<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 30日

原発爆発の映像

こんな爆発がおきてたんだ。
e0039759_10113729.jpg


トータルで広島原爆の約200発分の死の灰が空中と海へでたのだと。

200倍とは知らなかった。

吹き上げられた死の灰が風にのって移動した。

しかし、このときの風向きを教えなかったのは気象庁とNHKだということだ。

武田邦彦チャンネルの記事には「報道規制か、あるいはマスコミの­自主規制は厳しかった。
私はIAEA(国際原子力機関)に日本の気象庁から福島の風向きを知った。日本では発­表されていなかったばかりか、NHKは風向計の故障を理由に、気象学会は会員に風向き­を発表するなと通達した。」と書かれている。

そこで、

もしも東通原発が同じように爆発したと仮定して(3.11の余震の震度4で全電源喪失してる東通原発です)

さらに風が福島のように吹いたとしたらどうなるのかね

地図でも重ねてみると

e0039759_0474561.jpg


むつ市街は飯舘村より近いところに位置するのだね。

チェルノブイリではバス1000台で避難したと云うが、福島ではゼロという。

下北ではバスがあっても今の道路でスムーズに行けるとは思えない。

1968年(昭和43年)十勝沖地震の時ははむつ市は大変だったようだ。市役所が崩壊だもの。当時の高校生は窓から飛び降りて逃げた人もいたと言っていた。

『発生日時:1968年(昭和43年)5月16日9時48分
 地震規模:M7.9
 震源の深さ:40km
 震央域:青森県東方沖
 種類:海溝型地震
 最大震度:6(苫小牧にて記録)
 死者:52名

むつ市役所や函館大学が崩壊したり(建てられてからまだ10年も経っていない鉄筋コンクリートの公共建築物の被害が目立ったらしい。)、国鉄の線路が地盤崩壊により破損するなどの被害が出た。
ちなみにこの地震により青森県東方にあった南部鉄道が全線廃止に追い込まれている。--ニコニコ大百科より』
むつ市の「早掛沼の堤防が長さ150mにわたり決壊、一人が行方不明・青森県大地震・昭和44年3月」ともある。

線路ぐんにゃりで市役所つぶれ、早崖沼堤防道路決壊で下流の田名部川は洪水。

こんな中で陸路の避難はできないのでは。

7-15年後に縦貫道路ができたとしても方向的に死の灰を浴びずに避難はできないようだ。

死の灰をかぶった車や人を受け入れてくれる所はあるのだろうか。ないだろうね。

死の灰を吸い込まずに逃げ出すことができるとは思えないね。

風向きは知らされない様だし

自衛隊大湊基地は人が居れなくなるね。

釜臥山のガメラレーダーは人がいなくてもいいとは思えないし、北の守りは無防備状態になるね。

80キロ圏内のアメリカ人は国外に退避せよと言われたけれど、三沢基地は60、70キロの圏内か。

三沢のアメリカ軍は逃げ出すかどうかどっちだろうか。


もしも大間原発の位置なら
e0039759_0485067.jpg

北海道は大変だ。

山背が吹く時期ならば
e0039759_0495486.jpg

陸奥湾漁業は壊滅ですね。

ホタテはもうなくなりますね。

あるいは北風だったなら
e0039759_0511451.jpg

これなら原燃再処理工場には人は居れないということになり、運転中ならどうなるのか停止時でもどうなるのかなんと云っているの原燃は。

北風の時なら三沢基地は機能不全ですね。

爆発が起きるときは西風のつよいときなら、被害は最小になるとの考えなのかね。

規制基準が引き上げられて例えば600ガルとかにしても、震度6何てのはざらに来るようで、福島あたりでは3000ガル近くの地震だった様でこれでは壊れるのは当たり前ではないのでしょうかね。


日本の原発は震度6で壊れないようには設計していないのだから五十何基かあるうちのどれかは壊れる運命にあるのだそうです。世界の基準は震度5までは耐えられる設計であって、震度6以上の地震がくるようなところには設置しないというのが普通のかんがえだそうです。
震度6でも壊れないようにするためにはお金がかかりすぎで意味がないということらしい。

by snowmelt | 2015-03-30 10:11 | Comments(0)
2015年 03月 29日

フジの実が弾ける

藤棚のうえのマメザヤがいい音で弾けていました。


by snowmelt | 2015-03-29 10:05 | 植物 | Comments(0)
2015年 03月 23日

メスのキジ


この頃はこのメスキジが家の庭に来なくなった。

何度かオスキジに求愛ディスプレイをあびせかけられ、

しつこく迫られまくったのでどっかに行ったのだろう。

by snowmelt | 2015-03-23 20:31 | 鳥類 | Comments(0)
2015年 03月 23日

キジのオス

積雪ゼロで春っぽくなってきましたが
予報ではまた雪が降るようです。


by snowmelt | 2015-03-23 11:39 | 鳥類 | Comments(0)
2015年 03月 23日

キジの羽繕い

キジが羽繕いをしています。

雪があったときよりも喉の羽毛が乱れています。ケンカでもしてきたのでしょうか。



by snowmelt | 2015-03-23 11:36 | 鳥類 | Comments(0)
2015年 03月 15日

キジオス

キジのオスです


e0039759_19222991.jpg


by snowmelt | 2015-03-15 19:22 | 鳥類 | Comments(1)
2015年 03月 14日

キジメス

キジのメスです
e0039759_23222150.jpg


by snowmelt | 2015-03-14 23:22 | 鳥類 | Comments(0)