北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 20日

トワダカワゲラScopura longa成虫が食うものは

トワダカワゲラ成虫が食うものが見えたと云うだけですが         下北自然学巣 大八木 昭

無翅なのに”羽化”して、交尾して、何も食わずに、産卵してそして死ぬのかと思っていたら

なんと、”羽化”後も食っているじゃないか。
e0039759_15050953.jpg

なんだ
e0039759_15053637.jpg

翅が見える
e0039759_15300185.jpg

e0039759_15063467.jpg

腹もみえる
e0039759_15320234.jpg

e0039759_15074004.jpg

e0039759_15323711.jpg

食われたやつは双翅目ぽいがセキ翅目なのかもわからない、が、羽化しても食すのだ。
トワダカワゲラはメス♀が先に羽化して、後にオス♂が羽化するというが、恐山のは、どうも判らない。
メスが木にのぼって卵の成熟を待って居る間にオスが羽化し、その後、メスが木から降りてくるというストーリィは今回は空振りです。登って行った2個体は写真判別ではオスとしか見えませんでした。
今回のエサ食いはオスです。
石の裏に幼虫が付いていました。
e0039759_23304399.jpg

e0039759_23294390.jpg



by snowmelt | 2018-11-20 15:18 | トワダカワゲラ | Comments(0)


<< トワダカワゲラ Scopura...      羽のないトワダカワゲラ成虫 S... >>