北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 01月 15日

久しぶりに雪の中を歩いた。ユキガガンボを探したのだけれど出ていない。いつもなら見られるはずなのに。
e0039759_19424514.jpg

川の石に積もった雪が坊主のようだ。
e0039759_1944936.jpg

雪がチカチカと光っている。細かい結晶が斜めに刺さっているため反射しやすいのだった。
いつも見ているはずなのに今日はやけに光って見えた。
e0039759_19471927.jpg

e0039759_19483638.jpg


by snowmelt | 2006-01-15 19:49 | 風景 | Comments(1)
Commented by underwaterlife at 2006-01-15 23:35
今年は下北も雪が多くて驚きました。あ,きもpです。今年もよろしくお願いいたします。先週は失礼いたしました。ぜひ2月に新年会しましょう。
雪の結晶,おもしろいですよね。僕はむつで初めて雪の結晶を「肉眼で」見ました。こんなに大きなものかと驚きました。中谷宇吉郎先生の雪の結晶の話を思い出しますが,上空大気の気象現象と密接に関係しているのですよね。一度だけダイヤモンドダスト(これは日本語ですが)をむつで見ましたが,それはそれは奇麗でした。休日出勤してよかったと初めて思った瞬間でした。


<< ノウサギの足跡      ユリカモメ >>