北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 21日

ナタネキバサナギガイ

ナタネキバサナギガイをほんとに久しぶりに見つけた。

キノコの上にいたので、てっきり生きていると思ったのですが、なんと死殻でした。中に虫が入っていたので少し前までは生きていたのでしょう。

でも、見ての通り小さな陸貝です。

e0039759_2356177.jpg
e0039759_23563419.jpg

e0039759_23572035.jpg

e0039759_0143499.jpg

e0039759_0181093.jpg

5個とも死殻でした。なんと言うことか。

by snowmelt | 2012-10-21 23:59 | 陸産淡水産貝類 | Comments(3)
Commented by 矢野 at 2012-10-23 08:43 x
死殻といっても、茶褐色の透明な殻の光沢がすばらしいですね。
私も、今年の春、久しぶりに徳島県阿南市の湿田で見つけました。
ヒメヒラマキミズマイマイやミズコハクガイと一緒に生息していました。
Commented by snowmelt at 2012-10-23 13:30
矢野さま、昨日(22日)、生きたのを探してみました。いました。こちらの環境は沼の上部の湿地で細流があります。スゲ、ヨシ、などの中にハンノキがぽつぽつはえていて、その幹に登っていました。

今日は雨に曇りです。明るくなったらビデオと写真を撮ろうと思っています。生貝のすがたもアップします。

今年の8月9月はスカシバガ(蛾)の非常に面白いのを見つけてしまい、それにずっと引きつけられていました。貝もやっていない訳ではなく、
下北のエゾマイマイ?の生息している場所確認も1地域から3地域に増えて偶産ではないように思えています。北海道のエゾマイマイと比べればあまりにも小型ですので気にしています。

Commented by 矢野 at 2012-10-23 22:08 x
下北半島のエゾマイマイは小型であるとのことですが、
DNAを抽出して、遺伝子解析すると相違が出るかも知れませんね。
私は、全国のムシオイガイか貝類の全ての種を採集し、遺伝子解析
したいと、毎月採集に出かけております。未記載種も含めて、全国に
約50種・亜種生息しているのですが、現在28種・亜種採集しました。
(来月早々に2種追加する予定です。)
そのうちに、下北半島にも参りたいと思っていますので、その時には
ご助言よろしくお願いします。


<< メダカ       ヤマブシタケ >>