北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 30日

コシタカヒメモノアラガイ・六ヶ所村産

コシタカヒメモノアラガイは「ヨーロッパ原産の外来種と考えられるが、在来も否定できない」(ピーシーズ・日本産淡水貝類図鑑)とある。

外来もあり、在来のものもあったと言うのではなかろうか。

北海道弟子屈町鐺別川の上流水源地につづく林地のなかで見つけたことがあるがどう考えても放牧や草地改良など考えようもないところ。

青森県下北半島林道脇の湿地で放牧、草地改良は考えられないところ。

青森県下北半島杉の森林地内の雪解け湿地の中など、こんな所にどうやって外来種がきたのかどうにも考えられない。

上の3つは在来ではないだろうかとかんがえてしまう。


次のは青森県六ヶ所村のドロドロ底のヨシの湿地300メートル以上を埋めて埋めて岩を投げ込み礫を投げ込んで、膨大な量とお金がかかっていそうだが、(六ヶ所村は金が有り余っているのか、公園という看板はあるが利用はしていない)、人が入っても沈まないようにした元湿地の沢にいた。沢と云うより岸辺にたくさんいた。

六ヶ所村には日本原燃関係でフランス人が来ていたようだが、コシダカを連れてきたろうか。

モノアラガイという名前だが、今の時期は水の中より陸上に上がりたがっている。ほとんどは陸上生活ではないだろうか。モノアラガイモドキとでもいえないだろうか。
e0039759_14495265.jpg
e0039759_1450516.jpg
e0039759_14502238.jpg
e0039759_14503966.jpg
e0039759_14505468.jpg
e0039759_1451816.jpg
e0039759_14512388.jpg


2015.06.29 六ヶ所村産

昔はコシガカモノアラガイという名前だったかと思うが、ダカではなくてタカとなり、ヒメまでついたがよくわからない。

by snowmelt | 2015-06-30 14:52 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< ナガオカモノアラガイ・六ヶ所村産      ザリガニとスジエビの卵のつく位置は >>