北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 26日

ヒメヒラマキミズマイマイGyraulus pulcher 東北町産

ヒメヒラマキミズマイマイはいたところで、いつも見られると言うわけではない。

沢山いたところでもいくら探してもみつからない。東通村でもむつ市でもいつもは見つからない。

今日は東北町で偶然にみつけた。たった4個体。1個体はどこかに消えた。

e0039759_0263163.jpg

 


by snowmelt | 2015-06-26 00:28 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by 矢野 at 2015-06-27 16:19 x
今までの経験では、そのような環境があまりないので、見つけることは少ないのですが、休耕田等の湿田において、ミズコハクガイやナタネキバサナギガイとともに見つかることが多いようです。
Commented by snowmelt at 2015-06-27 21:35
矢野先生コメントありがとうございます。
これは湿地と水田の縁にいました。
東通村とむつ市のヒメヒラマキミズマイマイは耕作地があたりにはない池沼湿地内におりました。
ナタネキバサナギガイはまだ1箇所でしか見ておりませんが、こちらは耕作地の全くない沼・湿地の縁でした。


<< ヒメモノアラガイなのか一種なのか      マダニのトゲトゲくち >>