北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 21日

チャコウラナメクジ 大間町

チャコウラナメクジでしょう。
e0039759_1929382.jpg
e0039759_19294557.jpg
e0039759_19295418.jpg
e0039759_193062.jpg
e0039759_19301627.jpg

動画です


by snowmelt | 2016-09-21 19:31 | 陸産淡水産貝類 | Comments(3)
Commented by 矢野 at 2016-09-22 16:32 x
チャコウラナメクジ(Lehmannia valentiana)だと思いますが、東日本にはニヨリチャコウラナメクジという別種のナメクジ(Lehmannia nyctelia)が生息しているとのことですので、それかも知れません(写真を見る限りにおいては、ニヨリチャコウラナメクジに近いようにも思います)。詳しくはインターネットで検索してみてください。ニヨリチャコウラナメクジを見たことがないので、曖昧な回答になってしまいました。
Commented by snowmelt at 2016-09-22 19:41
矢野先生、ニヨリチャコウラナメクジの写真では2筋の暗側帯は間隔が広く尾端でも幅広のままに感じます。といってもチャコウラの暗側帯とも違うような感じですね。ニヨリは移入種ということですね。これは大間町にいたのですが、初めて見ました。
Commented by 矢野 at 2016-09-23 20:14 x
ニヨリチャコウラナメクジですが、インターネットで検索しても、種々の写真が掲載されており、どの写真の個体が典型的なタイプなのか分からないのです。原記載を調べないと何とも言えないようです。
私が普段見ているチャコウラナメクジと比較して、少し感じが違うように思えたので、上に書いたような回答になりました。


<< ナメクジの生息湿地      カイエビの一種の脱皮後の交尾 >>