北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 03日

コモチカワツボ 外来種巻き貝青森県小川原湖

小川原湖はもともとはアイヌ語でオ・カラあるいはオ・カル だったのだろう。

それがオガラになって、おがわら湖になったのだろう。

だから、こがわらこでもいいとは絶対に言えない。

近いところで東通村の小田野沢の小をどう読むか。こちらはコタのさわが本当だろうな。

小川原湖にもその流入河川にもコモチカワツボはいますがその写真です。
e0039759_16414754.jpg
e0039759_16423458.jpg
e0039759_1643248.jpg
e0039759_16433019.jpg
e0039759_16435410.jpg
e0039759_1644818.jpg
e0039759_16443312.jpg
e0039759_1645150.jpg
e0039759_16451738.jpg

次に北海道帯広の十勝川のコモチカワツボをのせてみます。
顔つきは小川原湖の方がちょつとおちるかなと思っています。

by snowmelt | 2010-09-03 16:47 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< コモチカワツボ 外来種巻き貝北...      コモチカワツボ 外来種巻き貝 ... >>