<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 30日

セスジスカシバ産卵

ハチに擬態する蛾-スカシバガたち

セスジスカシバが卵を産んでいました。
e0039759_2292049.jpg

e0039759_2292973.jpg

これはこの葉に産み付けた卵ではありませんが、別な葉のうらのものです。
卵は点々とあります。
e0039759_221158100.jpg

自然の造形に美をかんじましたので、アップにします。
e0039759_22122421.jpg

2012.08.30 むつ市大畑町で撮影

by snowmelt | 2012-08-30 22:15 | 昆虫 | Comments(2)
2012年 08月 30日

トノサマバッタ 飛蝗

先の雄の方が小さい。あとの雌のほうが大きい。

蝗虫とも書いた。

日本全土に分布。

明治十年代から北海道各地で大発生して、いわゆる蝗害となった。

河野広道著作集Ⅳには「群蝗満地堆積実に驚くべき景況なりき」「作物は勿論、笹の葉雑草若木の皮までも噛みつくして一草を残さず、恰も焼野を見るが如く」と書かれている。

札幌の手稲山には死骸が山と積み上げられバッタ塚として残った。



by snowmelt | 2012-08-30 00:04 | 昆虫 | Comments(2)
2012年 08月 28日

高速シャクトリ

なかなか速い尺取虫がいました。


by snowmelt | 2012-08-28 18:50 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 27日

オオチャイロハナムグリ

ブナの立ち枯れ、腐れ木についていた。

麝香というのか、におい、芳香?がただよっています。

オスの芳香にメスが寄ってくるらしいですが見かけませんでした。

二匹は上北郡と下北郡で撮りました。

レツドデータブックにのっている県もあります。
e0039759_11201256.jpg
e0039759_11202853.jpg
e0039759_11205392.jpg
e0039759_11211525.jpg


by snowmelt | 2012-08-27 11:22 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 27日

ヒバの雫

ヒバの雫なんてうそ、ヒバのヤニです。

杉のヤニはきれいでしたが、こっちは透明っぽい。

でも、ヒバキチオールなんかが濃縮されて?いるようで、すごい効き目がある?かも。わからん。

e0039759_10154074.jpg
e0039759_1015561.jpg
e0039759_10163188.jpg
e0039759_10164734.jpg


by snowmelt | 2012-08-27 10:16 | 植物 | Comments(0)
2012年 08月 26日

オオホシオナガバチ

捨てられた材木なのか、林道脇に無造作においてある。
虫たちが寄ってきていた。
オオホシオナガバチというものでしょう。

「樹木内に生息するキバチ類・カミキリムシ類等の幼虫」に卵をうみつけるらしい。触角でそれらを探し当てるのだろうがすごい探査能力だ。
e0039759_00250.jpg


触角を押し当てています
e0039759_002859.jpg




by snowmelt | 2012-08-26 00:00 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 25日

冬虫夏草・カメムシタケ・樹幹コケ中

カメムシタケだけは眼に入る。

でも、地上1メートルほどの樹幹についたコケの中からでていた。

カメムシの種類はまだ調べていません。

e0039759_23383189.jpg
e0039759_23391235.jpg
e0039759_23391038.jpg


by snowmelt | 2012-08-25 23:39 | 菌類 | Comments(0)
2012年 08月 23日

コガタカワシンジュガイがこれでは駄目でしょう




YouTubeに書いたこと

『青森県佐井村の福浦から野平への現在の道路工事で、2005年に新種記載されたきわめて希少なコガタカワシンジュガイのすむ細流は今このような惨状である。

2010年に道路ルートが分かり、ルート上にコガタカワシンジュガイ生息沢がかかりそうなので、申し入れをした。

そのときは土地の買い上げもすんでおり道路の設計図の変更は出来ないが、と県職員、現場監督と共に、ここに生息と確認し、コガタカワシンジュガイの生息には配慮すると言うことではあった。

しかし、これでは風前の灯火だろう。

いまは冬季閉鎖の道路を8メートルに拡幅し25トンの車両に耐えるコンクリートボックスで沢・湿地を閉じ込める。

年間何台の車両が通るのだろう。冬季は除雪するのだろうか。ほとんど何日も車が通らなくても。野平に住人はいない。福浦(漁港)には住人はいる。

大間に原発が出来、事故が起きたときの避難路としてつくっているのだろうか。福浦から山をこえこの道をこなくとも南下して牛滝から野平-川内へと避難してもさほど変わりはないと思うが。この道路が切れて福浦にはいる手前では一台幅の道路になる。山の中の道路だけが不釣り合いなほど大きな道路にしているとしか見えない。

冬期間の除雪費はどれくらいになるのだろうか。この道路に接続する海峡ラインは冬季閉鎖中に雪で崩れ今8月でも開通していない。』

by snowmelt | 2012-08-23 00:35 | 陸産淡水産貝類 | Comments(0)
2012年 08月 22日

シャクトリムシが糸を尺取り登りしています

シャクトリムシの糸の登り方はいろいろあります。

今回のは初めてみました。鉛直の糸を尺取り登りしているのです。

眼を疑いましたがよく見ると・・・・なーるほど



by snowmelt | 2012-08-22 00:08 | 昆虫 | Comments(0)
2012年 08月 17日

尺取虫が糸のぼり

シャクトリムシが糸をのぼっていく様子です。

先日、向かいに来ていた大工さんの会話の中にまだ「尺」が使われていました。

今のこどもはピンとこないことが沢山あるだろうね。


by snowmelt | 2012-08-17 22:23 | 昆虫 | Comments(0)