北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 24日

大八木進化論 解説10

誰が大八木進化論を理解できるかの想像                    下北自然学巣 大八木 昭

大八木 昭の進化論とは次のものです。

 『進化とは個体増殖様式の差異がすすめる現象である』 
The evolution is the phenomenon that the difference of the individual increase style pushes forward   ・・・・・・・    大八木の進化論

                                            2013.12.19 青森県むつ市
補足.
・徐々に生殖隔離をおこすものは同所的種分岐をしうる。
・突然に生殖隔離をおこすものは発生の地点は同所的であるが、その地点は消失している。分布は重ならない。

「ダーウィンが今いたらわかるんじゃない」

ダーウィンはおしかったね。

生物進化の問題にしたら、100てん満点にしたら70点いや85点あげるね

『せんせいは何処をみてそういう採点をするの』

また解説か答案用紙にかいといたから。

『なんて』

ダーウィン君

『???せんせより先輩になんてこというの。親は敬えって、先輩は敬えって、おじいさまは敬えって、それがこれから導入される道徳でしょ、それが足りない、象徴天皇を尊敬しなさいと』

どこに、俺がダーウィンを尊敬していないと云っている。

俺は、ダーウィンの前に同様でありちょつとちがうアーウインの進化論がでていたらダーウィンの点数は90点ぐらいになっていたと思うんだ。

つまり、2013年12月24日今日のおークリスマスの日イブイブイブ

の時点で大八木昭の進化論を書いたものが採点すればというのは、

もう一度云うよ、ダーウィンは一つの論をイギリスで書いたのだ。

俺はこの論を知った、そのうえでいろんな人が進化論といっている。

その上で、大八木の進化論がて゛きたのだから、ダーウィンの進化論みたいなのがなかったら俺の進化論はなかったというんだ。

でその上で、俺が採点するとしたら多くて85点だというんだ。

俺はもんだい採点者としてみれば85点

問題を問題としたのはダーウィンなんだよ。

ただし、だーうぃんは生物の進化はあるのではという命題に気づいて自分で作だいしたのさ。

俺のは生物の進化に限らずに進化と云うことを命題とした問題作成者であり解答者なのだ。



孫がきたので中断するなー

このまえ2歳の孫とおっかけっこをして、まてーとハイハイでおっかけたらテーブルに頭ぶっつけてたんこぶできていまもいたいんじゃ。

ダーウインはガラパコゴス諸島に行って色々動物をみた。なぜこんなにいろいろな種がいるのか

by snowmelt | 2013-12-24 09:22 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< 大八木進化論 解説11      大八木進化論 解説9 >>