北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 21日

ハコダテヤマキサゴ 阿寒町産

小さなもの,ほぼ10mm以下の深度合成がうまくいかない.どうしたらよいのだろう.
このハコダテヤマキサゴは殻径5mmで,深度合成でずれてしまう.
こまったものだ.
深度合成でないものをまずのせてみます.
e0039759_22592873.jpg
e0039759_22594270.jpg
e0039759_22595568.jpg
e0039759_230730.jpg
e0039759_2302553.jpg

つぎに合成写真
e0039759_2312352.jpg

さっそくarisuabuさんにおしえていただいたのをためしてみます.こんな風になりました.
e0039759_016172.jpg

ずれがみえなくなりました.
e0039759_2314694.jpg

これもやってみましたら
e0039759_0381836.jpg

となりました.
さらに,上の単しゃしんよりも
e0039759_038586.jpg
e0039759_0391763.jpg

などとなりました.
2010.09.16釧路市阿寒町で採集のハコダテヤマキサゴです.
arisuabuさんありがとうございました.

by snowmelt | 2013-03-21 23:01 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by arisuabu at 2013-03-22 20:38
深度合成は微小甲虫で試しており、いずれ陸貝でも・・・と思っていましたが、先を越されてしまいました。
ソフトはCombineZPをお使いのようですが(僕もこれです)、あれには位置のズレを補正する機能がありますので、それをまずやってから合成すればズレは無くなるのではないかと思いますが・・・。
「Align and Balance Used Frames (Quick)」というのが、その機能です。
ご存知かもしれませんが、お節介までm(_ _)m
Commented by snowmelt at 2013-03-22 23:53
arisuabuこんなものをみた2さん,知りませんでした.ありがとうございます.やってみます.


<< ケシガイ 阿寒町産      北海道弟子屈町産エゾマイマイ深... >>