北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

自然観察に最適な双眼鏡,その2 (ルーペ代用)

2007年12月に「自然観察に最適の双眼鏡」という記事を書いた.
PENTAXのPapilio 6.5×21というもので,今もその考えはかわらず,使っている.

40年くらい前に読んだ本の中に,双眼鏡をルーペ代わりに使う方法が2,3行書いてあった.

先人の工夫をいただいて,

時折「双眼鏡はルーペにもなるんだよ」とフィールドで教えたりしたこともありましたが,

このブログを訪れてくれた,自然観察初心者さん,に書いておこうと思います.(先人の知恵を伝えなくてはね)


1.双眼鏡を普通とは逆にもちます.
e0039759_20544649.jpg

2.接眼部分を見たいものに接近させます.
e0039759_20555781.jpg

3.そして,覗けばいいのです.
e0039759_20564156.jpg

ただこれだけです.

ここまでが40年以上前の先人の知恵です.

そして,ここからはデジカメが出来てからこそ,簡単にできるようになった技法で

コリメート撮影法というのです,

これは,望遠鏡でも,顕微鏡でも,接眼レンズにカメラのピントをほぼ無限遠にして(オートの方がいいときも,マニュアルのほうがいいときもあります)レンズを押し当てて撮せばいいだけなのです.
ルーペ代わりの双眼鏡は,なかなか光軸はあわせにくいものですが
e0039759_2163889.jpg


覗けばこうなって見えるのです.

e0039759_2181736.jpg

定規の下の指紋も見えるでしょう.
e0039759_2195248.jpg

距離をかえて1mmをみると
e0039759_21112816.jpg

ゆがみはもちろんひどいです.
e0039759_21123046.jpg

でもルーペとして使えることがわかるでしょう.
e0039759_2115784.jpg

40年以上前の先人の知恵プラス,現代の知恵をプラスしてみました.

ルーペを忘れたとき,接写マクロレンズを忘れたとき,

応急処置として,ふたつをくみあわせる方法は,私の工夫です.

by snowmelt | 2013-03-31 21:22 | Comments(0)
2013年 03月 30日

蜂に擬態した蛾・キタスカシバ Sesia yezoensis

何の蜂に擬態したのでしょうか.
e0039759_21252645.jpg


by snowmelt | 2013-03-30 21:27 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 03月 28日

雪上しゃと雪上ちゅう

積雪期に雪の上で見てきた生き物は,けっこう見てきたつもりでした.

e0039759_19515114.jpg


一番気に入ったのがイマニシガガンボダマシとか,ユキガガンボ(クモガタガガンボ)などの双翅目.無翅だったりして.ハエ類はよくいる.タマバチなどハチもいる.クモ類もいる.毛虫類もいる.
トビムシ類はわんさといる.カワゲラ類も歩きまわっている.半翅目カメムシもいる.


でも,今日見たのははじめておいおい雪の上にバッタ・コオロギ・キリギリスの仲間かよ.
北海道弟子屈川湯のポンポン山には地熱で雪が積もらず,冬でもシバスズだか,マダラスズだかそのたぐいが生きているのは昔から知ってはいるが,
ここは温泉もないし3月末とはいえ,雪上車の出番がまだあるところですよ.
下北半島で雪の上にナニスズかしらないけれど,(クサヒバリの仲間でしょう)こんなのを見たのははじめてです.
e0039759_2041539.jpg
e0039759_2044392.jpg

周りの状況は,
e0039759_2052752.jpg

こういうところから出たのでしょう.
追記・市田忠夫さんから、エゾスズの幼虫だろうと教えていただきました。ありがとうございました。

by snowmelt | 2013-03-28 20:08 | 昆虫 | Comments(0)
2013年 03月 27日

これは何獣?正体はOOOOOか.

いろいろ調べても分かりません.これはなにものでしょうか.

e0039759_22225039.jpg


e0039759_22255646.jpg


e0039759_22262493.jpg


e0039759_22331497.jpg

e0039759_22335797.jpg


指と鈎爪のある動物です,ここらにいそうな動物から消去法でいくと,ウサギ,キツネ,タヌキは当てはまらないでしょう.
レンズはキャップは67mmのもので,短径69,長径72mmです,
さらに,5本指ですから,ノネコ,は当てはまらない.
たしかに4本指もありそう(5本指で1本はないということもないとはいえないけれど)

前足指が4本で,後足指が5本というのはムササビらしいが,杉林のなかからずっとやってくるなどとは考えられないし,超巨大ムササビでないとね.

指の足りない子グマ?では,親熊の足跡もないし冬眠からさめていないだろうし.

アナグマは5本指で前も後ろも爪は長いし.
テンは5本指ですが,これは巨大テンでないとあわないし,

海カワウソはずっと前足が小さいし,アライグマはもっと指が長いし,分からないのです.
誰かわかったら教えてほしいのですが.

追記,1,てっちゃんとのコメントで,ハクビシンは第3指と第4指は接近しているけれど,爪痕は2本つくはずだしと,この4本指足跡に見えるところを爪の数で迷っていたのですが

追記,2
正体はなにか.消去法でいって,この足跡は右後ろ足で第3指と第4指が接近して4本指にみえているが前も後ろも5本指の獣であると解釈していけば,

以前は青森県には入ってきていないと見なされていた,ハクビシンが浮かぶしかないようです.

下のコメントにも書いておきましたが,この山のつらなりで,ハクビシン(足跡)と

アライグマ(今回のメールでは自動撮影しっぽのシマシマあり)を確認したというコンサル担当者は,

ギャロップの付き方からも可能性はハクビシンが一番だと教えられました.

いやはや,アライグマとハクビシンがもはや,完全に本州最果てまで来ているのです.唖然.


北海道はアライグマがかなり前から沢山いるようだし,ハクビシンも分布になっている.

アライグマ北米からの捨てたペットでしょうが本州の北の果てまでのっとるのは時間の問題でしょうかね.

ハクビシンは帰化動物か昔から日本にすんでいたか分からないそうですが,

青森県や北海道にはいなかったはずなのに.

by snowmelt | 2013-03-27 22:48 | 動物 | Comments(2)
2013年 03月 26日

本場もの・エゾコギセル

深度合成練習
北海道檜山支庁(地方)厚沢部町のエゾコギセルです
エゾがつくコ・ギセルで本州の青森県(下北半島,津軽半島,八甲田,白神山地ちかく,白神山地の中に入ったことはありませんが,近くで採れたので白神山地にもいると思います))・秋田県(和賀山塊)にもいますが,こちらが模式産地渡島茅部となっている,本場でしょう.檜山ですけれど.
まずはF32に絞った単写真
e0039759_1929397.jpg

次は深度合成ふたつ.
e0039759_22413987.jpg
e0039759_2242950.jpg

ふたつは,写し方がちがいます.
一つ目はピントリングをまわしてピント移動でこちらが自然
二つ目はやや小さくなりました.ラックピニオンでピント移動させたのです.
二つ目をシフト拡大させたら99.9パーセントぐらいぴったりになりましたので縦横比率はほとんど等しく縮小されて写ったと思います.

by snowmelt | 2013-03-26 19:41 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2013年 03月 26日

雪の下で活動していた跡

ハタネズミだと思います.
e0039759_16292818.jpg


by snowmelt | 2013-03-26 16:29 | 動物 | Comments(0)
2013年 03月 26日

下北も春のきざし

3月26日だというのに,下北は積もるくらいの雪が降った.
でも,昨日見た斜面にはようやく春のようすがひろがりつつあるのを感じました.
e0039759_1133242.jpg

e0039759_11335223.jpg
e0039759_1134876.jpg


by snowmelt | 2013-03-26 11:34 | 風景 | Comments(0)
2013年 03月 26日

フクジュソウ

友人から「フクジュソウの観察,ミチノクフクジュソウについての疑問」秋田自然史研究63というのをもらった
ミチノクフクジュソウの染色体は2n=16でフクジュソウは2n=32,花の数は一茎あたり3-8がミチノク,1-4がフクジュ,萼片<花弁がミチノク,萼片<=花弁がフクジュ,茎の横断面は中空がミチノク,中実がフクジュで
開花期は4-5月がミチノク,⒊-4月がフクジュなどと(西川1989)となっている.
染色体は調べればはっきり区別出来るだろう.

萼片・花弁ではわからないのではと思うがどうだろ.

茎の中空,中実ならわかるだろうか.
友人・沖田貞敏はフクジュソウは茎が伸びた頃には中空になり,中空,中実で区別するのは適当ではないとし,
さらにフクジュソウでもミチノクフクジュソウでも萼片は花弁より3-4mm短い個体がほとんどで,イコールの個体は14個体のうち1個体だとしている.これでは区別はできないのではと考えている.

ミチノクフクジュソウが岡山県でみつかったり,新聞記事に出たりするときの,ミチノクフクジュソウは茎が中空というのをを根拠にしたのなら適当ではないのでと,再検討をうながしているのである.

次の写真は本州最北東の福寿草ですが,
e0039759_0225696.jpg
e0039759_023112.jpg
e0039759_023347.jpg
e0039759_0234898.jpg
e0039759_0245613.jpg
e0039759_0275547.jpg

萼片と花弁と等しいのはないだろな.青森県RDBには太平洋岸南部にミチノクフクジュソウがあるというのであるから,これはフクジュソウなのだろう.茎を切ってみれば中空かもしれないけれど.

by snowmelt | 2013-03-26 00:32 | 植物 | Comments(0)
2013年 03月 25日

杉の森の奥にあったはずのお堂

今日行ってみるとすっかり明るい山になっている.
ここは杉の森があり,ずっと奥に薄暗いお堂があったところだ.
なんと,全部伐採したのか.人工林だったし杉林なのでいいのか.
でも,杉を植える前の植生はどうだったのだろうか.
また,杉をうえるのだろう.
e0039759_2336535.jpg

アメリカで地盤が抜け落ち,人が地下に落ちて見えなくなる事故があったが
ここは,石灰岩の山で,大雨の後に地下?穴から石が吹き出してくるようだ.
ドリーネは石灰岩が溶けたためにおちこむすり鉢状凹穴だろうが,
その地下はどうなっているのか,岩が溶けて小さくなって,隙間ができて,抜け出る穴があればそこから出て来るということだろうか,出てきた石の量は増え続けているようだ.
e0039759_23455873.jpg


by snowmelt | 2013-03-25 23:46 | 風景 | Comments(0)
2013年 03月 25日

キタホウネンエビ・今年はどうか

キタホウネンエビはある程度以上の積雪が必要だ.
今年の雪はこんな具合なので発生するかもしれない.
e0039759_23281734.jpg

これからが楽しみだが,いつも期待は裏切られている.

by snowmelt | 2013-03-25 23:29 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(0)