北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 09日

夏の暑い日はカタツムリも

ヒダリマキマイマイが水辺に来ていました。

日本中猛暑日、危険な猛暑日と騒いでいます。

ここは山の中、それほど冷たい水ではないけれど流水なので避暑にはなるのでしょうか

11時頃なのに、見たときにはこういう状態で活動中でした。
e0039759_21292294.jpg
e0039759_21293178.jpg
e0039759_21294152.jpg




by snowmelt | 2016-08-09 21:32 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by 矢野 at 2016-08-25 09:52 x
まったく暑い日が続いています。カタツムリも涼を取っているのでしょう。
今年は例年になく、四国にはまったく台風が近寄ってきません。1951年の観測以来今年で6例目なのだそうです。
そのあおりで、今年の暑さは異常です。高知県の早明浦ダムの貯水率が日々減少しており、近日中に第一次取水制限に入りそうです。
Commented by snowmelt at 2016-08-25 10:25
北海道は水があふれていますね。これから行こうと思っています。御地は渇水ですか。どちらも大変ですね。


<< ヒキガエルも水辺と水中で避暑      ウソは嫌だね下北ジオパーク構想... >>