北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2024年 07月 02日

アナグマさんのいちもつか?

アブラコウモリの陰茎骨はS字状、モリアブラコウモリのそれは直線状で区別出来る。

マドラーになったクロクマのその骨など、増原良彦別名ひろさちやの本(ヒトのお〇〇〇〇にはなぜ骨がないのか 1986年徳間書店)をみるまで全く知らなかった。
先日アナグマの動画をみて、あれれこれはまさにいちもつか?骨があるのか?と疑問になった、何十年前のこの本を見てもわからなかった。
アナグマさんのいちもつか?_e0039759_14030573.jpg



# by snowmelt | 2024-07-02 14:04 | 動物 | Comments(0)
2024年 07月 02日

カミサマとんぼ ハグロトンボ

神様トンボ・カミサマトンボ・ハグロトンボ
どれがいい。
カミサマトンボがいいね。
カミサマとんぼ ハグロトンボ_e0039759_12414602.jpg

カミサマとんぼ ハグロトンボ_e0039759_12410574.jpg

カミサマとんぼ ハグロトンボ_e0039759_12411111.jpg



# by snowmelt | 2024-07-02 12:45 | 昆虫 | Comments(0)
2024年 06月 29日

ヒメシジミの求愛 1対4,1対1,1対2

シメシジミのオスの定位は見えているんだろうかと不思議になる。
ヒメシジミの求愛 1対4,1対1,1対2_e0039759_15325747.jpg

ヒメシジミの求愛 1対4,1対1,1対2_e0039759_15331847.jpg

ヒメシジミの求愛 1対4,1対1,1対2_e0039759_15332550.jpg

ヒメシジミの求愛 1対4,1対1,1対2_e0039759_15333278.jpg




# by snowmelt | 2024-06-29 15:34 | 昆虫 | Comments(0)
2024年 06月 29日

ヒメシジミの求愛

ヒメシジミは下北では結構みられる。
40年以上前に於法岳の北で奈良先生が採ったのがこれはきっとヒメシジミだぞといわれたのが最初の出会いでしたね。
川内方面はよく見られた。
ヨモギはヒメシジミなどの食害から守るため、自らの毒性を高めると工藤忠さんから聞かされた。
ヒメシジミの求愛_e0039759_15131842.jpg

ヒメシジミの求愛_e0039759_15131578.jpg




# by snowmelt | 2024-06-29 15:13 | 昆虫 | Comments(0)
2024年 06月 24日

今日のカモシカしろかった。これじゃ熊さん町に出る。

去年くまさんが歩いていたすぐ傍を広大に伐採してしまった。
スギ林なのできっても問題ないだろうが、クマの町への出没は何処でも一斉に伐採していることも影響していると思える。
隠れるところが全くないのだ。正津川にもでたし、尻屋にもでた。こんなところで見られるなんてどうかしている。
カモシカさえどう歩いていたのか戸惑っているようだ。


# by snowmelt | 2024-06-24 00:05 | 動物 | Comments(0)