北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

これはなんだろう? クワヤマハネナガウンカ Zoraida kuwayamaeでしょう

体長は3-4mmくらいか。
e0039759_23175428.jpg

腹をみれば
e0039759_23183995.jpg

尖った口吻があるのでカメムシ目だ。

e0039759_2320870.jpg

これでピョンととぶ。
e0039759_2321762.jpg


さっそく市田さんから返事をいただきました。

「脚の黒色環の位置などからワヤマハネナガウンカの終齢幼虫(5齢?)と考えられます」

日本半翅類学会連絡誌 Rostria ,No.46,1997 ハネナガウンカ科3属の幼虫 市田忠夫 としてあげられているクワヤマハネナガウンカZoraida kuwayamae (MATSUMURA)の終齢幼虫(5齢?)と考えられると教えていただいた。

(5齢?)と?がついているのは、「ハネナガウンカ類の齢数は、他の同翅類と同じように5齢だと思われるが、正確な観察例がないので、」疑問符付きにしているとある。


「ハネナガウンカは、幼虫が食菌性ではないかと考えられているようだ」

「シリアカハネナガウンカの幼虫はウメの朽ち木などのキノコで育つ、というのが唯一」の知見だった。

この報告(Rostria ,No.46,1997 ハネナガウンカ科3属の幼虫)は「コウヤクタケに似た形のきのこでクワヤマハネナガウンカ、ウスマエグロハネナガウンカ、アヤヘリハネナガウンカの3種を羽化させた」というものである。


私のこの写真の幼虫は、

土壌を採る際に、杉林縁で表面にわずかあるにある落葉がすこし混じってしまったという環境でのサンプルのなかに入っていたので、キノコとの関連はわかりませんでした。


このかおは昔見た顔ににている。

2009.9.21に見た顔に似ている。
e0039759_2322582.jpg

どうでしょ。1.7mmぐらい。幼虫ですが、上のような姿になりそうでないかい。
これについては
「ハネナガウンカでこれほど小さい種はありませんので、シマウンカ科ではと思い
ますが、青森県には2種いて、どちらかかはわかりません
(科も違うかも知れません)。」と返事をいただいた。

by snowmelt | 2013-09-30 23:26 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 26日

テラニシハリアリでしょうか

アリのデータベースで調べてみれば、

ハリアリ属でしょう。

東北でいるのは、テラニシハリアリというものらしく、各地にみられる様です。

青森県は分布ぬりつぶしはありませんがあたっていると思います。

3mmくらいにみえますが、データベースでは3.5mmとあります。

e0039759_19414416.jpg
e0039759_19415647.jpg
e0039759_1942675.jpg
e0039759_19421872.jpg


2013.09.25下北半島横浜町で採集

by snowmelt | 2013-09-26 19:41 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 25日

アリヅカムシの一種2

これは、前ページのに比べて大きく3mmくらいに見えます。
e0039759_15435781.jpg
e0039759_1544094.jpg
e0039759_1544197.jpg
e0039759_15442361.jpg
e0039759_15445015.jpg

どちらも、土くれのどこかにいたのですが、わかりません。
2013.09.24下北半島横浜町産

by snowmelt | 2013-09-25 15:47 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 25日

アリヅカムシの一種

アリヅカムシは別にアリの巣からだけ見つかる訳ではないとどこかに書かれていた。

いままでアリの巣は掘ったことがない。けれどアリヅカムシは何回か見てきた。

これはかなり小さかった。2mmはない。1.6mmくらいに見えた。

「アリの巣の生き物図鑑」というすごい図鑑があるが、そこに出ているアリヅカムシには当てはまらず。

触角のさきがこのように筆状のもの写真の中には見つからなかった。

「日本産土壌動物」にはアリヅカムシについてはまったく図版がない。

静岡県のアリヅカムシの目録(だけ)には50種ぐらいがリストアップされている。随分といるものなだと思う。

e0039759_1527865.jpg
e0039759_15273032.jpg
e0039759_1527245.jpg
e0039759_1527488.jpg


2013.09.24下北半島横浜町産

by snowmelt | 2013-09-25 15:27 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 09月 24日

ミチノクマイマイ 金木産

ミチノクマイマイが津軽半島のどのあたり北部までいるのかわからない。

これは2013.09.23五所川原市金木のものです。無帯のものしか見えませんでした。

e0039759_22304615.jpg


大きく見えますが、アオモリマイマイの半分もありません。

by snowmelt | 2013-09-24 22:23 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2013年 09月 24日

アオモリマイマイ下北産

2013.09.22 東通村猿ヶ森のアオモリマイマイです。

猿ケ森は海のそばで低地なのですが、こういう、山地系のような色彩ばかりが一所にみられました。

e0039759_22133691.jpg


by snowmelt | 2013-09-24 22:14 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2013年 09月 24日

アオモリマイマイ津軽産

2013.09.23 五所川原市金木町のアオモリマイマイです。
e0039759_2159515.jpg


by snowmelt | 2013-09-24 22:00 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2013年 09月 23日

山椒の実

サンショウは小粒でもひりりと辛い

「香辛料・薬用には熟した果実を採集するが、果実酒用には未熟(緑色)のものでよい」と「食べられる木の実草の実」に書いてある。

e0039759_20465539.jpg
e0039759_20472637.jpg
e0039759_20471447.jpg


山を歩き回るとサンショウの香りで、元気になる。

by snowmelt | 2013-09-23 20:48 | 植物 | Comments(0)
2013年 09月 22日

民族衣装を着なかったアイヌ 瀧口夕美著 のことなど

副題--北の女たちから伝えられたこと--編集グループSURE 刊

新聞の書評にあったので注文して読んだ。

「瀧口」という名と「阿寒のアイヌ」という単語からもしやと思い、読みたかったのだ。

弟子屈にはたまにしか帰郷しないが、行ったときは必ず寄る阿寒のアイヌ部落にある店二軒があり、この著

者はその一軒の娘さんだったのである。
 

十四五年前に行って店にあった彫刻のすばらしさに惹かれたのだ。

ご主人は和人で奥さんはアイヌとわかる人であった。奥さんとはふたことみことしか言葉をかわしはしなかった

が、二階へむかう階段に新聞切り抜きがあってご主人・彫刻家の瀧口政満さんが紹介されていた。


なにせ彫刻に惹かれる。

少女の多すぎるほどの髪を風が吹きなぐる彫刻。

表面に刃物の跡を細かく細かくきざみつけた風に立ち向かう姿。

静止しているが、ものすごい風が吹いているそんな彫刻に惹かれたのだ。

ここは北海道観光地のたんなるおみやげブローチ店ではないことを見せられてしまったのだ。

その家のゆかりの人が「民族衣装を着なかったアイヌ」という題で何を書いているのかはいろんな書評にある

ので言う必要もないが、この編集グループSUREを調べるうちに、

彫刻家の瀧口政満彫刻作品集「樹のなかの音」というのも、ここから発刊されていることを知り、

また注文して見た。

「無数の刃あとの一つひとつが、微細な陰影をつくりだし、それ全体が、やわらかな光のなかに立っている。」

と本の帯には書かれている。 

写真で見ても、やはり、惹かれる。さいごの文の「私と彫刻」がまたいい。
e0039759_1154818.jpg

e0039759_11534094.jpge0039759_1155266.jpg
e0039759_11543646.jpg



また、北海道に行きたくなってしまった。

by snowmelt | 2013-09-22 23:25 | Comments(0)
2013年 09月 21日

ウスヒメカイエビの一種

水田ではありません。

水田に発生するカイエビではありません。

今年はすこし様子がちがいます。

いつも見ていた大型䚡脚類のヤマトウスヒメカイエビとは、時期も遅いし、かなり小さいのです。

でも、栄養状態によるのかもしれません。わかりませんが、載せておきます。

e0039759_21385431.jpg
e0039759_2140178.jpg
e0039759_21391116.jpg
e0039759_21402064.jpg
e0039759_21393354.jpg
e0039759_21395337.jpg


動画も載せておきます。


by snowmelt | 2013-09-21 21:41 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)