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 23日

フタマタゴケ科 Metzgeriaceae でしょうか

フタマタゴケ科は葉状体の背面は無毛なのは・・・はフタマタゴケ属 Metzgeria でこれらのどれかでしょう。

コモチフタマタゴケ や カギフタマタゴケ や ミヤマフタマタゴケ や コオイフタマタゴケ や ヒメフタマタゴケにはあたらない。

ヤマトフタマタゴケなのかとみれば、「翼部の縁に長毛を密生する」にはあたらない。
ヤマトフタマタゴケは落葉樹林帯以下とあるので分布的にもヤマトではなさそう。

あとは、エゾフタマタゴケ Metzgeria conjugata というのがあるらしいが、これの写真や図版などがわからない、葉状体中肋部腹面の表皮細胞は3-5細胞幅。翼細胞は約60×40㎛。北海道~九州。とあり、ここは本州の東北端ですので分布だけは当てはまる。

とみれば---むりやり エゾフタマタゴケというものなのかと言う気もするが判りません。
e0039759_20582609.jpg

e0039759_20584062.jpg

e0039759_20591932.jpg

e0039759_20593549.jpg

e0039759_21000823.jpg

e0039759_21002973.jpg

e0039759_21004693.jpg

e0039759_21011950.jpg

e0039759_21165015.jpg

e0039759_21015903.jpg

e0039759_21021527.jpg

e0039759_21023264.jpg

e0039759_21025447.jpg

e0039759_21031264.jpg

2018.12.22 東通村・桑畑山

by snowmelt | 2018-12-23 21:04 | コケ類 | Comments(0)


<< またレタッチ練習、ヒストリーブ...      はじめてレタッチ練習してみました >>