北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 15日

新聞記事の誘導幻惑読者はどれくらい?

朝日新聞、朝日出版アサヒカメラはウソ捏造で見なくなり、東奥日報は偏向だと思ったから取らないで、河北新報にしてみたが、やはりここもしょうがないかと判断せざるを得ないな。
なにか、いいのはないのだろうか。

「地球温暖化」ということばで読者をどういう感覚に導いてきたろうか。
ここ、一ヶ月の河北新報の記事で、どういう誘導をしようとしているかが結構はっきりしている状況を見て取れた。
まずは次の記事
e0039759_10403651.jpg

よく読めば未来2000年以降つまり人間が生きていて西暦4000年以降、ずっとこの調子で気温上昇が続いたとして、今の人口がそのまま、その土地にいるとしての計算で、何億何人のひとが住んでいる土地がなくなるという数字であるのに、
まさに、津波で何億何人が呑み込まれると思わせているかのような記事だ。
そのあと出た次の記事
e0039759_10513314.jpg


産業革命以後くっきりと1度上がったと英気象庁が発表だと。
抱き合わせで、温室ガス削減への記事。

そして次の記事
e0039759_10564110.jpg


日本最大規模のメガソーラー、六ヶ所村はすごいだろうとの記事
四国の面積のすべてをソーラーで覆い尽くせば、関西の電気を幾分かまかなえるらしてが、六ヶ所村を全部覆い尽くしてもだめでしょう。ソーラーで光と熱を奪われて六ヶ所村は寒くなるかな。

そして、次の記事これはメガソーラーの記事につながって居ました。
e0039759_113899.jpg

これまで見れば河北新報はどういう誘導をしているか分かるでしょう。

時を同じくしてというか、これらの記事が出る前には
産経ニュース、テレ朝ニュース、その他では
e0039759_1154160.jpg

e0039759_1164426.jpg

e0039759_1177100.jpg

とあの『ツバルが沈んでいくと大ウソ報道』をしたNHKまでが南極の氷は増えていると放映している。

海水面が上昇するのは、グリーンランドと南極の氷が溶けて水にならなきゃならないのに地球平均気温が4度上がったくらいではマイナス25度くらいの南極の氷床はとうてい溶けるはずはなく、NASAが観測したように増え続けているのだから、
西暦4000年以降に地球平均気温25度以上くらいになってそこに人がすみついているとしたら海面上昇が8.9メートルで、6億2700万人が暮らす?土地水没という記事だということが分かるんだけどな。

メガソーラーや風力を手放しで肯定させようという誘導記事の構成だと判断します。

by snowmelt | 2015-11-15 11:19 | Comments(0)


<< 年賀      オオタカ次列風切羽 >>