2017年 01月 21日

ムカシマンモスの歯

ウソ記事、誘導操作記事の氾濫しているなか、久しぶりの楽しいニュースだと感じた。
ナウマンゾウ(2万~30万年前)の臼歯とみられていた化石が都立産業技術研究センターのX線CTで、ムカシマンモス(70万~110万年前)の化石と断定ということらしい。「国内でムカシマンモスの化石は北海道から沖縄にかけて複数の地点で見つかっている」ということだそうだ。
e0039759_145503.jpg


下北ジオパークガイドブックには『過去一度も陸続きにはならなかったので、ブラキストン線はマンモス(北海道)とナウマンゾウ(本州)のように1万年以上昔の生物にも当てはまる』などと下北は動物の北限だとのウソをつき続けたままでいるのでしょうか。

現在、下北ジオパークガイドブックは訂正はなく、改訂版を出そうとしているらしいです。
昨年4月、10000部出版配布後、あるひとつのところからクレームがついて、即回収に走ったようです。
回収は4割ぐらいは出来たようです。こういうことはすべての執筆者にも知らされていないのです。
6割はどう読まれているのでしょうか。

あるひとつのところからのクレームにむつ市はどう対応するのでしょうね。
科学的事実を、書いてくれるなと言われれば書かない、あるいはそのページだけ切り取るというような方向にいくのでしょうか。

予算を消化するために、焦ってまた、改訂版をだそうとしているとしか見えない。

無駄な予算執行を監視する機構がむつ市にはあるのでしょうかね。

# by snowmelt | 2017-01-21 14:40 | Comments(0)
2017年 01月 01日

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
2017年1月1日
e0039759_15405049.jpg


# by snowmelt | 2017-01-01 15:41 | Comments(2)
2016年 12月 23日

ノミハニワゴケ

シノブゴケ科 ノミハニワゴケ Haplocladium angustifolium です。

なんという意味なのか。漢字では蚤埴輪蘚と書くらしいので、虫の蚤くらいの大きさということなのか。
埴輪は蒴の形からきているのか。そう言われればそうとも見える。
自分かってに、蚤くらいの大きさの埴輪にも見える蒴をもつコケとしておこう。

e0039759_231327.jpg
e0039759_2311376.jpg
e0039759_2312196.jpg
e0039759_2312935.jpg
e0039759_2313839.jpg
e0039759_2314627.jpg

2014.10.18 風間浦村

# by snowmelt | 2016-12-23 23:02 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 23日

コケシノブ シダ類

コケシノブの胞子嚢群をソーラスというようだ。

e0039759_2147069.jpg

2012.07.29 むつ市恐山

e0039759_1645054.jpg

e0039759_1651512.jpg
e0039759_1653460.jpg
e0039759_1655657.jpg


胞子がこんなにおおきいのだろうか。種子みたいだ。
e0039759_1661263.jpg

e0039759_1663670.jpg
e0039759_1665254.jpg
e0039759_167784.jpg

むつ市恐山薬研

# by snowmelt | 2016-12-23 21:48 | シダ類 | Comments(0)
2016年 12月 23日

ヒラハイゴケ(タチヒラゴケモドキ)

ハイゴケ科 ヒラハイゴケ (タチヒラゴケモドキ) Hypnum erectiusculum です。

アオモリサナダゴケに似ている。
蒴は円筒形で曲がり、乾いてもほとんどしわがよらない。

e0039759_1723291.jpg
e0039759_172534.jpg
e0039759_173593.jpg
e0039759_1731561.jpg
e0039759_1732481.jpg
e0039759_1733274.jpg
e0039759_1734590.jpg
e0039759_1735229.jpg

2014.11.25 大間町

# by snowmelt | 2016-12-23 17:04 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 23日

コスギゴケ

スギゴケ科 コスギゴケ Pogonatum inflexum です。

e0039759_16344271.jpg
e0039759_1635598.jpg
e0039759_16351456.jpg
e0039759_16352585.jpg
e0039759_16354721.jpg
e0039759_163633.jpg
e0039759_16361212.jpg
e0039759_16362180.jpg

2014.10.23東通村アベラ

# by snowmelt | 2016-12-23 16:36 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 17日

ミヤマスナゴケ

ギボウシゴケ科 シモフリゴケ属 ミヤマスナゴケ Racomitrium fasciculare でしょう
e0039759_23513838.jpg
e0039759_23521072.jpg
e0039759_23522196.jpg
e0039759_2352288.jpg
e0039759_23523672.jpg
e0039759_23524769.jpg
e0039759_23525951.jpg
e0039759_23531532.jpg
e0039759_23532789.jpg
e0039759_23533597.jpg

2004.11.07 むつ市恐山

# by snowmelt | 2016-12-17 23:54 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 17日

エゾスナゴケ

ギボウシゴケ科 シモフリゴケ属 エゾスナゴケ Racomitrium japonicum です。
e0039759_2321925.jpg
e0039759_23214666.jpg
e0039759_23215599.jpg
e0039759_23221982.jpg
e0039759_23224596.jpg
e0039759_23225779.jpg

2014.10.13 佐井村
e0039759_23234866.jpg
e0039759_23235664.jpg

2014.10.22 むつ市川内町

# by snowmelt | 2016-12-17 23:24 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 16日

キヌゴケでしょうか

ハイゴケ科 キヌゴケ属 キヌゴケ Pylaisia brotheri でしょうか。

樹皮上にありました。

e0039759_11435291.jpg
e0039759_1144159.jpg
e0039759_1144960.jpg

2016.12.15 東通村

e0039759_1821272.jpg
e0039759_18211453.jpg
e0039759_18212331.jpg
e0039759_18213333.jpg
e0039759_18214616.jpg
e0039759_1822032.jpg

2016.12.18東通村

# by snowmelt | 2016-12-16 11:44 | Comments(0)
2016年 12月 16日

オオウメガサソウ

オオウメガサソウが雪の上にみえました。
e0039759_23591153.jpg
e0039759_23592571.jpg
e0039759_23595277.jpg

e0039759_11582163.jpg
e0039759_1158324.jpg

e0039759_00340.jpg
e0039759_001369.jpg
e0039759_00247.jpg
e0039759_003574.jpg

花もいいけどこういうのもいいね。
2016.12.15 下北半島

# by snowmelt | 2016-12-16 00:02 | 植物 | Comments(0)
2016年 12月 14日

オオウスバカゲロウ

オオウスバカゲロウです。
e0039759_2312596.jpg
e0039759_2313470.jpg

2012.09.02 横浜町

# by snowmelt | 2016-12-14 23:02 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 12月 14日

シロモンムカシハナバチヤドリ

なんだかわからない名前ですが
シロモンしかわかりません
シロモンムカシハナバチヤドリでしょう。
草にささっていると思ったら、草に噛みついていました。こういう体勢で休憩だそうです。
e0039759_22442264.jpg

2012.09.02 横浜町

# by snowmelt | 2016-12-14 22:44 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 12月 12日

ケチョウチンゴケ

チョウチンゴケ科 ケチョウチンゴケ Rhizomnium tuomikoskii です。

だいたいは雄の花(配偶体)です。蒴は雌につきます。

e0039759_16493649.jpg
e0039759_1649521.jpg
e0039759_1650232.jpg
e0039759_16501051.jpg
e0039759_16503357.jpg
e0039759_16504546.jpg
e0039759_165143.jpg
e0039759_16512499.jpg
e0039759_16514613.jpg
e0039759_16521100.jpg
e0039759_16521324.jpg
e0039759_16522862.jpg
e0039759_16524943.jpg
e0039759_1653277.jpg

つぎは雌の配偶体をおもに
e0039759_2225410.jpg

e0039759_22255984.jpg

e0039759_22261655.jpg

e0039759_22263568.jpg

2014.05.30 東通村
ほとんどチョコレート色になったのは以前の記事にあります。
e0039759_17131075.jpg

e0039759_17132524.jpg

2012.07.29むつ市大畑町

# by snowmelt | 2016-12-12 16:56 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 12日

エゾヒメソロイゴケでしょうか

ツボミゴケ科 エゾヒメソロイゴケ属は日本産一種で エゾヒメソロイゴケ Cryptocoleopsis imbricataのみが産するとあり、分布は北海道(利尻島)本州(長野・富山県)となっており、なかなか見つかってはいないようです。
そんなのかなあと思えるのが次の写真でした。外形と、『銀緑色をおびる』というだけで、エゾヒメソロイゴケかなあと考えたものです。わかりません。
e0039759_1120436.jpg
e0039759_11205242.jpg
e0039759_11225761.jpg
e0039759_1123519.jpg
e0039759_11231790.jpg
e0039759_11232641.jpg

2014.05.31 むつ市での撮影です。

# by snowmelt | 2016-12-12 11:24 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 11日

チシマシッポゴケ

シッポゴケ科 チシマシツポコ゜ケ Dicranum majus です。

といって雪に埋もれて全体はみえません。

蒴だけははっきりとチシマシッポゴケということです。おちているのは松の枯葉です。

e0039759_21425284.jpg
e0039759_2143329.jpg
e0039759_21431230.jpg
e0039759_21432327.jpg
e0039759_21433169.jpg

来年雪がきえたら全体を写しましょう。
2016.12.08 東通村

# by snowmelt | 2016-12-11 21:44 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 09日

雪の結晶

ふんわり降った雪をよくみたら、空からの便りの雪の結晶がたくさんあった
e0039759_2314301.jpg
e0039759_23143870.jpg
e0039759_23145431.jpg
e0039759_2315763.jpg

2016.12.8 東通村

# by snowmelt | 2016-12-09 23:16 | 風景 | Comments(0)
2016年 12月 06日

落葉もこわい

山の落葉がこわいと感じたとき。



# by snowmelt | 2016-12-06 20:18 | 植物 | Comments(0)
2016年 12月 04日

ヨツバゴケ

ヨツバゴケ科 ヨツバゴケ Tetraphis pellucida です。

アリノオヤリは蒴柄がくの字に屈曲するが、ヨツバゴケは屈曲しない。

カップ状になっているのは蒴をつけていない配偶体で中にみえるのは無性芽でしょう。
e0039759_22563393.jpg

e0039759_2030585.jpg
e0039759_20301874.jpg

蒴をつけている部分
e0039759_22565538.jpg

e0039759_20305260.jpg

小さい若い部分にマルトビムシがとまっていました。
e0039759_20312647.jpg

帽をかぶったのは若い蒴がみえます。襞があります。
e0039759_22571566.jpg

蒴歯が4本あるので、これをしてヨツバゴケというのではないかとありました。
e0039759_22573050.jpg

2016.12.04 風間浦村

# by snowmelt | 2016-12-04 23:05 | コケ類 | Comments(0)
2016年 12月 03日

これはモジツノゼミでしょうか、ニトベではないでしょうね

昨日、津軽昆虫同好会のCelastrina No.51 Nov.,2016 が届きました。
楽しいですね。全部カラーで、しかも会費3000円ですからね。
青森自然誌研 のほうは、会費6000円で、カラーページは別途ウン千円かかるので、カラーには二の足をふみます。

ところで、50ページにおよそ100年ぶりに確認された青森県のニトベツノゼミ というのがありました。

あれ、こいつはいつぞやあそこで見たやつではないかとファイルを探してみて、やっと見つけました。

2009.07.03 にはモジツノゼミにしていましたが、ニトベツノゼミではとの疑問がでてきました。

ただし、モクレンにもマユミにもとまってはいなかったと思います。

もしも、ニトベなら

ツノの尖りがやや鈍なので♀なのかなとか思ったりしていますが、

e0039759_10302673.jpg
e0039759_10304137.jpg
e0039759_10305549.jpg
e0039759_10311112.jpg
e0039759_10312355.jpg
e0039759_10313967.jpg

2009.07.03 むつ市奥内の蜆沢上流部での撮影です。

支脈縁ではニトベではないですね。モジツノゼミでいいでしょうか。

またze_phさん、見ていたら、どうなのか、よろしくお願いします。
セラストリーナでニトベツノゼミの報告を書かれたluciolaさんからコメントがありました。
モジツノゼミでよろしいとのことでした。

# by snowmelt | 2016-12-03 10:34 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 11月 30日

なにフユシャクでしょうか 回答 ヒメクロオビフユナミシャクでした。

2016.11.18 むつ市川内町蛎崎林道でみたものです。
zephさん、celaさん、見ていたら、お教えください。
e0039759_232022.jpg

クロオビフユナミシャクかなとおもいましたが。ze_phさんから-クロオビフユナミシャク♀でした。

次は2016.11.30 東通村目名林道です。
e0039759_2321444.jpg
e0039759_23215277.jpg
e0039759_23215972.jpg
e0039759_2322877.jpg

これはフタスジフユシャクでしょうか。ze_phさんから-フタスジフユシャク♂でした。

以前のものですが、これはなに蛾でしょうか、触角はシャクガでは糸状が多いみたいですが、シャクガでしょうか。あるいはこれは翅がもっと伸びていつて飛ぶのでしょうか。ze_phさんからコメントいただきました。ヒメクロオビフユナミシャクの♂でした。羽化して間もないので、これから翅が伸びて飛ぶようです。
e0039759_10481463.jpg
e0039759_10483545.jpg
e0039759_1048529.jpg

2005.11.06 むつ市恐山

また次は何シャクでしょうか。ze_phさんのコメントから、これはヒメクロオビフユナミシャクの♀でした。
e0039759_10491731.jpg
e0039759_10493113.jpg


翅は♀にしては大きいけれど飛ばないとあります。

むつ市川内町海峡ライン2004年11月あたり、ポジから

# by snowmelt | 2016-11-30 23:22 | 昆虫 | Comments(2)