北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 03日

コモチカワツボ 外来種巻き貝 YouTube動画

コモチカワツボについては2005.8.14の記事(ここをクリックしてみてください)に書いてありますが

先日、コモチカワツボが

青森県八戸市のせせらぎ水路に大量発生したと報道されています。

せせらぎ水路とは、ビオトープなのでしょうかホタルの養殖水路らしいですね。

昔は養魚場に発生すると云われていたのに、

この頃はホタルを見ようというビオトープに発生するようになりました。

ホタルの餌のカワニナの小さいものとまちがえてビオトープに入れてしまったからでしょうか。

せせらぎ水路にしかいないのであれば、ビオトープをつくろうとした人たちが

コモチカワツボをもちこんだということでしょうね。

青森県の湖沼や河川にはもはやコモチカワツボはかなりいます。

びっしりと敷き詰められているところもあります。2005.8.14のは青森県十二湖のものです。

青森県東通村、田名部川のコモチカワツボの動画をのせておきます。

黒い粒々はだいたいコモチカワツボです。どれほどの数がいるかはわからないですね。



追加記事1 2010-9-3ここをクリック
追加記事2 2010-9-3ここをクリック

by snowmelt | 2010-09-03 00:12 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)


<< コモチカワツボ 外来種巻き貝青...      フサカの幼虫がミジンコを捕らえ... >>