<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 15日

新聞記事の誘導幻惑読者はどれくらい?

朝日新聞、朝日出版アサヒカメラはウソ捏造で見なくなり、東奥日報は偏向だと思ったから取らないで、河北新報にしてみたが、やはりここもしょうがないかと判断せざるを得ないな。
なにか、いいのはないのだろうか。

「地球温暖化」ということばで読者をどういう感覚に導いてきたろうか。
ここ、一ヶ月の河北新報の記事で、どういう誘導をしようとしているかが結構はっきりしている状況を見て取れた。
まずは次の記事
e0039759_10403651.jpg

よく読めば未来2000年以降つまり人間が生きていて西暦4000年以降、ずっとこの調子で気温上昇が続いたとして、今の人口がそのまま、その土地にいるとしての計算で、何億何人のひとが住んでいる土地がなくなるという数字であるのに、
まさに、津波で何億何人が呑み込まれると思わせているかのような記事だ。
そのあと出た次の記事
e0039759_10513314.jpg


産業革命以後くっきりと1度上がったと英気象庁が発表だと。
抱き合わせで、温室ガス削減への記事。

そして次の記事
e0039759_10564110.jpg


日本最大規模のメガソーラー、六ヶ所村はすごいだろうとの記事
四国の面積のすべてをソーラーで覆い尽くせば、関西の電気を幾分かまかなえるらしてが、六ヶ所村を全部覆い尽くしてもだめでしょう。ソーラーで光と熱を奪われて六ヶ所村は寒くなるかな。

そして、次の記事これはメガソーラーの記事につながって居ました。
e0039759_113899.jpg

これまで見れば河北新報はどういう誘導をしているか分かるでしょう。

時を同じくしてというか、これらの記事が出る前には
産経ニュース、テレ朝ニュース、その他では
e0039759_1154160.jpg

e0039759_1164426.jpg

e0039759_1177100.jpg

とあの『ツバルが沈んでいくと大ウソ報道』をしたNHKまでが南極の氷は増えていると放映している。

海水面が上昇するのは、グリーンランドと南極の氷が溶けて水にならなきゃならないのに地球平均気温が4度上がったくらいではマイナス25度くらいの南極の氷床はとうてい溶けるはずはなく、NASAが観測したように増え続けているのだから、
西暦4000年以降に地球平均気温25度以上くらいになってそこに人がすみついているとしたら海面上昇が8.9メートルで、6億2700万人が暮らす?土地水没という記事だということが分かるんだけどな。

メガソーラーや風力を手放しで肯定させようという誘導記事の構成だと判断します。

by snowmelt | 2015-11-15 11:19 | Comments(0)
2015年 11月 13日

オオタカ次列風切羽

バードストライク
e0039759_22462436.jpg


by snowmelt | 2015-11-13 22:46 | 鳥類 | Comments(0)
2015年 11月 13日

ヨモギハシロケタマフシ

虫こぶです。
虫こぶ同好会掲示板で、ヨモギハシロケタマフシだと教えていただきました。
e0039759_1565250.jpg

ヨモギのハ(葉にできる)シロケ(白い毛の)タマ(丸い)フシ(虫こぶ)と言うようですが、
褐色なのは、初冬だから変色したのです。夏は白い毛玉のようらしいです。

これは2015年11月12日に東通村でとったものですが、市田さんは東通村でヒメヨモギについていたものを
ヒメヨモギハシロケタマフシとして記録されていました。

私はヨモギの一種としてしか分からなかったのでヨモギハのままです。
市田さんにみていただいて、ヒメヨモギとなるかと思いますがわかりません。

スポンジ状でかなり緻密でかたい虫こぶです。
カミソリでようやくカットできたと思ったら、虫まで切ってしまいました。
e0039759_15162580.jpg
e0039759_15163679.jpg

切れてはいますが、赤いのでヨモギシロケフシタマバエ(=ヨモギケフシタマバエ)Rhopalomyia cinerarius Monzen(1937)だろうと思います。

by snowmelt | 2015-11-13 15:21 | 虫こぶ | Comments(0)
2015年 11月 12日

カモフラージュ

これもまたカモフラージュだ。

e0039759_23241833.jpg


親はトリノフンダマシ 鳥の糞だまし

その卵嚢はヤナギカレハダマシ 柳枯葉だまし

by snowmelt | 2015-11-12 23:27 | 動物 | Comments(0)
2015年 11月 11日

弘前の北部にもクマの爪痕

8日に弘前に行ったとき、十面沢だか十腰内だかというところにある巌木山神社の傍によった。

落ち葉のずいぶんきれいなところだった。

e0039759_23151450.jpg
e0039759_23154845.jpg
e0039759_2316331.jpg


このところのホウノキにクマの登った爪痕があった。

岩木山にクマといえば岳キミのある西の方にいるとは聞いていたが、なんだ、北の方、も少しで鶴田町というところにもいるんだと初めて分かりました。
e0039759_23202189.jpg
e0039759_23203142.jpg


by snowmelt | 2015-11-11 23:20 | Comments(0)
2015年 11月 11日

むしこぶ・虫こぶにひかれ

先日、市田さんにお会いしたとき虫こぶの話をしていただいた。

興味をそそられて、しまった。

そういえば、忠さん親子に見せてもらったのも、スカシバガの幼虫がそうさせた『虫こぶ』にほかならないのだったね。

目先をかえて、自然をみよう。

まずは、採ってみて、切ってみて、市田さんに教えていただいたもの2種。『』内は市田さんのことばです。

一つ目、モチノキ科、ハイイヌツゲの虫こぶ
e0039759_22355233.jpg

切ってみる
e0039759_22364068.jpg

e0039759_223658100.jpg

古いのは
e0039759_22373314.jpg

これは『イヌツゲメタマフシでイヌツゲタマバエAsteralobia sasakii(Monzen,1937)により形成されるもの』ということです。

『虫こぶの名前は、植物名+虫こぶ形成部位+虫こぶ形状+虫こぶを表す「フシ」という語尾で構成されます』
イヌツゲ メ( 芽 )タマ (丸い) フシ (虫こぶ)ということ。

二つ目、ヤナギの一種の虫こぶ。
e0039759_22465715.jpg

e0039759_22471467.jpg
e0039759_22472663.jpg
e0039759_2247388.jpg
e0039759_2247529.jpg

これは『ヤナギエダマルズイフシで、ヤナギエダコブタマバエRabdophaga salicivola Shinji,1938が形成するものです』
ヤナギ エダ(枝) マル(丸い)ズイ(髄部に虫がいる) フシ(虫こぶ)ということと教えていただきました。

タマバエがクモの糸にたくさんぶら下がっているのを撮ったりしたことがあったが、タマバエたちがこういう虫こぶから出て来るとはしらんかった。

 

by snowmelt | 2015-11-11 22:55 | 虫こぶ | Comments(0)
2015年 11月 11日

トウホククチキウマ 冷水峠

2015.7.20に下北半島、冷水峠で採っていたものを出します。
市田さんに同定していただきました。
トウホククチキウマに間違いないでしょうとの事です。
e0039759_2218379.jpg
e0039759_2218135.jpg


真っ黒になって臭いましたので、樟脳でにおいかくしています。
e0039759_2218558.jpg


by snowmelt | 2015-11-11 22:20 | 昆虫 | Comments(0)
2015年 11月 02日

ある記事・河北新報

2015年10月31日、河北新報・洋上風力発電に関する記事
e0039759_22503393.jpg


経産省が許可するか環境省がすこし口を出したが。この世はカネ・金・金・金。

by snowmelt | 2015-11-02 22:52 | 鳥類 | Comments(0)