北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 31日

自然観察に最適な双眼鏡,その2 (ルーペ代用)

2007年12月に「自然観察に最適の双眼鏡」という記事を書いた.
PENTAXのPapilio 6.5×21というもので,今もその考えはかわらず,使っている.

40年くらい前に読んだ本の中に,双眼鏡をルーペ代わりに使う方法が2,3行書いてあった.

先人の工夫をいただいて,

時折「双眼鏡はルーペにもなるんだよ」とフィールドで教えたりしたこともありましたが,

このブログを訪れてくれた,自然観察初心者さん,に書いておこうと思います.(先人の知恵を伝えなくてはね)


1.双眼鏡を普通とは逆にもちます.
e0039759_20544649.jpg

2.接眼部分を見たいものに接近させます.
e0039759_20555781.jpg

3.そして,覗けばいいのです.
e0039759_20564156.jpg

ただこれだけです.

ここまでが40年以上前の先人の知恵です.

そして,ここからはデジカメが出来てからこそ,簡単にできるようになった技法で

コリメート撮影法というのです,

これは,望遠鏡でも,顕微鏡でも,接眼レンズにカメラのピントをほぼ無限遠にして(オートの方がいいときも,マニュアルのほうがいいときもあります)レンズを押し当てて撮せばいいだけなのです.
ルーペ代わりの双眼鏡は,なかなか光軸はあわせにくいものですが
e0039759_2163889.jpg


覗けばこうなって見えるのです.

e0039759_2181736.jpg

定規の下の指紋も見えるでしょう.
e0039759_2195248.jpg

距離をかえて1mmをみると
e0039759_21112816.jpg

ゆがみはもちろんひどいです.
e0039759_21123046.jpg

でもルーペとして使えることがわかるでしょう.
e0039759_2115784.jpg

40年以上前の先人の知恵プラス,現代の知恵をプラスしてみました.

ルーペを忘れたとき,接写マクロレンズを忘れたとき,

応急処置として,ふたつをくみあわせる方法は,私の工夫です.

by snowmelt | 2013-03-31 21:22 | Comments(0)


<< 自然観察アイテム・ルーペとピンセット      蜂に擬態した蛾・キタスカシバ ... >>