北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 20日

シマヨシノボリ 下北半島

下北自然学巣 大八木 昭

シマヨシノボリほほにミミズ状の斑紋は1匹目にははっきりしているが、2匹目はちょっとはっきりしない
e0039759_2014443.jpg
e0039759_2015420.jpg




by snowmelt | 2017-10-20 20:02 | 淡水魚類 | Comments(2)
Commented by アオシシ at 2018-05-08 08:55 x
やっと探し当てたんだけど。何が何だか。初めてだからブログもHPも区別がつかないだす。エゾボトケ、移植説が主流だったんだね。植物でもそうだけど、北海道東南部と半島を又にかけた自然分布、ちらほらみかけていたから、移植説にはなじめないな。でも南のランで半島の道路沿いに沿ってのみ繁茂していたやつもいたね。車のタイヤにくっついてきたんだらしい。またあとで。
Commented by snowmelt at 2018-05-08 10:48
どうもどうもやっとでしたか。すみません。またよろしく。


<< サケとヤマメとアユが泳ぐ      サケ・陸から >>