北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 20日

青森・下北のアイヌ語地名 恐山 という山はない

「おそれざん」にいると、

観光客に聞かれることのひとつに「恐山はどの山ですか」という問いがある。

恐山という山はない。

ついでにいうと宇曽利山という山もないのである。

「恐」と「宇曽利」は全く別物のアイヌ語由来のことばなのだ。

「恐」は昔は「於曽礼」と書かれた。「宇曽利」は昔も今も「宇曽利」のままである。

 「於曽礼」は跡形のことである。
 「宇曽利」は入江のことである。

これは大尽山頂からみればわかる。宇曽利湖のかたちを見ればよくわかる。

大尽山から北の方角を見てみよう。

e0039759_10333525.jpg


もうちょっと右を見て

e0039759_10342023.jpg


そこには尻餅の跡があり、そこに水が溜まっているのが。

アイヌはそれを見てなんと云ったか。

『osor-kot オそルコツ(オしヨルコツ) osor は「尻」kot は「くぼみ」尻餅をついた跡のくぼみの意。各地にOsorkochi[オそルコチ,オしヨルコチ]という地名があり』地名アイヌ語小辞典(知里)とある。

osor-kot あるいはosor-kochi が「於曽礼」になったと判断する。

e0039759_10411883.jpg


湖の跡形が「於曽礼」なのである。「於曽礼」のある、海や村に対しての山が「於曽礼」やまと言い伝えられたのだと。

現代の人はオソレザンというが、昔はオソレヤマと云った。あるいは単に、おやまと云った。


「恐山」という字面は観光・信仰ビジネスには都合がいいものである。

ただし、晴れわたった山から眺めて地名につく恐ろしい処などどこにあるというのか。

闇の暗さが恐ろしいというのであれば、その地がどこか明確ではなく、地名としては意味をなさない。


青森には八甲田山という山がないように、恐山という山もないのである。

もともとは、オソレのある山手であったのである。

だから、昭和あたりの五万分図には「大盡山」の腹あたりに「恐山(宇曽利山)」と印字としていたりしていたが、

平成の五万分図では、湖の左あたりに「恐山」としか書かなくなったのである。


つづく

(10月13日 東北アイヌ語地名研究会・下北研修会での発表内容 をまとめています)

by snowmelt | 2013-10-20 10:57 | アイヌ語地名 | Comments(0)


<< 青森・下北のアイヌ語地名 宇曽...      ムツヒダリマキマイマイなんだけど >>