北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

全部 ミチノクエンゴサク でしょうか

Corydalis を好きな英国人がいた。

エゾエンゴサクと思っていたものがあった。いつのまにか、日本海側のはオトメエンゴサクという名になったりしている。北海道のエゾエンゴサクとはちがうと言い出した人たちがいるからだ。
しかしこれは、どうも疑問がのこるようだ。

おまけに 下北のいままでエゾエンゴサクと呼んでいたものはどうなるのかよくはわかりません。


つぎの写真はミチノクエクゴサクでしょうと思う。
でも、葉から、色からかなり違いはある。花の形だけは同じように見える。
全部、ミチノクエンゴサクでしょうかね。
e0039759_22384233.jpg
e0039759_22385795.jpg
e0039759_2239879.jpg
e0039759_22391917.jpg
e0039759_22393386.jpg

動画ものせます。


by snowmelt | 2014-04-30 22:40 | 植物 | Comments(0)
2014年 04月 29日

アメマス(エゾイワナ)

こぶりのイワナがいました。2匹みえました。

すると、大きいやつが現れて、小ぶりの2匹は見えなくなりました。

水底のエサを小石ごとあさっているようです。小石をはき出すところが写っています。


by snowmelt | 2014-04-29 14:34 | 淡水魚類 | Comments(0)
2014年 04月 28日

ヒガラのえさとり・ねこやなぎの何かを食う

この前のマヒワはねこやなぎの花の一部を食べているようだった。
今日のヒガラはねこやなぎの花の付け根の冬芽を被っていた鱗片のあたりの何かを食べているように見える。


by snowmelt | 2014-04-28 23:04 | 鳥類 | Comments(0)
2014年 04月 27日

リュウキンカとエゾノリュウキンカ--ショウナとヤチブキ

六カ所村で、ほぼ一番早く出る山菜にショウナというのがあるという。

ショーナというのかショウナというのかシオ菜というのか定かではないが、何回か云ってもらうとショウナらしい。

すっと茎がのびて黄色い花がついている山菜だという。

実際に現地へ一緒させてもらった。

リュウキンカ(立金花)だった。

e0039759_21511158.jpg
e0039759_21512646.jpg
e0039759_21514845.jpg
e0039759_2152578.jpg


北海道ではエゾノリュウキンカというのがある。北海道の人はヤチブキという。

谷地の蕗という意味だ。これも山菜だ。昔採って食べていた。

最近といっても2011年5月26日に北海道で成長したエゾノリュウキンカをみて、まさにヤチブキだと思った。

そのときの写真を載せてみます。山菜として食べるときはもっともっと葉の小さいときに採ったと記憶しています。
e0039759_21572194.jpg
e0039759_21573714.jpg
e0039759_21574993.jpg
e0039759_2158650.jpg
e0039759_2158199.jpg


ほんとのフキ(アキタブキ)と比べても結構負けていません。
左がヤチブキで右がアキタブキ
e0039759_220105.jpg


by snowmelt | 2014-04-27 22:01 | 植物 | Comments(0)
2014年 04月 26日

なんじゃこれは!!!のつづき・スジカミナリハムシみたいです。

2014.4.24の昼下がりの陽気の中、なんじゃこれはたちは木の上へ、枝の先へと移動し

飛び立っていくのです。

飛び立つのもすんなりといくのではなくて、交尾しているのもかなり見えますので、

おそらく精子をもらったメスたちが先に飛んで行くのだと思います。

しかし、それは想像でしかありません。結局はオスもメスも飛んで行くから、

その木の先の群れ匹数は徐々に少なくなって行くのでしょう。

後脚はピョンと跳ねるのに適していますから、跳ねてから飛んでいるのはみえます。

テントウムシのようにおもむろに羽をふるわせて離陸という飛び方は見えませんでした。

動画をのせます。




e0039759_22593325.jpg


追記2014.4.28 吉田かおるさんから、スジカミナリハムシではないかとの助言をいただきました。
九州のスジカミナリハムシの写真をみたらば、何となく違う。
ところがキキリ・キキリ・キキリさんのブログ

にはなんと同じような光景がのっていました。
さらにスジがあるからその名をつけたようです。
本州以南はスジがないといわれているようですが、青森でもスジ有りですよとコメントを書いて置きました。

和名ですが、スジカミナリトビハムシと書いてあるのがありました
ピョンと跳ぶのでこちらのほうがわたしはお気に入りです。

「Altica letericosta letericosta スジカミナリトビハムシ 北海道
Altica letericosta subcostata (スジカミナリトビハムシ) 本州,四国,九州 」

というのがありました。

by snowmelt | 2014-04-26 22:55 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 04月 25日

ヒメフンバエの食事

フンバエというからには糞食みたいだが、

WEBをみれば、幼虫は糞食、成虫は小さな昆虫などを捕らえて食う肉食とかいてある。

今日は、ハコベの一種だと思うが、花の蜜を食べているとしか思えないヒメフンバエのオスを見た。

これなら、雑食性といった方がいいのではないか。



by snowmelt | 2014-04-25 23:15 | 昆虫 | Comments(0)
2014年 04月 24日

マヒワ

今年のマヒワはまた、本州で繁殖でもしそうな雰囲気に感じる。


by snowmelt | 2014-04-24 22:55 | マヒワ | Comments(0)
2014年 04月 23日

タシギ

田んぼの、すこしの水たまりに嘴をつっこんでいたのか、泥がついている。
e0039759_2284431.jpg



by snowmelt | 2014-04-23 22:08 | 鳥類 | Comments(0)
2014年 04月 23日

カモシカ

カモシカです。街の中で見かけるものよりやっばりいい。
e0039759_2243992.jpg




by snowmelt | 2014-04-23 22:05 | 動物 | Comments(0)
2014年 04月 23日

川をいかにとらえるかの哲学がほしい

東通村に、ふるさと、なんかきえていく。

そして、麗しきふるさとがなくなった人はもどってはこない。

田名部川河畔林を自然と見なさない皆伐の図式。

川・河畔林・農地と連続したところにすむいきものたちのことを全く考えない一斉皆伐の方式は哲学の不在を示していると思います。



by snowmelt | 2014-04-23 09:43 | Comments(0)