北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 21日

コオニヤンマの羽化殻

コオニヤンマはサナエトンボ科で最大らしい
野辺地のコンクリート護岸に沢山ついていた
e0039759_2115311.jpg
e0039759_21151683.jpg
e0039759_21152573.jpg


by snowmelt | 2016-07-21 21:15 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 07月 21日

オオバクロモジのあおい実

オオバクロモジの実がなりはじめた
e0039759_21122095.jpg
e0039759_21123155.jpg


by snowmelt | 2016-07-21 21:12 | 植物 | Comments(0)
2016年 07月 21日

カナヘビの尾

カナヘビのしっぽは長さがさまざまだ。

これはながーーいと感じる。

e0039759_2193154.jpg




次のはふつうながさ。

e0039759_2110507.jpg


by snowmelt | 2016-07-21 21:09 | 動物 | Comments(0)
2016年 07月 17日

カワモズクでしょう

最初は流れの中のカワモズクの一種です
e0039759_22493425.jpg

e0039759_22494830.jpg

次のは分かりませんがこれもカワモズクでしょうかサンゴみたいな立ち方ですが
e0039759_2251397.jpg
e0039759_22511659.jpg
e0039759_22512621.jpg
e0039759_2251406.jpg
e0039759_22514732.jpg


by snowmelt | 2016-07-17 22:51 | 藻類 | Comments(0)
2016年 07月 13日

イスカの嘴

これをいすかのはしと読む。イスカの嘴の食い違いとくわしくもいう。

交喙の嘴とも書く。

こんなくちばし。

e0039759_19151021.jpg


なぜこんな嘴がいいのだろう。たいていのひとはは冬のイスカを見ているので松ぼっくりから種子を取り出すのをみて都合がよいと考えるのだろう。

まだ、熟していないあおいカラマツの球果の食べ方をみてやっと納得した。

くいちがっていれば交叉するときに左右に幅ができる。ということは嘴を交叉しようとするときに鱗片をひらくことができ、その時に種子となっているかどうかはわからないが中身をほじって食べるのだ。

だがそれだけではなかった。ハサミは右の刃と左の刃がすれ違うのでものが切れる。

刃先と刃先が接しただけでは切り取れない。

イスカのやつはカラマツぼっくりを元から交叉した嘴先と中間ですれ違わせて切り取っているのだった。

剪定ばさみのようだ。右足であおい球果が落ちないように掴んでいるのが撮っている。



なんと凄いやつ達だ。いくらか食べ終わった球果を音をたてて落としている。

夏の唐松林でドス、ドスとなにかものが落ちてきているその上の枝にはイスカ達が群れて食っているのがみえるだろう。

by snowmelt | 2016-07-13 19:34 | 鳥類 | Comments(0)
2016年 07月 09日

だまされるな18・19・20才新有権者よ

ネットで街頭演説が聞けるなんてこんなに良いものだとはわからなかった。

実際に聞くのは大変だ。ところがネットなら、例えばYouTubeなどで参議院、街頭演説などで検索で簡単に聞ける。聞いてみよう。

ののしり合っている候補はスルーして、ちゃんと話している候補のを聞いてみよう。そして判断しよう。

新有権者ならちゃんと選んで、比例区は候補者名を書くことだ。参院選の比例区とは全国区とおなじで北海道、青森の住民でも、比例区に出ている候補者がどこから出ていても、その候補者を投票出来ることを 、わざとわかりにくくして党名でも候補者名でもいいと云っている(参院選をわざとわかりにくくしているという制度だという)

ただ大切な一票を無駄にするな、などという誘導に乗せられるようでは失格だ。

新聞、テレビ、NHK、週刊誌のようなウソが多いものを規準にして、「あたしは何十年と欠かさず選挙に参加してました」などと、語らせられている人は

それぞれの街頭演説を聞き比べて、自分はこの人の政策だと思う人に入れていたか、そんなことは出来た時代じゃないでしょが。そうやっていたから政治はだんだん悪くなり、遠ざかり、投票率が最低とかになったのでしょう青森県は。
 
今はネットを使えばいろんな人の街頭演説・政策を聞けるのだから。

今日はどこかの高校で模擬投票だと。投票の練習より、誰がどういう事をやってくれるのかどういうビジョン政策を持っているかを調べることがだいじだろ。挙げ句の果てに◯TVでは「党を記入していました」と誘導している。

あくまでも「人を選ばなきゃ選挙じゃない」だろ。勿論この党は絶対ダメというのはあるだろうが。

この人というのが判断できないなら投票しない方がいい。

ちゃんと人を選ぶのが選挙なのだ。

新聞・マスコミははあぶないものと目を覚ませ。(2016.07.05・2016.07.06追記なのに最初に持ってきました)


新聞報道、テレビは信じてはいけないものが多すぎると気がついていない新有権者たちに知らせたい。

「選挙に行こう」というのぼりを青森市内の高校にたてているそばに新聞が貼り付けてあったのをみて

これは危うい、困ったものだと感じたのでこれを書いておく。

まず自分の新聞感覚を考えて見る。

朝日新聞は知っての通り、信じてはいけないのでやめた。

河北新報は全くのひどいウソを有識者意見記事としてのせていたり、あほくさい温暖化水没シュミレーション記事もあり、これもやめた。

東通原発から海に放射性物質トリウムが放出されていることを書いてくれるなと東奥日報社に言われたと、

「放射能を海に棄てないでください」(水口憲哉)テキスト版全文公開、にあるので

これもそれほど見たくはなかったのだが、

デーリー東北は裏もとらずコガタカワシンジュガイが青森県初記録などとウソ記事を書くし、

困ったあげく、いまは東奥日報を購読している。

その東奥日報の選挙関係の記事がまたひどい。サブリミナル効果とでもいえそうな記事の見出しだと思う。

e0039759_2156235.jpg


ざっと見出しだけ見ればあなたはみんなは改憲に賛成が多いのか反対が多いのかわかりますか。

これが誘導記事の見出しというもの気をつけよ。安倍政権改憲なのだよ。わからんだろーか。騙されるなよ。

勿論オレは改憲しなければならないと思う。

独立総合研究所所長の青山繁晴さんのウェブの解説を聞いたり、本を読んで見て判断してもらいたいな。

「ウェブの中は玉石混交だけれど、新聞やNHKその他テレビより、ウソのないものがあるのでウェブの情報を」見ることを勧めますね。私が一番見ているのはDHC虎ノ門ニュースだけれどね。選挙が始まれば公共放送では意見が言えなくなるのでその前によく、ウェブを見て判断するべきと思うよ。

(明鏡欄に東奥日報と全国紙とテレビから情報を得ていると年配者が意見を述べていたが、国の借金を返すために増税は仕方ない・などとこの人は二重の間違いを述べた意見だと言うことを知らない。ニュースソースが東奥日報と全国紙とテレビでは隠されて伝えられていないものだから、わからないのは当たり前だろう。ウェブをみればわかるのだが、年配者はウェブをみないだろうからな。)

e0039759_2283133.jpg


安保法「廃止は無責任」首相---のところの字句であなたはどう考えますか。

見出しをみて「無責任」なのは誰ですか。廃止することは首相・国が無責任だととれるでしょう。

記事の中では「廃止するという無責任な人たちに、子どもたちの未来を託すわけにはいかない」とあり、無責任な人たちは廃止と言っている人たちのことを指しているでしょう。

こういうねじれた見出しを作っている新聞社はいかがなものか(いやなことばだね)。

「岡田氏は共産党顔」で知らせておきたいことは、

共産党の委員長は党の選挙で選ばれたヒトではない、

共産党は、みんなで決める民主主義ではない
ということは新有権者は知らなければならないよ。

追記、2016.06.27

共産党とはこういう考えを持っている。民進党は共産党と共闘するとして共・進党ということだ。

e0039759_113499.jpg


共産党は民主主義のてつづきをとらない、選挙のない党なのによく国と地方の選挙に出ることができるものだ。思考回路はどうなっているのだろう。

同時に共闘している民進党の思考回路も疑いなくおかしいものだ。信じがたい。

(これについての追記、2016.06.30 米人のケント・ギルバートが 言っている「防衛費は人を殺すための予算」などとアメリカでこんなで発言したらこんな人は撃たれますね。なにを言っているのか。)

追記、2016.06.27

参院選の比例代表制だけが、全国的にみて ヒト を選べる。

政党名を書いても、候補者名を書いてもいいとなっているが、候補者名を書けばその人と政党に票が入り、

政党名を書けば政党にしか票が入らないしくみ。

人を選んで票を入れたいなら、候補者名を書くことだ。

追記、2016.06.30

新聞テレビNHKなどは信じてはいけないものが多いと書いたが、週刊誌も当たり前だ、
新聞に週刊誌の記事見出しの広告があるが、そのことばで世論を誘導させようという魂胆がいまの週刊誌にある証拠の記事を見せよう。
週刊文春の記者の告訴されるべき、ふとどき作法の一端。


週刊文春はメディアの自殺行為なのがわからんのだろうか。

メディアで信じられるものがなくなっていくという行為なのだということを週刊文春のクソ記者は考えたのだろうか。

週刊文春は拉致被害者救出を妨害しようという勢力の手先なのだな。

公職選挙法 第十六章 第二百三十五条の二  新聞紙、雑誌が選挙の公正を害する罪

選挙期間中 新聞紙、雑誌がウソを書いて特定の候補を妨害したら罪になる。

週刊文春はこれに当てはまり 告訴された。

選挙期間中の 電車の中吊り広告、新聞紙面の週刊文春の見出しは罪にはならないのだろうか。

広告といえども、新聞社はチェックしていないわけないだろう。東奥日報しか見ていないが明らかに選挙妨害の意図は見え見えな文春見出し広告である。

by snowmelt | 2016-07-09 22:38 | Comments(0)