北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 07日

キタホウネンエビ 動画3

今年は雪が多かったので大量の発生を期待していたのに
なんと、そうではない。
なぜだろう。気温が低い。桜でさえ一週間も遅れた。
水温が上がらなかったせいなのか。

雪解け水たまりが三カ所できると思っていたがなんと、一カ所は全くのカラカラ乾燥窪地でがっかり。

ここはかたまっているところはない。てーん、飛んで、てーんと見える程度で個体数は非常に少ない。
存続させるには、どういう対策をとったらよいのだろう。



解説:北海道と青森県にしかいない、雪解け水の一時的なプールに発生する日本固有のキタホウネンエビです。
Fairy Shrimp(妖精えび)とは言ってもエビではありません。

鰓脚類(さいきゃくるい)という大型プランクトンといえばよいでしょう。田んぼに出るホウネンエビとは異なります。

発生地は全部で数カ所しか知られていません。今は2センチくらいになっています。メスの方が美し

い生物です。オスは大あご(第二触角)が発達しています。

11対の鰓のような脚をつかって背泳ぎします。

オスは水底からねらって大あごでメスにつかみかかり、体を曲げて交尾します。

つかんでいるシーンもあります。すぐふりほどくのは既に交尾したメスだからでしょう。

青森県ではレッドデータブックRDBにのっている稀少生物ですが、

近くを通る人は空カンやらビンやら袋に入れたゴミまでところかまわず捨てており、ここの水中にも目立ってきています。



 「さえら」という青森県の歌手とピアノのふたりが「恋して青森」という歌を歌っています。

  ♪「東京駅からはやてに乗って---」青森のいろいろいいところを見て回る

  ♪「恋してあおもり、恋してあおもり---」観光立県青森にふさわしい?
  
 この歌がむなしく聞こえます。
 
  ♪ゴミ捨てあおもり、ゴミ捨てあおもり---と
e0039759_233246.jpg

  ♪ゴミ捨てあおもり、ゴミ捨てあおもり---


 粗大ゴミを山の中の上流に捨ててあるのをよく見ます。
 ポリ袋にいれたゴミを持ち帰らずに車を止めたあたりに捨てていく感覚はわかりません。
 ついでに、核のゴミ捨て場にしても、問題ないと考えられてもしかたないのでは---

by snowmelt | 2010-05-07 23:04 | キタホウネンエビ | Comments(1)
Commented by 森のどんぐり屋 at 2010-05-16 10:08 x
♂のアゴは、全く持ってすごいですね。あまりすごいので、まるで♀は襲われているかのようなイメージです!

ゴミを捨てないようにという看板があるということは、相当に捨てられているということですね、、、
うちの裏にある竹薮のかなり奥深いので、時々パソコンが放り込まれていたりします。力持ちだなあ~~と感心して見ています(爆)


<< ノジコのさえずり YouTube動画      最後の夜桜・雨と暴風前 >>