北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 04日

本州のエゾマイマイ 2

本州のエゾマイマイにつづき、本州のエゾマイマイ 2の動画です。

コメントに書いておいたのは次です。

動画・本州のエゾマイマイと本州のエゾマイマイ 2 の確認場所は約20キロ離れています。

人為分布ではないでしょう。

海流に乗ってきたとも考えにくいところです。

私にとっては興味深いところです。



e0039759_22115171.jpg
e0039759_2212362.jpg
e0039759_2212155.jpg


by snowmelt | 2013-11-04 22:12 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by 矢野 at 2013-11-05 21:30 x
私も、エゾマイマイの下北半島における分布は自然分布だと思っています。それは津軽海峡ができる前から分布していたのだと思います。
Commented by snowmelt at 2013-11-05 22:19
そうですよね。ニホンザリガニやミズシタダミやエゾホトケやエゾコギセルやハコダテヤマキサゴなどがいたり、ヒグマやトラやアオモリゾウ(ナウマンゾウの一種)の化石がでたりしているのですから状況証拠からは、陸続きであったときがあったと考えていいと思うのですが、津軽海峡ができてからは、ウルム氷期でも陸橋ができたという証拠はないらしいのですが、それ以前はつながっていたということも証拠がないということなので、なかなかわからない世界だと思っています。


<< 青森・下北のアイヌ語地名 津鼻崎とは      カタツムリたち2 >>