北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 30日

下北にも春がくるか。雪解けです。



これを見たのが2,3日まえ

ところが、3月30日夕方からまたまた雪が積もるほど降ってきました。

さて、『雪解け』の『解け』と雪がとけるのとけるはどうもちがうのでは、固体がとけるは『溶ける』と『融ける』なので雪が溶けるのはいいのでしょう。

でも『解ける』には固体が液体になるとけるの意味はないようです。

では『雪解け』の解けるはといえば、『なくなる』という意味なのでしょう。

わたしのネーム snowmelt を辞書で見れば、『雪解け水(が生じる時期)』ウィズダム英和(三省堂)、『1雪解け 2融雪水,雪解け水 3融雪量』ランダムハウス英和(小学館)となっていて、とけたけ結果の『水』のほうに主眼がありそうに思われました。

by snowmelt | 2014-03-30 23:53 | 風景 | Comments(0)


<< 青森県のフクジュソウ満開      春の津軽海峡海岸 >>