北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 11日

オオウケマイマイ 毛の生えたカタツムリ動画

オオウケマイマイは大受けするまいまいではなくて、奥羽(おうう)地方の毛マイマイでしょう。

なぜおおうなのかおーうを書いて表したのではないでしょうか。わかりません。

昔、私の名前のふりがなを「おうやぎ」と書いてくれた恩師がいました。

下北半島では見つけられないひとつ、オオウケマイマイです。
津軽半島の根元、五所川原市の北の方でみつけました。


十和田市、青森市、岩崎村では採っています。
e0039759_15593656.jpg
e0039759_1602100.jpg
e0039759_1602268.jpg
e0039759_1603791.jpg
e0039759_161093.jpg
e0039759_1611858.jpg

2011.09.09 五所川原市北東部にて



e0039759_12124376.jpg
矢部さまありがとうございます。
岩手県の南部住田町でひろった死殻ですが、のせておきます。
大きさは16mmくらいでしょう。
e0039759_12131190.jpg
e0039759_12134985.jpg
e0039759_12141181.jpg
e0039759_12143218.jpg
e0039759_1215399.jpg


by snowmelt | 2011-09-11 16:02 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by ants at 2011-09-11 22:44 x
ありがとうございます!!会いたかったんですよぉ!
名前の件、奥羽(おうう)じゃなくてオオウにしちゃったのが茶目っ気があるみたいでなおのこと好きです。
先日裏庭にヒダリマキマイマイの子供達がいました、見守ります。
Commented by 矢野 at 2011-09-12 06:31 x
亜成貝ですが、毛がよく保存されて、とてもきれいな個体ですね。
すばらしいです。

ところで、関東以西にはオオケマイマイが分布して
いますが、大きさの相違以外には区別点が不明瞭です。
東北地方のオオウケマイマイは殻径が約1.5cm、関西以西の
オオケマイマイは殻径が約2.5cm、私が所持する神奈川県の個体は
殻径約2cmです。

両種の混生地があれば、考えは変わってくるのですが、
どうも、オオウケマイマイは、オオケマイマイの
小型の地方型のような気がしています。


<< ヤマナメクジの鼻の穴 動画      岩木山神社 >>