北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 03日

コモチカワツボ 外来種巻き貝北海道十勝川

コモチカワツボは

「日本では1990年に三重県桑名市で初めて見つかり、現在は16道府県で生息が確認されている。」

との記事があります。分布する県を赤で塗りつぶしているため、北海道は大きく真っ赤で、

全域に分布しているように見えます。どうなのかは知りません。

でも、北海道ですくったアミに関西の魚がたくさん入ったのにはまいりましたね。

生態系の攪乱は日本全土なのでしょう。強いコモチカワツボは推して知るべしでしょう。


コモチカワツボの記事を青森県十二湖(じゅうにこ)2005-8-14ここをクリック、田名部川(たなぶがわ)2010-9-2ここをクリック、

小川原湖(おがわらこ)2010-9-3ここをクリツクとのせてきましたが、北海道の十勝川(帯広市付近)のせてみます。

青森のものより少しおおきく、顔は整っています。オスはいないと言われていますので、

青森のものより美女に見えます。

e0039759_21294669.jpg
e0039759_21301718.jpg
e0039759_21303192.jpg

e0039759_21312514.jpg
e0039759_21314589.jpg

e0039759_2132742.jpg


でも、青森県黒石市(くろいし)付近のコモチカワツボらしきものは、もっと美人そうです。

by snowmelt | 2010-09-03 21:34 | 陸産淡水産貝類 | Comments(2)
Commented by sidatami at 2010-09-13 20:32 x
北海道にもいる貝なのですね!
旭川にはいないと思います。
Commented by snowmelt at 2010-09-20 19:45
sidatamiさん、こんばんは。
6日間、北海道に行ってました。函館-帯広-阿寒-美幌-弟子屈-美幌-帯広-厚沢部-函館のルートでした。
故郷は変わりすぎていました。結構な川にウチダザリガニがいたのにはびっくりでした。


<< カワアイサの雌は強いYouTu...      コモチカワツボ 外来種巻き貝青... >>