北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 26日

オドリバエのなかま Empis属Planempis亜属イトウサケオオドリバエに近い未記載種

「一寸のハエにも五分の大和魂」にアップして、教えてもらおうと用意したら、なんと今はアクセスできない。
「らくちんFLV(ファイル)メーカー」も「フリップ&クリップ」なんだかに突然、移行してしまい、
本ブログの動画は現在は見ることができない。
ひとつひとつ、リンクのし直しをしなければならないようで、
たいへんだ。


ともあれ、
久しぶりにオドリバエらしいオドリバエに出会った。
まずは♂。イタドリの花にきています。
e0039759_1522485.jpg

e0039759_153273.jpg

飛行の姿勢はなんともすごい。
e0039759_1533067.jpg

♂の交尾器です。
e0039759_154219.jpg

次は♀。
例によってすね毛ふさふさの♀です。
e0039759_1543395.jpg

e0039759_1545623.jpg

標本も送ったので、わかったら確かな名前を載せることにします。
あっ、ところでこれらのペアは見ていないので、万が一別種?ということもあるか、ないよね。

追記2009.09.05
「一寸のハエ・・」がまた動くようになりましたので、お聞きしたところ、早速、三枝豊平先生からコメントをいただきました。『Empis属Planempis亜属のE. (Planempis) itoiana Freyイトウサケオオドリバエに近い未記載種です。E. itoiana群には他にも少数の未記載種がありまして,いずれもこの写真に見られるような特徴的な尾角突起を生じています。
写真の種は北海道から本州北部に掛けて夏季に発生する種です。Planempisとしてはかなり小型である上に,腹部や脚が橙黄色で,メスの脚の羽状剛毛の生じ方に特徴があり,この仲間としては美麗で「可愛い」感じの種です。本種の配偶行動は私は全く観察していません。これまではただ単にスイーピングで採集しているだけです。機会があったら是非配偶行動を観察してみてください。』
ということですので

by snowmelt | 2009-08-26 15:13 | オドリバエ | Comments(0)


<< 菌類?変形菌類?      ツネノチャダイゴケ きのこ >>