北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 07日

冬-恐山への道

12月から4月下旬まで、恐山への道は閉鎖される

恐山から流れる正津川方面から行ってみる
キツネ、ウサギ、リス、カモシカ、オコジョかそれくらいの大きさの獣、
ネズミなどの足跡が見える。

カモシカが逃げていく。
e0039759_2218517.jpg


次のはネズミの足跡だ
e0039759_22191389.jpg




e0039759_2226296.jpg

お地蔵さんは埋もれている。

by snowmelt | 2012-01-07 22:43 | 風景 | Comments(3)
Commented by しぐま at 2012-02-05 23:12 x
こんばんは。
私も雪上アニマルトラッキングの真似事をしてるんですけど、動画に撮ると白飛びして雪面の微妙な凹凸や肝心の足跡がどうもイメージ通りに写りません。
前のカメラには雪景色モードというのがあったのですけど、今使ってる機種は相性が悪いのかなー。
もしかして偏光フィルターを買ってレンズに装着すれば改善しますかね?
良い知恵をもしご存知でしたら教えて下さい。
カメラの設定をマニュアルで少しいじればうまく撮れそうな気もするんですけど、恥ずかしながらカメラの設定はいつもお任せモードなのでよく分からないのです。
先日は冬毛のノウサギが逃げていく姿を初めて目にして、これが「脱兎のごとく」なのかと感激しました。
Commented by snowmelt at 2012-02-06 22:17
白飛びするのは、光を入れすぎるからということが考えられますね。そこで+/-印のプラスマイナス補正があれば、そこを-の数値の0.7とか1.0とかにすれば光の量を入れなくするので、白飛びはなくなると思います。ためして見て下さい。
Commented by しぐま at 2012-02-07 19:37 x
アドバイスありがとうございます。
カメラの説明書を探して試してみることにします。
ヒトも偏光サングラスをしないと雪目になりますから、もしかしてカメラも…と思ったのでした。


<< 雪上歩行昆虫 クモガタガガンボ      寒立馬(かんだちめ) >>