北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

こわそうな蜘蛛

オニグモの仲間だろう。死んでいる。

e0039759_2115782.jpg


よーく見ると抜け殻だ。脱皮殻だ。

e0039759_213881.jpg


眼は怖くなんかない。

e0039759_2143873.jpg


脚を脱いだあとは、まるで食べたあとのカニの足だ。

e0039759_216174.jpg


怖くない怖くない。

だが次のは怖い、牙です

e0039759_2174245.jpg


by snowmelt | 2011-07-30 21:07 | 動物 | Comments(0)
2011年 07月 30日

カメが下北に

青森県下北半島の川にカメがいました。

クサガメです。カメがいたってなんということないじゃないかといわれればその通り。

アライグマのように、自然には分布していないものがどんどん捨てられ増えているのですからね。

冬は越せないのではないかと思います。

e0039759_15301885.jpg
e0039759_153042100.jpg

甲羅の後ろ縁がぎざぎざしていないのでニホンイシガメではなく、クサガメと判断しました。
e0039759_1531610.jpg

2011.07.27風間浦村異国間女滝川岸で撮影


 ずっと以前のこと、S.M.むつ市長から電話がかかってきました。

「カメがいるけど見に来ないか」

どこで捕ったかと聞くと、「そこらの川で捕った」という返事でした。

「今見に行きます」と車を走らせました。むつ市近川です。

私の頭の中は「信じられないー」の渦。

「下北にいるわけないだろー」しかも7,8匹もだという。

着くと25センチくらいのやつがプラたらいの中で生きている。

奥さんが帰ってきて、「聞いてきたけど、これは石川県に出稼ぎしてのお土産として捕ってきたのだと」

という事で解決。

そのカメ一匹もっていけと市長に押しつけられました。

それをどうしたかは内緒です。

by snowmelt | 2011-07-30 15:34 | 動物 | Comments(0)
2011年 07月 28日

カメノコテントウ羽化後だった

e0039759_2043990.jpg
カメノコテントウの蛹がついていた。

羽化の微速度撮影をやってみようとしていたら、朝9時に気がついたときにはすでに遅しだった。

セットもしていなかったのが悔やまれる。

でも、色彩の変化でもみるかと適当な時間にシャッターを押した。

最後には家の壁に付いていたナミテントウの蛹と比較してみました。
e0039759_20565481.jpg

e0039759_20573712.jpg

e0039759_20235896.jpge0039759_20253377.jpge0039759_20261539.jpg
e0039759_20263570.jpg
e0039759_2027367.jpg
e0039759_20274394.jpg
e0039759_20281330.jpge0039759_2029751.jpg
e0039759_20294944.jpg
e0039759_20303333.jpge0039759_20311893.jpg
e0039759_20315797.jpg
e0039759_2032414.jpge0039759_20332030.jpg
e0039759_20334055.jpg
e0039759_20342267.jpge0039759_20345945.jpg
e0039759_20352953.jpg
e0039759_20355911.jpge0039759_20364255.jpg
e0039759_20371418.jpg
e0039759_20375955.jpge0039759_20383173.jpg
e0039759_20385591.jpg
e0039759_20393121.jpge0039759_2040211.jpg
e0039759_20403266.jpg
e0039759_20405963.jpge0039759_20413531.jpge0039759_2042096.jpg
e0039759_20433768.jpg
e0039759_20441226.jpg
e0039759_20443244.jpg
e0039759_20452013.jpg


by snowmelt | 2011-07-28 20:45 | 昆虫 | Comments(0)
2011年 07月 28日

冬虫夏草 カメムシタケの生え方

アワフキムシタケは上に向かって生えていた。
以前のカメムシタケも同様で、湿地帯に点々々と上に向かって生えていた。
今回見たのは殆ど倒れた状態でした。
側に葉っぱを置き、平行移動させたつもりの写真です。
e0039759_1691484.jpg
e0039759_1694887.jpg
e0039759_1610886.jpg


by snowmelt | 2011-07-28 16:10 | 菌類 | Comments(0)
2011年 07月 27日

冬虫夏草 アワフキムシタケ

今日はカメムシタケとアワフキムシタケが見えた。

探したわけではありません。

e0039759_2224757.jpg

e0039759_223438.jpg
e0039759_2232044.jpg

e0039759_2233984.jpg

e0039759_223566.jpg

なにアワフキなのかはこれから。

by snowmelt | 2011-07-27 22:04 | 菌類 | Comments(0)
2011年 07月 25日

日本最小のトンボ ハッチョウトンボ 動画

ハッチョウトンボ 八丁蜻蛉です。

体長18.5~21.5mm、♀17.0 ~20.5mmと書いてあります。

以前のハラビロトンボよりも10-15mmも小さい。

顔がまたサングラスをかけた、ベビーギャングのようです。

次の2枚の写真はS.圭一氏の撮影です。NikonD700 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

Nikonはいいね。うらやましい。
これはオスです。
e0039759_10121724.jpg

次はメスです。
e0039759_1013397.jpg


次は私の動画です。


2011-07-24 青森県野辺地町で撮影。

by snowmelt | 2011-07-25 10:16 | 昆虫 | Comments(0)
2011年 07月 24日

オオルリの雛と巣

オオルリの雛です。
これはS.圭一氏の写真です。(NikonD700、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、ISO3200+補正)
彼は背丈をいかして上から覗いて撮影。いやーD700はいいね。
e0039759_2227282.jpg


これから下は私のカメラ(OLMPUS E-3 Macro35mm1.4telecon ISO800だったか)
ぶれぶれだったり、AFもきかないし、どうもうまくない。こんな惨めに写真も久しぶり。
E-3だって悪くはないけど、ISO3200にもISO16000にもできない、完敗です。
e0039759_22325361.jpg
e0039759_22331927.jpg
e0039759_22333960.jpg
e0039759_22335587.jpg

この場所は、7月6日には巣はあったのですが、中には卵の入っていない状態だったのです。
巣のまわりの苔は青々しているので今年のものだとは思ったのですが、中に卵があるか雛を育てているか確かめたくて今日7月24日に、また行って見たのです。このように産毛の目の開いていない雛がいたわけですが、何羽なのか数えられません。

by snowmelt | 2011-07-24 22:39 | 鳥類 | Comments(0)
2011年 07月 23日

ホオジロの卵と巣

藪を歩いていて偶然巣をみつけた。

巣材は淡色で今まで見たことのない人工的な感じのする色合いだった。

もっと暗い色合いの巣材をみていたからだ。

背伸びをして覗くと卵が見えた。おっホオジロだ。

液晶固定のカメラだったので、AFにして手を天に伸ばして眼見当で何枚か写した。

私は今でも小鳥の卵には感動する。自然の神の手業かと。

たしか、北原白秋は小鳥の巣と卵をみて、涙したとどこかに書いてあった。
e0039759_1854270.jpg

e0039759_18542811.jpg
e0039759_18545118.jpg

私は涙したことはない。

by snowmelt | 2011-07-23 18:55 | 鳥類 | Comments(0)
2011年 07月 22日

餌だけ食べにくるネコ

飼っているわけではないが、エサだけを食べにやってくるネコだという。
e0039759_1891839.jpg
e0039759_189398.jpg
e0039759_1895583.jpg
e0039759_18101562.jpg

聞けば性格がかなりちがうという。
今まで聞いた、ネコそれぞれになんと個性のある生き物かと思ってしまう。
野生の生き物たとえばシカなどにこれほどの個性があるのだろうかと考えてしまう。

by snowmelt | 2011-07-22 18:12 | 動物 | Comments(0)
2011年 07月 21日

ニイニイゼミ 

家の壁にニイニイゼミのメスがとまっていた。

近くの運動公園の桜並木ではチィーーーと鳴いている。

e0039759_14534226.jpg

単眼が頭にある。
e0039759_145436.jpg

眼と眼の間で口吻の上は額だという。
e0039759_14542772.jpg

e0039759_14545143.jpg
e0039759_145513100.jpg

後翅が黒い。
e0039759_1455407.jpg
e0039759_14561679.jpg
e0039759_14564032.jpg

図鑑には「チィ----と連続して鳴く。曇や雨でも鳴く。サクラ、・マツなどの身は似多く止まる。」と書いてあります。

by snowmelt | 2011-07-21 15:06 | 昆虫 | Comments(0)