北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 14日

ニクイロシブキツボ 秋田県に行って来ました。

ニクイロシブキツボFukuia kurodai kurodai を探して、やっと見つけました。            下北自然学巣 大八木 昭

昔の同窓生秋田と宮城二人のそれぞれの案内で、ずっと見たかったニクイロシブキツボを二ヶ所で、とうとう見ることが出来ました。
一ヶ所は本荘市の山の中でした。
ここにいました。
e0039759_13153410.jpg

これです
e0039759_13154489.jpg


e0039759_13164236.jpg

e0039759_13170807.jpg

もう一ヶ所は鳥海町の山の中でした。
e0039759_13183474.jpg

e0039759_13184370.jpg


シモキタシブキツボ Fukuia ooyagii と言うのがいます。
e0039759_13401196.jpg
下北半島産シモキタシブキツボ
e0039759_13403342.jpg
下北半島産シモキタシブキツボ
最初は亜種 Fukuia krodai ooyagii として発表されたのですがいつのまにか、種にFukuia ooyagii されました。さらに、福田先生は属もちがう、新属をと数年前にポスター発表されましたが、まだFukuia のままです。いま2018年のところ下北半島にのみ生息します。
ニクイロシブキツボの生息環境とシモキタシブキツボの生息環境は実際に見てみると 環境は似てはいるけど、居る場所は極めて違うと感じましたね。
それをこれからまとめていかなければと思います。
オカマメタニシBlanfordia japonica bensoni というのも似た仲間ではあります。
e0039759_13415027.jpg
 オカマメタニシ これは北海道木古内産でした。下北半島にもいます。 

by snowmelt | 2018-09-14 13:42 | Comments(0)


<< ヨシノボリのはらびれ      青森自然誌研究会 ホームページ... >>