北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 22日

キタドジョウ 見参

メダカはミナミメダカとキタノメダカになり、

これまたドジョウはドジョウとキタドジョウとになった。(「日本のドジョウ」 中島淳・内山りゅう 山と渓谷社)

そのキタドジョウの写真を載せます。青森県下北半島のものです。

まずはオス
e0039759_227249.jpg

オスのヒレ
e0039759_20205321.jpg

メス2匹
e0039759_1645262.jpg

e0039759_1545280.jpg

オスとメス
e0039759_20213774.jpg
e0039759_20215379.jpg

e0039759_2282438.jpg


by snowmelt | 2017-05-22 22:09 | 淡水魚類 | Comments(0)
2017年 05月 22日

むつ市3000万円はイルカ調査じゃなかったか。噓はどこに。

                                            下北自然学巣 大八木 昭
そんなあほなむつ市カマイルカ調査にNPOシェルフォレスト五十嵐健志さんに、28年250万円、29年2800万円の予算をつけた。と書いた。

むつ市広報は「イルカと人との共生によるふれあいビーチinむつわん-日本海及び陸奥湾に来遊する野生のカマイルカの生態調査を行うとともに、カマイルカを保護し、イルカの棲む自然を守りながら、教育、研究及び観光資源として活用を図るもの」の予算として五十嵐さんに2800万円の予算をつけたわけである。

主眼はなんだ。日本海及び陸奥湾に来遊する野生のカマイルカの生態調査を行うでしょ。

発展事項としてそれ以降の項目でしょう。むつ市としては観光資源としての活用が主眼でしょうが

4.5月には津軽海峡、夏以降は北海道噴火湾や北海道の根室方面に現れるカマイルカの群れを、

いつでもイルカウォチングとか

むつ市の観光資源にできるとする口車にのったのではないかいな。

きいてびっくり、NPOシェルフォレストの前浜に、カマイルカを大きな網で囲い込むこと を、カマイルカの保護と教育、観光資源という言葉に込めていたのだ。これを何がイルカと人との共生によるふれあいビーチといえようか。

ある報道によれば
『ビーチでイルカと遊ぼうよ 保護とツアー両立
予定地は、むつ市川内町川内の「かわうち・まりん・びーち」。海水浴場に面しており、市は新年度予算でイルカを囲う網代など約2800万円を計上した。
 イルカは、イワシを追って陸奥湾に入ってくるカマイルカを想定している。例年、湾内の定置網に掛かって重傷を負ったり死んだりするケースがあるため、漁業者や青森県営浅虫水族館(青森市)と連携して保護に当たる。
 新年度は保護したイルカを水族館に運んで治療して環境に慣らし、18年度に「まりん・びーち」内に放すことを目指す。』

 これならば、むつ市広報は噓をついているに等しいのではないか。

2800万円が網代などだと。何に使うか、これも信じられない。

例年とはいえ、いつかはわからぬ、定置網に掛かっ重症を負ったカマイルカをマリンビーチで網で囲い、これを観光資源にするということを

むつ市広報をみたかぎりでわかるひとはなかなかいないのでは。

観光資源のために網に囲まれたカマイルカを、保護とか共生とか教育旅行、研究という、さも理解あるようなことばで欺すことは詐欺行為に等しいのではないか。

つぎのポスターの中から『網で囲って観光資源』ということは読み取れますか。

e0039759_17312796.jpg


むつ市はそれに予算を付けたのだから、これも詐欺行為に等しいのではないか。

もう5月も終わる。陸奥湾のカマイルカは何頭見ることができたのでしょうか。どんな生態調査ができたのでしょうか。

調査結果は公表されねばならない。

by snowmelt | 2017-05-22 17:45 | Comments(0)
2017年 05月 10日

そんなあほなむつ市イルカ調査に28年250万円29年2800万円

                                              下北自然学巣 大八木 昭
2016年の11月にむつ市はNPO法人シェルフォレスト五十嵐健志さんにカマイルカの調査費として250万円の補正予算をつけていた。12月から3月までの、カマイルカの全く見られない時期に生態調査費用として250万円ですよ。
e0039759_2326531.jpg

そして2017年度むつ市予算に、同じ、五十嵐健志さんに、カマイルカの調査費として今度は2800万円の予算計上をむつ市議会は通過させているのです。
e0039759_23275359.jpg


4月から5月、あるいは6月にドルフィンウォッチングで、人を呼び込んでも、3050万円の価値のあるカマイルカの調査を誰であってもできないだろうが。

誰が考えてもむつ市は異常とおもわないか。普通のむつ市民なら、信じられないむつ市議会の予算審議だと思わないか。
遠くから、むつ市を応援したい「ふるさと納税」などしたいと思っている下北出身者たちよ。
むつ市の予算はこんな、ひどい使われ方をしているのだから、よーく考えてからにしてほしい。

すでに調査したろう津軽海峡陸奥湾のカマイルカの生態は次のようである。
これらの中で3000万円もかけて調査したものはあるだろうか。あるわけない。
e0039759_1222552.jpg


これら以上の結果を出せると、3000万円の価値のある結果を出せると、むつ市議会は判断したのか。
なにを審議してるのか。

根室標津からのピーアール根室海峡におけるカマイルカの群れ構成や行動範囲については、わからないことだらけ です。しかし、特に真夏に比較的安定した出現が期待できますので、生態を研究するに は適当なフィールドのひとつだと思います。

熊本・天草からのピーアール、バンドウイルカは熊本・天草
定住するイルカに会える場所ですので、一年中いつでも会える場所です。

室蘭からはカマイルカの大群だと
e0039759_15272846.jpg


すごいね。地球岬沖のは。沖というから、やはり生息場所は書いてあるとおり、沿岸より深いところに回遊するのでしょうかね。

by snowmelt | 2017-05-10 23:43 | Comments(0)