北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 01日

40年後・百年後のむつ湾ホタテの生産を占う

2058年あたりの陸奥湾ホタテ生産はどうなるか     下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_17225491.jpg

2008年--2018年の生産高だ。
少ない年で3-5万トン、多い年で8-11万トンだろうか。

2007年青森県水産総合研究センター増養殖研究所だより第108号に「陸奥湾ホタテガイ養殖産業を憂う」という水産局長の寄稿がある。
e0039759_10261829.jpg

陸奥湾ホタテガイは植物プランクトンを食べる。陸奥湾に流れ込む栄養塩類によって育つ植物プランクトンの量は限りがあり、当然ホタテの増養殖は植物プランクトン量(第1次生産量)に依存するため限度がある。
「この飼料となる植物プランクトンが潮流とともに陸奥湾の中を流動的に動き回るので、潮上の各地先で天然資源であるプランクトンを先取りしながら消費することとなることから、陸奥湾全体の問題である。」
「陸奥湾全体での適正許容量は、13億6千万個体と考えられているが、(2007年)現状の養殖数量は19~20億個に達しているものと推定されており、許容量の1.4倍から1.5倍のホタテガイが海の中に存在し、誰もそれを公然と非難することが出来ないでいる。」
e0039759_18464948.jpg


もしも陸奥湾内に風力発電風車が2000基ぐらいできたことを想定しよう。
水深30メートルの海底から水上120-140㍍くらいの風力発電風車タワーを考えよう。
タワーの水中径を半径5㍍として2×5×3.14×30=942㎡の水中表面積のものを300㍍ぐらい距離を置いて2000基とすれば、総タワーの水中総面積は1884000㎡である。これはむつ市の克雪ドームの105.9個分にあたる。
克雪ドーム100個分の固着生物の生息場所が並ぶことである。ムラサキイガイは真っ先に繁殖することだろう。ムール貝の類いが増えることは良いことでないかと云う人がでてこようが、いま考えるのはホタテガイの増養殖である。(ちなみにムール貝のドーモイ酸という貝毒で食中毒・下痢のほかに1/4が記憶喪失?というカナダの報告がある。記憶喪失?へぇー)
つまり植物プランクトンを食う固着貝類などが増殖する。潮流は変わる。風のエネルギーを獲られた風車の下手は、速くなることはない。当然、潮流の下手のホタテガイには飼料が届かないことになる。影響は陸奥湾全体におよぶ。エサの不足による許容限度は下がりこそすれ、上がることはない。
2007年でさえ許容限度を1.4-1.5倍超えているうえに、陸奥湾内の限られた植物プランクトンをホタテ以外の固着生物がさらに先取りしてしまえば陸奥湾ホタテガイの増養殖量は減ることはあっても増えることはあり得ない。
2058年孫の時代に、青森県陸奥湾ホタテガイ養殖産業はどうなっているのだろう。漁業者は生き残れるか。陸奥湾内の漁業はどうなっているのか。百年後にはホタテ養殖は残っていないと予言しよう。

ちなみに、2018年現在、青森県は風力発電事業者の設置許可要請に関して、環境影響評価を行っているが、漁業に与える影響は考えてはいけない、対象外の項目である。
陸奥湾内にタワーを建てる場合、いくらの容積のもの、体積のものを突き立てようが、驚くことに、環境改変部とは、タワーの底面積だけを考慮すればいいとある。表面積克雪ドーム100個分という計算は全く除外され、タワーの底面積のみを考えればいいとおし通している。
さらに漁業に与える影響は青森県庁のどの部署でも影響評価することはない。
つまり、漁業権のおよぶ地域内外に風力発電タワーを何千本建てても、希少生物や特別天然記念物や騒音や景観などに特段の影響がなければ、青森県はタワー設置を許可容認すると経産省に報告することになる。経産省はそれをもとに、漁業の事など考えることはなく、経産大臣が設置許可することになる。

であるから、百年後には、ホタテ養殖はなくなり、別種の養殖が縮小されて行われているか、植物プランクトン生産者を飼料としない、エサを別の業者から買ってきて育てる高次消費生物種の養殖になっているか。2017年現在、100億円の青森県のホタテ産業は消滅して、別な産業が興っていると予言しよう。ホタテは北海道産を食べればいいか。


# by snowmelt | 2018-08-01 18:53 | Comments(0)
2018年 07月 25日

百田尚樹が書く期待の歴史本

百田尚樹が歴史本を執筆中だそうだ。
虎の門ニュースで 監修者が金谷俊一郎氏とある。
e0039759_23420776.jpg

これは期待の歴史本だと思う。
e0039759_23432087.jpg

むつ市ゆかりの人を一人挙げて語っていた。
聴いてみよう。

むつ市運動公園のテニスコートよこに細道があり60㍍ほどのところに、柴五郎が住んでいた場所小屋跡がある。
会津斗南となみ藩士たちは下北に流刑同然で追いやられたという、母、姉、祖母らは足手まといになってはいけないと会津で自害し、父と兄と五郎が、食うものもなし、犬の肉も戻して父に叱られ暮らしたという場所があそことは。後に陸軍に入り、シナでの義和団の乱のときのことを百田氏はここで語っている。
柴五郎をみて、英国は日本を見直し、日英同盟につながり、その日英同盟があったからこそ、日露戦争に日本が勝つことが出来た。日本がロシアの植民地にならずにすんだと考えてもいいだろうという論理だ。柴五郎の存在がロシアの植民地支配の手から逃れることが出来た要因になっているとの論理だ。

追記 2018.07.25 今朝、近いので、柴五郎住居跡がどうなっているか見てきた。
むつ市運動公園テニスコート東の横道からはいる。
e0039759_10334837.jpg

今でも林の中だ
e0039759_10340787.jpg

そこに立ててある説明
e0039759_10360664.jpg

e0039759_10385713.jpg

しかし、この説明だけには、斗南となみ藩の怨念だけが頭にのこり、私自身、柴五郎陸軍大将といっても無知であったが、
虎の門ニュースの百田尚樹氏おはなしではじめて分かったことでした。それにしても居島一平おりしまいっぺいさんの博識すごいですね。
柴五郎というひとの歴史の中でどういう働きで日英同盟に結びつき、日本海海戦でバルチック艦隊の情報が英国からもたらされた事などから、ロシアの植民地にならず今日があるという意味などを考えることが出来、これこそ歴史に意味のある人物であったこと、
そのゆかりの地が、すぐそこのむつ市落野沢おとしのざわがあるとはと考えるとなかなかいいねと思うのです。

10月あたりの出版らしい。読んでみよう。

# by snowmelt | 2018-07-25 00:07 | Comments(1)
2018年 07月 18日

ヒガシシマドジョウ 下北半島津軽海峡側

下北半島のヒガシシマドジョウの写真が「日本のドジョウ」山と渓谷社に出ていますが、「変わった模様の個体」としてあつかわれています。
この写真のような模様です。変わったやつなのでしょう。
e0039759_16460151.jpg

e0039759_16460878.jpg


# by snowmelt | 2018-07-18 16:46 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 18日

イワナ 下北半島基部

イワナがいました。湿地からの水路の上流部にいました。湿地の水は細流となり林地の中をしばらく流れ、途中で地下に吸い込まれ、その後湧きだして川となり流れて海にそそぎます。海とのいききはできません。
e0039759_16274825.jpg

e0039759_16275304.jpg


# by snowmelt | 2018-07-18 16:28 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 11日

エゾマイマイかウスカワマイマイかどれがどれ

北海道の山の中にいたもの2つ、下北の山の中にいたもの3つ、むつ市の町内にいたものこれはウスカワマイマイ3つ  下北自然学巣 大八木 昭

山の中にウスカワマイマイはいないというのが通常知識。まして、北海道の興部の山の中、津別峠の山の中にいたものはエゾマイマイであろうというのが通常知識。

下北の山の中にいたものはなんだろう。写真を一緒に並べて見れば違いはよく分からなくなる。触ればはっきり違うけど。

e0039759_21434656.jpg


# by snowmelt | 2018-07-11 21:44 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 07月 09日

キタドジョウらしきもの

たぶん・キタドジョウでしょうがまだ不明    下北自然学巣 大八木 昭

青森県むつ市大畑町恐山にはクレードAのキタドジョウであったと中島先生があきらかにしましたが、ここは十数kmはなれた大畑町のドジョウです。
これは多分、キタドジョウでしょう。
e0039759_17334718.jpg

e0039759_14081735.jpg

e0039759_14083787.jpg

e0039759_14085170.jpg


# by snowmelt | 2018-07-09 14:09 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 07月 08日

キタドジョウまたまた見参

キタドジョウと(ホン)・(マ)ドジョウとの形態区別を知りたくて      下北自然学巣  大八木 昭
むつ市芦崎と大畑町恐山での個体で中島先生に遺伝子的にクレードAとされた場所で採れるのはキタドジョウだけが生息と考えています。
その形態を規準にして下北半島のキタドジョウとドジョウの分布を調べようとしています。
むつ市大曲2018年の個体はマ・ドジョウでした。それをまず載せます。
ヒレの形態に注目して見て下さい。
e0039759_11193346.jpg

むつ市芦崎のキタドジョウを載せます。
e0039759_11211724.jpg

2017年のキタドジョウの胸びれも載せます。
e0039759_18110333.jpg

つぎはむつ市大畑町のキタドジョウとおもわれるものを載せます。
大畑町恐山の個体はクレードAでしたが、この写真のものは同じ大畑町でも恐山のものではありません。
ですので、まだキタドジョウと確定してはいません。
e0039759_21185050.jpg

つぎの4まいは2018年むつ市芦崎のキタドジョウです。
e0039759_11221258.jpg

e0039759_11222488.jpg

e0039759_11224350.jpg

e0039759_11230068.jpg

まだまだですが大きい個体の胸ビレの違いだけははっきりわかりますね。

# by snowmelt | 2018-07-08 11:24 | 淡水魚類 | Comments(0)
2018年 06月 05日

下北半島のキセルガイ・オオタキコギセルか

オオタキコギセルかどうかもう少しすればわかるに違いない   下北自然学巣  大八木 昭

オオタキコギセルは色々あるそうだ。
これが、オオタキコギセルなのかどうか、これから解明されることであろう。2018.06.03 上北郡横浜町産 現場写真
e0039759_13542582.jpg


# by snowmelt | 2018-06-05 13:54 | 陸産淡水産貝類 | Comments(5)
2018年 06月 02日

津軽半島のチビギセル・その他

津軽半島のチビギセル・その他     下北自然学巣 大八木 昭
チビギセルでしょう
e0039759_21311164.jpg

e0039759_21322323.jpg

e0039759_21322617.jpg

e0039759_21323036.jpg

キセルガイ達
e0039759_21334488.jpg

e0039759_21335810.jpg

e0039759_21341386.jpg

e0039759_21342866.jpg

e0039759_21313166.jpg

次はクリイロベッコウ的だが色合いはちと違和感あり
追記東北にはクリイロベッコウは3種あるそうで、この個体は典型的なクリイロベッコウだと上島先生に同定いただきました。
e0039759_21365004.jpg

e0039759_21370353.jpg

次はアオモリマイマイですが、殻口の形がややいつもとちがう
e0039759_21373577.jpg

e0039759_21374230.jpg


# by snowmelt | 2018-06-02 21:39 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 06月 01日

津軽半島のビロウドマイマイの一種・その他

津軽半島のビロウドマイマイの一種です。2018.05.30に採集。  下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_23513416.jpg

e0039759_12202321.jpg

別個体
e0039759_12212251.jpg

e0039759_12213716.jpg

つぎは津軽半島のベッコウマイマイの一種です
追記この現物個体はスカシベッコウだと上島先生が同定されました。
e0039759_00071882.jpg

e0039759_11464889.jpg

次は津軽半島のヤマコウラナメクジです
e0039759_00004589.jpg

e0039759_21260656.jpg

e0039759_21261098.jpg


# by snowmelt | 2018-06-01 23:52 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 16日

ヒバリのさえずり

ひばり・ヒバリ・雲雀のさえずり
さえずるときはいつも風が強いような気がする。


# by snowmelt | 2018-05-16 23:47 | 鳥類 | Comments(0)
2018年 05月 12日

コサメビタキ

コサメビタキです


# by snowmelt | 2018-05-12 20:43 | 鳥類 | Comments(0)
2018年 05月 10日

シモキタシブキツボ 微小貝

シモキタシブキツボ 淡水貝ですが陸にも上がれる微小貝          下北自然学巣 大八木 昭
ここは水中です

大きくなっても殻頂が折れてほぼ7mmぐらいまでの大きさです。
水中では触角がピンと伸びます。陸に上がると触角は形がありません。
e0039759_20255799.jpg

e0039759_20255348.jpg

腹の裏です
e0039759_20254581.jpg

追加


# by snowmelt | 2018-05-10 19:52 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 10日

ハコダテヤマキサゴとヒメマイマイ

石狩厚田のハコダテヤマキサゴとヒメマイマイ     下北自然学巣   大八木 昭
e0039759_09454297.jpg

e0039759_09454769.jpg

e0039759_09455095.jpg

e0039759_09455394.jpg

e0039759_09455665.jpg

以上がハコダテヤマキサゴ
下がヒメマイマイ
e0039759_09460086.jpg


# by snowmelt | 2018-05-10 09:47 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 09日

ムツヒダリマキマイマイ 下北東通村

ムツヒダリマキマイマイ 下北半島東通村産      下北自然学巣  大八木 昭

e0039759_00010929.jpg



# by snowmelt | 2018-05-09 23:57 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 08日

檜山地方松前半島木古内のオカマメタニシの顔

オカマメタニシの顔です。   下北自然学巣 大八木 昭
e0039759_22355912.jpg

動きを動画にして見せましょう。

YouTubeでは普通にオカマメタニシの歩行と打つとヒットしません不思議。イロイロとオカを陸にしたりしてもヒットせず。Land snail だけで探しました。不思議ですね。
口で歩いているみたいでしょう。


# by snowmelt | 2018-05-08 21:53 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 08日

北海道のナメクジと下北のヤマコウラナメクジを並べる

コウラナメクジ外形比較                 下北自然学巣 大八木昭

一番下の目名というのが東通村目名のヤマコウラナメクジと同定されたものです。
上3つは北海道石狩の厚田、檜山半島の木古内、駒ヶ岳麓の大沼公園のコウラナメクジの一種です。
e0039759_21144416.jpg
e0039759_00004589.jpg

厚田と木古内はヤマコウラではない。大沼のはあやしい。
はてさてなんだろう。

# by snowmelt | 2018-05-08 21:10 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2018年 05月 07日

スズメ 

となりの柿の木にスズメが春めいて鳴いています。
e0039759_21320944.jpg

e0039759_21321220.jpg



# by snowmelt | 2018-05-07 21:33 | 鳥類 | Comments(0)
2018年 05月 07日

キビタキまださえずらない

キビタキです。まださえずりません
e0039759_20343173.jpg

e0039759_11054947.jpg




# by snowmelt | 2018-05-07 20:35 | 鳥類 | Comments(0)
2018年 05月 06日

オオルリの囀り動画

オオルリがさえずります
e0039759_21224976.jpg

e0039759_21225416.jpg

e0039759_21224325.jpg



# by snowmelt | 2018-05-06 21:24 | 鳥類 | Comments(0)