北のフィールドノート

snowmelt.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

アカチシオタケ・血が出る動画

アカチシオタケは傷をつけたり、たたいたりすれば橙紅色の液が出ます。

柄が赤っぽい血潮茸でアカチシオタケです。



10倍速の再生にしてあります。

by snowmelt | 2010-10-29 00:04 | 菌類 | Comments(1)
2010年 10月 20日

ホンヤドカリ動画

モクズガニの第1触角の動きが熱のこもった演説のようだと思ったら

ホンヤドカリの動きはなんと、ものすごい早口のおしゃべりおばさんに見えてきた。

e0039759_1558717.jpg




e0039759_15583221.jpg


眼の渦巻き模様と鋏脚の先の白色でホンヤドカリです。

by snowmelt | 2010-10-20 11:00 | 動物 | Comments(0)
2010年 10月 17日

シマウキゴリ YouTube動画

シマウキゴリの特徴は

胸びれの付け根に白く輝く斑点(ウキゴリにはない)

e0039759_2272117.jpg


第1背びれのウキゴリより小さな黒色斑、

e0039759_2275474.jpg


尾びれの付け根の分岐した黒色斑(ウキゴリは明瞭な黒色斑点)

e0039759_2283522.jpg


ですので、

これらのことからシマウキゴリとします。

ここにシマウキゴリの動画(2匹)をのせておきます。


by snowmelt | 2010-10-17 22:11 | 淡水魚類 | Comments(0)
2010年 10月 16日

シマヨシノボリの顔 動画

シマヨシノボリは顔に特徴があります。
頬部に複数の赤色線があります。
e0039759_2311479.jpg


ここにシマヨシノボリの動画をのせておきます。7匹でてきます。


by snowmelt | 2010-10-16 23:11 | 淡水魚類 | Comments(0)
2010年 10月 15日

トウヨシノボリの食事 動画

トウヨシノボリは個体差が大きく、地方による個体差も大きいとあります。
e0039759_22383073.jpg

尾ビレ基部背側の斑点が橙色なのでトウヨシノボリと呼ばれるらしいですが、トウ色でないのもたくさんいる状態だそうです。
e0039759_2243426.jpg

昆虫類や付着藻類をたべるようです。
付着藻類を食べている様子が撮せました。


by snowmelt | 2010-10-15 22:51 | 淡水魚類 | Comments(0)
2010年 10月 15日

オオヨシノボリでしょうか 水中動画

まずは動画を見てください。スローモーションにしてあります。


動画からきりだした写真です。
e0039759_10583132.jpg

e0039759_10513083.jpg

e0039759_10591338.jpg


胸びれの黒斑がはっきりしているでしょう。
ここだけみればオオヨシノボリでしょうかね。
2010-10-14 青森県下北半島で撮影
追記 トウヨシノボリの変な個体ではとの意見があります。

by snowmelt | 2010-10-15 10:53 | 淡水魚類 | Comments(1)
2010年 10月 12日

カンキョウカジカ 動画

青森県陸奥湾岸の川で撮影しました。

かびの様な斑点が少ないですが、海から3kmぐらいの所であるのでカンキョウカジカでしょう。

e0039759_2330499.jpg

e0039759_2332264.jpg
e0039759_23322691.jpg


 学名は Cottus hangiongenesis とあります。

 カンキョウカジカの名前の由来は朝鮮半島らしい。

「咸鏡道(かんきょうどう、ハムギョンド)は、李氏朝鮮の行政区分・朝鮮八道の一つ。

 1467年から1470年までと1498年から1896年まで使われていた名称。」

「咸鏡道という名称は主要都市の咸興と鏡城(咸鏡北道鏡城郡)から取ったものである」


「朝鮮半島の咸鏡道(かんきょうどう)に産するカジカの意で」とのものがありました。

 環境問題のカンキョウではないのでしたね。

ここにカンキョウカジカの動画をのせておきます。
 

by snowmelt | 2010-10-12 23:40 | 淡水魚類 | Comments(0)
2010年 10月 12日

モクズガニの触角は 動画

モクズガニです。沢で撮りました。

卵を産みに海まで下り、子ガニは川をさかのぼるそうです。

このカニは甲羅の幅が7センチほどで小さいものでした。

第1触角の動きが、熱のこもった演説の手ぶりにみえませんか。



by snowmelt | 2010-10-12 21:18 | カイエビなどの淡水生物 | Comments(1)
2010年 10月 11日

駐車場におちていた鳥 クロコシジロウミツバメ 動画

ミホさんから電話があった。

駐車場に落ちていた鳥がいるけど。

右の羽が折れているみたい。15センチくらい。黒っぽい鳥。

水だけやっておけば 、あとで、行くと答えて行って見ると、なんと海鳥だ。

真水じゃダメだったか。

右の羽をひきづって歩いたと言うのだが、うまくいけば海に帰してやると預かってきた。

右の足がおかしくなっていた。クロコシジロウミツバメだ。

例によって写真を撮らせてもらう。鳥を手の中で見られるのだから。

e0039759_2312962.jpg

e0039759_2315772.jpg

e0039759_2322738.jpg

e0039759_233413.jpg
e0039759_2332720.jpg


強風でもなかったのにどうして街の中に落ちたのだろう。羽がいかれたか。

津軽海峡に連れて行った。

海に浮かべば何とかなるだろうと考えた。

波打ち際に置いた。

e0039759_2353674.jpg


さあ、うまく浮かぶか。

ここからは動画です。



by snowmelt | 2010-10-11 23:07 | 鳥類 | Comments(0)
2010年 10月 10日

ヤマメ・ヤマベ Youtube 動画

ヤマメはサクラマスの河川残留個体の呼び名です。

それらはほとんど雄でしょう。

ヤマメは漢字では山女と書かれます。

ほとんど雄なのに山のおんなとね、どう思う。

ヤマベはヤマメの東北方言と書かれています。北海道ではヤマベです。

ヤマベのほうがおとこらしくないですか。

東北・北海道の人たちは河川残留個体は雄だとわかっていたので女らしいヤマメと呼ばず、

何となく強そうなヤマベと呼んだのではと邪推してしまいます。

e0039759_1435879.jpg


ここにヤマベの動画をのせておきます。雨後でどうにも澄んだ状態ではありません。
スナヤツメとイワナが一匹ずつ写っています。



e0039759_1472599.jpg


by snowmelt | 2010-10-10 14:07 | 淡水魚類 | Comments(0)