北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 15日

北海道産と本州産のエゾマイマイを比較しようとしています。

                                                                  下北自然学巣 大八木 昭
エゾマイマイについては数回記事にしてきたが、グズグズしていないでまとめはじめよう。
まずは投げ入れ生態写真を。
津別
e0039759_22271346.jpg

弟子屈
e0039759_22270815.jpg

木古内桜橋
e0039759_22270273.jpg

木古内
e0039759_22265520.jpg

木古内
e0039759_22264824.jpg

興部
e0039759_22263925.jpg

木古内
e0039759_22263455.jpg

磯谷
e0039759_22262841.jpg

磯谷
e0039759_22262270.jpg

磯谷
e0039759_22261743.jpg

牛滝
e0039759_22261244.jpg

支笏
e0039759_22255964.jpg

支笏
e0039759_22254684.jpg

支笏
e0039759_22253782.jpg

上の磯谷と牛滝が本州産であとは北海道産です。
これからはじめましょう。

by snowmelt | 2018-03-15 22:40 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by 矢野重文 at 2018-05-09 10:23 x
北海道産と本州産を並べてみると面白いですね。
多くの陸産貝類において、津軽海峡成立(約18000年前)以前に分布地域を広げていたためか、津軽海峡はそれほどの障壁に那なっていないように思います。
Commented by 矢野重文 at 2018-05-09 10:26 x
陸産貝類の多くの種は津軽海峡成立(約18000年前)以前に分布を広げていたためか、海峡がそれほどの障壁になっていないように思いますね。エゾマイマイにおいても、殻の上では北海道産も本州産もほとんど区別できませんね。


<< エゾホトケドジョウの系統地理の...      今年はキタホウネンエビは発生す... >>